PC をオーバークロックして究極のゲーム・パフォーマンスを実現する方法

アンロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーと使いやすいオーバークロック・ツールキットで、最大の処理能力を発揮するようシステムをチューニングできます。12

原則: システムの安定性を保つため、動作周波数はなるべく高く、電圧はなるべく低くし、できる限り放熱するようにします。

手順 1: ハードウェアのセットアップ

1.1 - はじめにアンロック対応のインテル® プロセッサー向けに最適化されたマザーボードと電源をセットアップします
アンロック対応のインテル® プロセッサーと組み合わせて使うマザーボードには、オーバークロックに対応する設計のものを選びます。消費電力の上昇に対応できる堅牢な ATX 電源を使用します。下記のオーバークロックに関する情報に目を通し、リスクを確認します。

1.2 - 徹底的に冷却する
プロセッサーの温度に関する仕様の最小要件よりも大幅に冷却できる、強力な冷却ソリューションを利用します。水冷が理想的ですが、シャーシファンを追加するとオーバークロックの性能がさらに高まります。

手順 2: ソフトウェア設定の調整

2.1 - 電力制限値と最大消費電流 (ICC Max) を上げる
BIOS やインテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (インテル® XTU) などのソフトウェアを使って、電力制限値と最大消費電流 (ICC Max) を上げて、マザーボード、電源、冷却ソリューションの性能と合わせます。

2.2 - 動作周波数を上げる
オーバークロックするサブシステム (プロセッサー・コア、グラフィックス、リング / キャッシュ) の倍率を上げます。注意: 動作周波数は、ベースクロックに倍率を掛けたものです。例: 動作周波数の目標値が 5,000 MHz でベースクロックがデフォルト (100 MHz) の場合、倍率は 50 になります。また、プロセッサー・グラフィックスのオーバークロックの倍率は、ベースクロックの半分を掛けます。

手順 3: 負荷テストの実行

3.1 - 安定性を確認する
オーバークロックしたシステムの信頼性を判断します。必要に応じて 1 回または複数回の負荷テストを実行し、システムの安定性を確認します。注意: インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティーには、便利な負荷テストとベンチマークがいくつか含まれています。

3.2 - 安定していない場合: 電圧を上げる
負荷テストでシステムが不安定な場合、電圧を上げてみます。電圧を上げる必要があるのは、100 ~ 200 MHz より高くオーバークロックする場合です。一度に 5 ~ 10mV 上げてみて、可能な限り低い電圧にします。電圧を上げても安定性が向上しないときは、安定を維持できる最大限の動作周波数に達していることが考えられます。電圧設定を終える前に、電圧モードは [Adaptive] を選択することをお勧めします。
注意: 継続の試みとしては、動作周波数より先に電圧を上げる、上級オーバークロッカー向けの方法もあります。

3.3 - 安定している場合: 動作周波数を引き上げるか、オーバークロックを終了する
負荷テストの結果、システムが安定している場合は、より高い動作周波数を追求することができます。この場合、手順 2.2 に戻ります。このオーバークロックの結果に満足している場合は、手順は終了です。

手順 4: オーバークロックでゲームを楽しむ

おめでとうございます。これでシステムの安定性も確認したオーバークロックができました。

動作周波数または電圧を改変した場合、プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因や耐用年数の減少を引き起こしたり、システムの安定性やパフォーマンスが低下するおそれがあります。仕様の枠を超えてプロセッサーを動作させた場合、製品保証の対象外となることがあります。詳しい情報は、システムおよびコンポーネントの各メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/gaming/overclocking-intel-processors.html を参照してください。

デスクトップ PC 向けアンロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

CPU のオーバークロックには、アンロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーをお選びください。ご利用の PC を高速化できます。

今すぐ購入

パフォーマンス・アップグレード・ツール

インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (インテル® XTU)

インテル® XTU は、Windows* ベースのツールで、アンロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーのオーバークロックをサポートします。

インテル® XTU の詳細

インテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP)

インテル® XMP は、インテル® テクノロジーをベースにした一部の DDR3 メモリーをはじめとする RAM のオーバークロックをサポートし、定格を超える性能を引き出します。

インテル® XMP をチェック

免責事項

1

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/processors/core/i7-processor-extreme-edition.html を参照してください。

2

動作周波数または電圧を改変した場合、プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因や耐用年数の減少を引き起こしたり、システムの安定性やパフォーマンスが低下するおそれがあります。仕様の枠を超えてプロセッサーが動作している場合、製品保証は適用されません。 詳細については、システムおよびコンポーネントのメーカーにお問い合わせください。