BIOS で CPU をオーバークロックする

オーバークロックプロセスで最も厳しい管理が必要な場合は、BIOS を通じて実行します。このガイドではベンチマーク、設定の変更、システムの監視について記載されています。1 23 4

BIOS (Basic Input Output System) はマザーボードにインストールされたソフトウェアで、オペレーティング・システムよりも前にデータをロードします。これはマザーボードにインストールされたハードウェアを構成するインターフェイスを提供します。BIOS で電圧や周波数の設定を変更できるため、手動で CPU をオーバークロックさせてクロックスピードを向上させ、より優れたパフォーマンスを実現することができます。

ここでは、オーバークロックとその機能について基本的な知識をお持ちであると仮定します。オーバークロックとその基礎について学びたい場合は、こちらの概要を参照してください。

また、適切なハードウェアであることを確認したい場合もあるでしょう。

BIOS のオーバークロックを実行しようとする前に、プロセスを簡素化するソフトウェアのオプションについて考慮するのもよいでしょう。例えば、インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (Intel® XTU)​​​ ​​​は、オーバークロックに慣れていないユーザー向けの簡単なオプションです。最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のより簡素な自動オプションがインテル® パフォーマンス・マキシマイザー (インテル® PM) です。こちらで詳しく知ることができます。

一方、BIOS でオーバークロックすると利用可能なすべてのシステム・パフォーマンス設定に最適なアクセスを提供することができます。手動での詳細なシステム設定やオーバークロック管理全般についてはBIOS を通じて行います。

プロセスを開始する前に、BIOS が最新のバージョンをであることを確認してください。これにより、マザーボードの製造元がリリースした新しい機能または修正された機能を利用することができます。マザーボードをオンラインで確認するか、適切なドキュメントを参照して BIOS を適切に更新する方法を確認してください。

各BIOS の表示や構成はマザーボードの製造元によって異なります。BIOS にアクセスするには、コンピューターの起動後、Windows のローディング画面が現れるまでの数秒間に F2 または削除などの特定のキーを押してください。具体的な手順についてはマザーボード関連のドキュメントを参照してください。

動作周波数または電圧を改変すると、製品の保証が無効になる場合があり、プロセッサーや他のコンポーネントの安定性、セキュリティー、パフォーマンスや耐用年数が低下するおそれがあります。

オーバークロックのための設定

BIOS はシステム全体にハードウェアへのアクセスを提供するため、幅広いナビゲートメニューで構成されています。BIOS のデザインもマザーボードの製造元によって異なります。正確な名称やメニューのレイアウトについても異なる場合があります。調整したい機能のロケーションについてはオンラインリソースで検索するか、または BIOS のオプションを確認してください。

これはオーバークロックで最も有用な設定に関するリストです。

  • CPU コアレシオ またはマルチプライヤーが CPU の速度を決定します。プロセッサー全体の速度はベースクロック速度 (BCLK) にこの比率を乗じて計算されます。例えば、BCLK 100 MHz に CPU コアレシオ 45 を乗じると、CPU の速度は 4,500 MHz または 4.5 GHz になります。この設定は通常、コアごとまたはすべてのコアについて変更できます。
  • CPU コア電圧は CPU に供給される電力量です。CPU コア電圧の上昇は CPU への入力電圧を上昇させ、より高速で動作するために必要なヘッドルームが出現します。
  • CPU キャッシュ / リングレシオ​​​ ​​は、キャッシュやメモリーのコントローラーなど CPU の一部の周波数を調整します。
  • CPU キャッシュ / リング電圧 は、CPU キャッシュの入力電圧を上昇させるように設計されています。これはプロセッサーのオーバークロックを安定させることに役立ちます。一部のプラットフォームでは、この電圧は CPU コア電圧とリンクしており、別々に変更することはできません。

システムバイタルの監視

ハードウェアへの供給電力を変更することで動作温度が影響を受けるため、オーバークロック時にシステムを注意深く監視したい場合。

BIOS は限定的なシステム監視オプションを提供しているため、Windows で動作するソフトウェアを使用する方がよいでしょう。インテル® XTU はシステム監視ツールのフルスイートを提供しており、CPU-Z、CoreTemp、HWiNFO32 などのオプションがあります。ここでシステム監視ソフトウェアについてさらに確認してください。

これで設定の調整について確認できたため、お使いのシステムをベンチマークすることから始めましょう。

ステップ 1 : ベースライン・パフォーマンス

オーバークロックプロセスの最初のステップは、ベンチマーク機能によりシステムのベースライン・パフォーマンスを測定することです。これにより、オーバークロック後のパフォーマンスの向上を明確に示すことで簡単に比較できるようになります。BIOS ではベンチマーク・ユーティリティーを実行できないため、Windows で開くベンチマーク・ユーティリティーの使用を希望することでしょう。

インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー・ソフトウェアなど、ハードウェアのベンチマークには多くの方法があります。こちらのオーバークロックに関するガイドではさらに多くの説明が記載されています。

ベンチマークスコアがあれば、記録することで比較が可能になり、作業の結果も分かります。

ステップ 2 : パフォーマンス設定の調整

50 x のすべての CPU コアの例。

上記のように、BIOS やハードウェアの構成はそれぞれ異なるため、設定のロケーションは異なる場合があります。オーバークロックにおける基本的なテネットはシステムを通じて同じです。

まず変更したい設定は CPU コアレシオです。これは CPU の最終速度を決定する値の 1 つです。BIOS で該当するセクションを参照し、設定を調整してください。

警告: CPU の設定を変更する際は、一度に 1 つずつ変えて動作の状態を確認してから別の設定を変更するのが最適です。この方法だと、不具合が発生した場合でも該当する箇所の特定と直前の設定への復帰が簡単にできます。

不具合を発見した時は、 CPU コアレシオを 1 増やす調整から始めます (例: 42 から 43 にする) 。その後、変更、保存して BIOS を終了し、システムを再起動してください。

BIOS で設定を調整する場合は、可能な限り小さな幅で行ってください。その後、変更を適用してシステムを再起動し、ベンチマークを実行してください。これはオーバークロックを調整する場合のみではなく、不安定化したシステムの設定を簡単に修正することもできます。ほとんどの BIOS では設定をプロファイルとして保存できます。安定したオーバークロックに対応する設定を確認したら、プロファイルとしてコピーすることで簡単に複製することができます。

ブートできたら、前と同じベンチマークを実行し、スコアが初期から改善されたかどうか確認してください。新しい CPU コアレシオを設定した後、コンピューターが再起動しないかクラッシュした場合は、BIOS を参照して直前の有効な設定に復帰してください。

システムが再起動後に安定しない場合は、 コアレシオの上昇に加えて CPU に供給される電圧の変更も必要になる場合があります。この設定は BIOS での CPU コアレシオの設定に近く、通常は CPU 電圧 / CPU V コアと呼ばれます。電圧の変更により、CPU をより高いコアレシオで動作させるために必要な電圧を確保することができます。周波数の増加には電力の増加が必要であり、さらに電圧の上昇が必要になる場合があります。

電圧についての記述をさらにお読みいただき、ここでお使いのシステムにどのような影響を与えるか確認してください。

CPU のコア電圧を上げる場合、追加電力により発生する温度が影響を受けることを理解してください。すべての状況において最も低い安定電圧を見つけることが重要であり、電圧は一度に +0.05 V ずつ上げるようにしてください。その後、安定的に動作する設定の組み合わせを確認するようにしてください。

BIOS の場合、ビルトインされたセーフガード機能を変更することも可能です。こうした設定の調整はオーバークロック時において効果があります。ただし、調整内容に自信がある場合のみ行ってください。セーフガード機能には理由があります。不適切な調整をするとハードウェアが故障する可能性があります。セーフガード機能の詳細についてはこちらを参照してください。

システムが不安定になっている場合、すなわち電源がオンにならなかったりフリーズしたりする場合は、システムの安定性の維持に関するこのセクションをご覧ください。

テストの結果、ベンチマークから検索した結果に達してシステムを問題なく再起動することができた場合は、次の手順に移ります。

ステップ 3 : パフォーマンスの向上測定

オーバークロックによるパフォーマンスの向上を確認するには、以前と同じベンチマークによりシステムのベースラインスコアを測定します。その後、結果を比較します。数値が改善された場合、CPU のパフォーマンス向上に成功したことになります。ここで 2 つのオプションがあります。

  • パフォーマンスの向上に満足している場合は、システムの安定性確保に移行することができます。
  • 変更がパフォーマンスの向上につながっていない場合は、BIOS を参照して、期待する結果が得られるまで設定を調整してください。

ステップ 4 : ストレステスト

ベンチマークのスコアは短い期間に測定されたシステムのパフォーマンスを反映しています。より長い期間またはより集中的なワークロードにおいてシステムの安定性を確保する場合は、CPU の周波数増加に対するストレステストを行うことが重要です。

安定性に関するテストのソフトウェアにはいくつかのオプションがあります。システムを使用しようとする方法に最も近いミラーを選択します。こちらのサンプルリストを参照してください。

オーバークロック後

BIOS のオーバークロック時に上記の指示に従った場合は、CPU がより高速で動作する安定的なシステムになります。ストレステストを実施済の場合、そのシステムは安定しています。おめでとうございます。

その他のハードウェアの変更または交換を行う場合などは、CPU が適切な温度で動作していることを確認するために時々設定を監視することには意味があります。しかし最も重要なことは、新しいオーバークロックやより高速になった CPU のメリットを十分に楽しむことです。

その他のコンポーネントを最大限利用できる場合、RAM のオーバークロックに関するガイドをご覧ください。

免責事項

1インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェアまたはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際のコストと結果は状況によって異なる場合があります。
2動作周波数または電圧を改変すると、製品の保証が無効になる場合があり、プロセッサーや他のコンポーネントの安定性、セキュリティー、パフォーマンスや耐用年数が低下するおそれがあります。詳細についてはシステムおよびコンポーネントの製造元にお問い合わせください。
3

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

4Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。