トラブルシューティング - コンピューターの電源が入らないのはなぜですか?

デスクトップ PC の電源がオンにならないと、イライラするだけでなく、どこから修正を開始すべきか分からない場合があります。トラブルシューティングは、問題を特定してゲームに戻るのに役立ちます。1

PC の電源が入らないと、どこから修正を開始するかが分からない場合があります。最新の PC は複雑なマシンであるため、問題の発生源がすぐに分からないことがあります。

さまざまなハードウェア構成が可能なので、考えられる問題のすべてを診断することはできません。その代わりに、問題を特定して解決するための手順をご説明します。電源が正常にオンになったことのない PC を組み立てている場合でも、以前は正常に動作していた PC の新たな問題を解決しようとしている場合でも、以下の診断ソリューションが同様に役立つはずです。

診断

「PC の電源が入らない」の意味は、幅広くあります。分かりやすくするため、ケースの電源ボタンを押してもシステムが全く反応しない、または電源が 1 秒間オンになってから再度シャットダウンする、のいずれかを想定します。

PC の電源がオンになっているが、画面に何も表示されない場合、または BIOS 設定から先に進まず、オペレーティング・システムにアクセスできない場合は、このトラブルシューティング・ガイドの「Windows* を起動できないのはなぜですか?」を参照してください。

診断プロセス全体を通して、さまざまな PC ハードウェアについて詳しく説明します。PC ハードウェアの組み立て方法に関するご質問や、特定のコンポーネントに関するご質問については、この PC の組み立てガイドを参照してください。

また、先に読んで、自分の状況に最も近い状況を見つけることもお勧めします。これから、診断プロセスを開始する前に、どうなるのかが分かります。また、該当しない問題がある場合もあるため、最も適切と思われるステップから自由に開始してください。

手順 1: ケーブルの確認

PC の内部コンポーネントの LED が点灯していて、システムに電力が供給されていることが分かる場合は、手順 3 に進みます。

そうでない場合は、まず壁コンセントに接続されたケーブルから確認します。

  • 正常なことが分かっているデバイス (ランプなど) を電源に接続し、正常に機能することを確認して、壁コンセントに電源が来ているかどうかをテストします。
  • サージ・プロテクターまたは電源タップがコンセントに正しく接続され、電源スイッチがオンになっていることを確認します。他のデバイスを電源タップに接続し、正しく動作していることを確認します。
  • PC の電源オン / オフスイッチがオンになっていることを再確認します。
  • PC の電源ケーブルが電源とコンセントに正しく接続されていることを確認します。電源ケーブルは時間の経過とともに緩んでしまう可能性があります。

PC から壁コンセントへの接続を再確認したら、PSU に接続する PC の電源ケーブル (C13 ケーブルとも呼ばれます) をテストします。

  • 多くのモニターでは、デスクトップ PSU と同じケーブルが使用されています。その場合は、モニターのケーブルを PC ケーブルと交換して、モニターの電源がオンになるかどうかを確認してください。オンにならない場合は、モニターがオンになったケーブルを使用して PC をテストしてください。
  • 予備がない場合は、交換用の C13 ケーブルを用意します。特に電力消費の大きい PC セットアップでは、太いケーブルを使用する場合があるため、使用したケーブルを同様の太さのもの交換してください。

電源コードと壁コンセントを確認したら、ケース内の配線を確認します。

手順 2: 内部配線

次に、構成の内部を確認して、ケーブルが緩んでいたり、故障したりしていないことを確認します。構築済みのシステムを確認する場合は、PC を開くことが保証に違反する可能性があることに注意してください。作業を進める前にシステムの製造元に連絡してアドバイスを求めることをお勧めします。

コンピューター内部の作業を行う前に、まず PC の電源からコンセントの間に接続されているケーブルを取り外します。また、キーボード、マウス、外付けハードドライブなどの外付け周辺機器を取り外し、コンピューターに接続されているモニターのケーブルも必ず取り外してください。USB デバイスまたはディスプレイ接続ケーブルが原因で電源の問題が発生することがあります。また、周辺機器がない状態で PC が起動した場合は、周辺機器を 1 台ずつ接続してテストし、問題のある周辺機器を見つけてから、その周辺機器なしで起動するか、交換してテストしてください。

それでも問題が解決しない場合は、コンピューターを壁コンセントから切り離し、ケースを開いて内部コンポーネントにアクセスします。このプロセスはケースによって異なりますので、適切なドキュメントと手順に従って PC の内部にアクセスしてください。

ケースを開いた後、電源から PC のコンポーネントへの接続をすべてチェックして、外れているものがないか確認します。外れている場合は装着し直します。モジュラー PSU (使用するケーブルを選択する電源) を使用している場合は、ケーブルが PSU 側に正しく装着されていることも確認してください。どちらの側にも外れがないことを確認したら、PC の電源がオンになるか確認します。

それでも問題が解決しない場合は、コンポーネントに接続されている電源ケーブルをすべて外します。これには、マザーボードに接続されている 24 ピンケーブルと CPU 電源ケーブル、GPU などの PCIe デバイスに接続されている追加電源ケーブル、ストレージデバイスやその他のアクセサリーに接続されている SATA コネクターと Molex 電源コネクターが含まれます。

電源接続の詳細については、電源について知っておくべきすべてのことを参照してください。

PSU からすべてを取り外したら、マザーボードと CPU の電源ケーブルを装着して PC に接続し、システムの電源が入るかどうかを確認します。ファンが回転して、ハードウェアのランプが点灯すれば、電源が入っています。

そうであれば、問題解決です!次に、システムの電源を切り、各ハードウェアに電源ケーブルを接続し直して、問題の原因となっているハードウェアが見つかるまでテストします。ここでも、どのハードウェアが電源との接続を必要とするのかについてのガイダンスが必要な場合や、何をどこに接続するのかについて質問がある場合は、この PC の組み立ての概要を参照してください

ケースの中を見るときは、電気的短絡を起こしている可能性があるものに十分注意してください。この問題の一般的な例としては、マザーボードが必要なスタンドオフを使用せずにケースに直接ネジで固定されている、Molex* コネクターが誤ったピンでシャーシに接触しているなどがあります。これは、構築済みの PC の場合に問題になる可能性は低いですが、常に注意を払う必要があります。また、一目で分かるとは限りません。

上記のすべてを試してもコンポーネントのステータス LED がまだ点灯しない場合は、PSU が故障している可能性があります。

正常に動作する予備の電源装置がある場合は、CPU ケーブルと 24 ピンのマザーボード・ケーブルを新しい PSU に接続して、マザーボードに正常に電力を供給できるかどうかを確認します。供給できる場合は、前の PSU に問題がある可能性が高いです。次の手順については、その障害のあるユニットの製造元にお問い合わせください。

手順 3: POST コード、マザーボード、ハードウェア・テスト

内部ハードウェアのライトが点灯することから分かるように、システムに電力が供給されていても、正しく電源が入っていない可能性があります。ケースの電源ボタンを押してもシステムが反応しない場合、または電源が 1 秒間オンになってから再度シャットダウンする場合は、次の手順に従います。

POST およびビープコード

PC が起動しない理由を特定するのは難しいかもしれませんが、ビルトインテストが役立ちます。POST (Power On Self Test) コードとビープコードは、マザーボードの製造元が内部ハードウェア・テストの結果を通知するために用いている視覚と聴覚による手がかりです。PC の電源がオンにならない原因となっているハードウェアの問題の特定に非常に役立ちます。

POST コードは通常、起動中にシステムでハードウェアの問題が発生した時点を示す 2 つの数字で構成されています。多くの場合、これが問題の原因の特定に役立ちます。例えば、POST コードがメモリー初期化エラーを示していれば、RAM のトラブルシューティングから始めることが分かります。多くのマザーボードには、POST コードを表示し、診断プロセスを開始する場所を把握できる 16 進数のディスプレイがあります。お使いのマザーボードにディスプレイが内蔵されていない場合は、PCIe スロットに取り付けて、POST コードを表示する POST テストカードを入手できます。

ビープコードは、POST コードを聴覚的にしたものです。電源が入る場合、PC の電源を入れたときに、ビープ音が連続して聞こえることがあります。この音声信号は POST コードと同じ診断機能を持ちます。例えば、ビープ音が 3 回鳴った場合は、ビデオカードが検出されていないことを意味するので、GPU を装着し直します。

このインジケーターは便利ですが、マザーボードの製造元によって使用されているシステムコードが異なります。マザーボードのマニュアルを参照するか、マザーボードの製造元が使用しているコードをオンラインで検索して、問題が発生しているかどうかを確認してください。

マザーボード BIOS のアップデート

POST コードがなく、上記の手順を実行し終わった場合は、マザーボードの BIOS が最新であることを確認してください。

通常は、PC が POST を実行していなくても、マザーボードの BIOS を最新バージョンに更新することができます。このプロセスはマザーボードの製造元によって異なる場合があります。マザーボードのマニュアルを参照するか、オンラインで確認して、お使いのシステムに最新の BIOS バージョンがインストールされていることを確認してください。

コンピューターが正常に動作していて停止した場合や、構築済みのシステムを使用している場合は、これは当てはまりません。ただし、PC を自分で組み立てていて、起動しないとき、特に古いマザーボードを使用している場合は、最新の BIOS を使用しているか再確認してください。

手順 4: 電源ボタン

PC の電源が入らないが、マザーボードのライトは点灯している場合は、ケースの電源ボタンまたは電源ボタンとマザーボードを接続しているケーブルが原因と思われます。

お使いのマザーボードに電源ボタンが搭載されているかどうかを確認してください。すべてのマザーボードに電源ボタンが搭載されているわけではありません。分からない場合や見つからない場合は、マザーボードのマニュアルを参照してください。この電源ボタンを使用すると、適切に配線された電源ボタンと同様にシステムの電源がオンになります。これがうまくいった場合、問題はケースです。

お使いのマザーボードに電源ボタンが搭載されていない場合は、ドライバーを使用してシステムを簡易的に起動することができます。

手順は以下のとおりです。

  • マザーボードの 2 つの電源スイッチヘッダーの位置を確認します。これらの小さなヘッダーには、通常、PWR_SW のようなラベルに + と - の記号が付けられています。ケースの電源ボタンがこれらのヘッダーにすでに接続されている場合は、そのケーブルを取り外す必要があります。パワー・スイッチ・ヘッダーの位置が分からない場合は、マザーボードのマニュアルを参照してください。肉眼ではラベルが見つけにくいことがあります。
  • 4/8 CPU と 24 ピンのマザーボード電源ケーブルが接続されていること、PSU の電源が入っており、電力が供給されていることを確認します。
  • 2 つの電源スイッチのヘッダーピンに金属製のドライバーを軽く触れさせると、すべてが正しく接続されていればシステムがオンになります。このプロセスは、正しく接続された状態でケースの電源ボタンを押すか、マザーボードのオンボード電源ボタンを使用するのと同じことです。

オンボード電源ボタンを使用するか、ドライバーでヘッダーをショートカットしてシステムの電源がオンになった場合は、ケースに問題があると思われます。ケースにあるリセットボタンは、電源ボタンヘッダーの近くにあるリセット・スイッチ・ヘッダーに接続されています。電源ボタンヘッダーへのケーブルをリセットボタンからのケーブルと交換してみてください。同じように動作して、問題が電源ボタンであれば、リセットボタンを電源スイッチヘッダーに配線で接続すると、この問題を回避できる可能性があります。

もちろん、電源ボタンの代わりにリセットボタンを押してコンピューターの電源を入れる必要がありますが、これは一時的な解決方法としては有効です。長期的な解決策については、各ケースメーカーにお問い合わせください。

手順 5: コンポーネントのテスト

コンピューターの電源がまだ入らない場合は、ハードウェアを個別にテストする必要があるでしょう。これは、前に行ったすべての電源ケーブルのテストとは少し異なります。前のプロセスでは、欠陥のある配線を電源から排除しました。今回は、マザーボードへの接続を確認し、すべてのハードウェアがシステムの他の部分と正しく通信していることを確認します。

まず、GPU を取り外し、ストレージを取り外し、I/O からすべてを取り外し、マザーボードの最初の RAM スロットの RAM スティックを 1 つだけ残して取り外します。

お使いの PSU がマザーボードと CPU に電力を供給していることを確認しますが、それ以外の場合は、必要のないハードウェアをすべて取り外しておく必要があります。

このミニマルなセットアップで PC の電源がオンになった場合は、ハードウェアを 1 つ追加してテストし、電源をオフにします。RAM モジュールも最低限 1 回はスワップアウトすることを忘れないでください。使用しているスティックが原因となっている可能性があるからです。

システムが起動しなくなるまでこのプロセスを続行します。起動しなくなったら、そこが問題だということです。その障害のあるハードウェア以外のすべてでお使いのコンピューターが POST を実行し続けていれば、問題の特定ができました。そのハードウェアのトラブルシューティングを開始するか、アップグレードを検討してください。

テストの継続

上記のトラブルシューティング手順を実行しても、問題の特定にまだ近づかない場合は、マザーボードの故障、PSU の故障、CPU の問題のいずれかである可能性が非常に高くなります。

ハードウェアの問題を完全に排除するのが、このトラブルシューティングのワークフローです。スペアパーツを使用できる余裕がある場合は、前に取り付けたコンポーネントと交換して、効果があるかどうかを確認してください。別のマザーボードを使用してテストするのは、CPU とクーラー (互換性がある場合) の再取り付けが必要なため、難しくなりがちですが、トラブルシューティングを行うには、予備のハードウェアを使用するのが最も簡単です。

アップグレードするのであれば、次のゲーム用 PC を見つけるのに役立つリソース多く揃っています。

免責事項

1

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。