事前構築済み ゲーム用 PC の選び方

重要なポイント:

  • ゲーム環境やビジュアル設定と互換性のあるケースを選択します。

  • とりわけ、より高い解像度または FPS でプレイする予定の場合は、適切な CPU と GPU を選択することを優先します。

  • 読み込み時間を速くするには SSD をご検討ください。

  • ゲームデバイスを接続するためのアクセス可能な USB ポートがシステムにたくさんあることを確認します。

author-image

By

構築済みのゲーム用 PC は、ゲーム用 PC のメリットを自作せずに手に入れたい場合に理想的な選択肢です。これらの PC は、あらゆるレベルのパフォーマンスをサポートするように設計された幅広いハードウェア構成となっています。

事前構築済みシステムを購入する際には、十分な情報に基づいて決められるように次の情報を確認してください。PC を購入するか構築するかまだ迷っている場合は、事前構築済み PC vs カスタム PC の比較に関するガイドをご覧ください。

この記事では、事前構築済み PC を選択する際に検討すべき項目のいくつかを説明します。

  • ケースの設計とデザイン性、またはゲーム環境やビジュアル設定に合い、必要な機能を備えたケースを選択する方法。
  • システム・パフォーマンス、またはゲーム用に必要なコンポーネントの概要。
  • ポートとネットワーク接続、または、外部デバイスやインターネットに接続するために必要な追加機能。

ケースデザイン

ゲーム用 PC はさまざまな寸法と幅広いビジュアルスタイルを備えています。これらの違いの多くは、空間や冷却効果に関することなど機能的なものであり、他は純粋なデザイン性によるものです。

サイズについて特に考慮すべきことがある場合を除き、ミッドタワー / ATX ケースはゲームシステムにとって最も総合的でバランスのとれた選択肢です。事前構築済みのシステムにとって最も一般的な構成であり、より大きなグラフィックス・カードや冷却システムなど、さまざまなコンポーネントをサポートできます。システムをカスタマイズする必要がある場合、これらのケースの設計により、一部のコンパクトなオプションよりも簡単に作業できます。

とは言え、PC をどこに置きたいか考えてください。スペースが限られている場合、ミニタワー / Micro ATX ケースと小型フォームファクター (SFF) PC はより優れたオプションかもしれません。小さいものはアップグレードが困難な独自のハードウェアや、よりコンパクトな内部構成を意味しますが、小さなフットプリントがセットアップに望ましい場合は、そのようなトレードオフにも価値があるかもしれません。

購入を決める際には、ケースの規模以外に、他の設計上の決定についても検討する必要があります。

  • フロントパネルの接続性。フロントパネルには、コントローラー、電話、ヘッドセット、外部ストレージなど、頻繁に取り外しの必要がある周辺機器やデバイスを接続するために、素早くアクセスできる USB またはオーディオ・ポートがあることを確認します。これらのものがフロントパネルにない場合はシステム背面に接続する必要があり、セットアップによってはアクセスがより難しくなる可能性があります。
  • バックパネルの接続性。同様に、バックパネルにも、モニターやイーサネット接続、マウス、キーボードなど、長期的に接続しておくデバイスのために十分な数のポートが必要です。使用することになるデバイス、または後で使用したいデバイスを考慮し、検討中のシステムでサポートできることを確認してください。
  • 将来のアップグレーダビリティ。システムの調整をお考えの場合、より大きなケースをご検討ください。小型システムでも確かに作業はできますが、コンパクトな構成は標準 ATX の構成よりも複雑で、作業が困難になる可能性があります。将来アップグレードをお考えの場合、よりスペースのあるケースは、より大きなハードウェアにとって柔軟性を意味します。ただし、すべての事前構築済みシステムが開けられるように設計されていないので、初めてシステムに変更を加える前に関連する保証をご確認ください。
  • 冷却とエアフロー。ゲーム用デスクトップ PC は、内部のコンポーネントを十分に冷却するさまざまな方法を活用し、ハードウェアがパワフルであるほど適切な冷却がますます重要になります。事前構築済みシステムは、多くの場合内部のコンポーネントに適切な冷却システムを備えています。そのため、後でアップグレードする予定がない限り、冷却についてはあまり心配する必要はありません。システム冷却の詳細については、PC の冷却の重要性や、CPU の液体および空気冷却に関するこちらのガイドをご覧ください。
  • 可視性。ゲーム用デスクトップ PC は、システム内部の動きを見ることができる透明なサイドパネルを搭載していることがよくあります。これらのパネルで使用される素材には、長所と短所があります。強化ガラス製のパネルは、クリーニングが容易で傷がつきにくく、アクリル製のパネルは軽くてより耐久性があります。
  • デザイン性。ユーザーがコントロールできる内部照明やフロントパネル照明などのデザインオプションは、セットアップを好みのスタイルにし、さらに機能調整が可能な場合があります。異なるブランドと構成は独自のビジュアルスタイルを持っています。これらは純粋なデザインオプションであり、パフォーマンスには影響しないものの、検討する価値があります。

システム・パフォーマンス

事前構築済みゲーム用 PC は、コンポーネントが希望する体験を提供できれば、優れた PC ゲーム体験を提供できます。ゲーム内外のパフォーマンスは、システムの CPU、GPU、RAM、ストレージの機能に直接関連しています。

必要なハードウェアの構成を理解するには、プレイしたいゲームをいくつか選び、そのシステム要件を書き出してください。その後、購入する際に PC 仕様に対してこれらの要件を確認してください。推奨の要件を満たすビルドはゲームを十分に実行できますが、CPU と GPU の要件を超えるビルドにすることでさらにゲーム内のパフォーマンスを向上することができます。

より高い解像度と FPS (1 秒当たりのフレーム) でゲームを体験したい場合、CPU および GPU 仕様に注意を払うことが特に重要です。パフォーマンスに期待することを確認したら、予算とどのように一致しているかを検討します。事前構築済みシステムが適切なバランスとなっている可能性が高いはずです。

CPU

性能の良い CPU をシステムに搭載することが不可欠です。CPU はシステムの核となるもので、体験のあらゆる面に影響を与えるため、どのようにシステムを使用するかに合わせた CPU を見つけることが重要です。

  • Core™ プロセッサーを探す。現代の CPU が提供する多くのメリットを活用できるように、最新のゲーム用インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを入手してください。コア数やクロック速度などの重要な機能があり、インテル® Optane™、Wi-Fi 6 などのテクノロジーをサポートしています。
  • オーバークロックに「K」を選択します。他に考慮すべきことは、オーバークロックしたいかどうかです。オーバークロックは、CPU のパフォーマンスをさらに向上させるエキサイティングな方法であり、これまで以上に簡単にできます。オーバークロックを希望する場合は、ロック解除済み CPU を備えたシステムを選択してください。プロセッサー番号の後に「K」を持つインテル® Core™ プロセッサー (インテル® Core™ i7-10700Kなど) を探し、CPU がオーバークロック可能かどうかを判断します。
  • CPU 機能についてご覧ください。クロック速度、コア数、その他の CPU 機能の詳細については、ゲーム用 CPU の選択方法についてのガイドをご覧ください

GPU

ほとんどの最新のゲームをプレイするためには専用の GPU が最適です。GPU はハイエンドからエントリーレベルまで幅広いパフォーマンスを提供しており、特に高解像度、フレームレート、グラフィックス設定を探している場合は、必ず GPU 機能のリサーチするようにしてください。

さらに、モニターと CPU が GPU のパフォーマンスのレベルと一致していることを確認します。検討している GPU について他の人々の体験を調べ、プレイしたいゲームの最小および最大システム要件と比較します。

  • GPU をモニターとペアリングします。適切な GPU は、主に使用しているモニターの種類によって異なります。高解像度でプレイするには、高リフレッシュ・レートでプレイすると同様に、より高いグラフィックス・パフォーマンスを必要とします。4K モニター、1440p モニター、または高リフレッシュ・レート・ゲーム・モニターを使用する予定の場合、高性能 CPU と GPU を搭載したビルドが必要です。1080p のゲームで十分な場合は、選択肢が大幅に広がります。さまざまなゲーム用モニターのオプションの詳細については、こちらをご覧ください

RAM

事前構築済みのゲーム用デスクトップ PC で RAM (ランダム・アクセス・メモリー) を検討する際には、通常、容量が重要で、より大きいことが望ましいとされます。

  • 少なくとも 16GB の容量を選択してください。多くの最新の構築済みのゲーム用 PC は、少なくとも 16GB を備えています。これは他のアプリケーションと一緒に最新のゲームを実行する際に適切なスタート地点とみなされています。一部の事前構築済みビルドには、8GB もあればハイエンドの 32GB がある場合もあります。16GB 未満の RAM では、より新しいゲームをプレイするときにパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。一方、32GB はゲームに加えていくつかのアプリケーションを実行している場合に理想的です。
  • 次にスピードを検討します。容量は通常、RAM を選択する際の最も重要な考慮事項ですが、速度も考える必要があります。3000MHz 以上の RAM はゲーム内のパフォーマンスにある程度良い影響を与えることができますが、利点は高速な CPU と GPU から得られるよりも一般的にはるかに少なくなります。

メモリーの詳細を学ぶことに興味がある場合は、RAM を選ぶ際にこのガイドをご覧ください。

ストレージ

ストレージの選択は、一度にインストールできるゲームやプログラムの数だけでなく、システムがインストールしたデータにアクセスできる速度にも影響します。より高速なストレージによって、システム起動や、電子メール、メディアプレーヤー、ウェブブラウザーなどのアプリケーションの立ち上げを高速化できます。

  • SSD を利用する。ほとんどの最新の事前構築済みシステムでは、プライマリー・ストレージとしてソリッドステート・ドライブが搭載されています。これは古いハードディスク・ドライブよりもはるかに高速です。プライマリー・ストレージとしてHDD または SSD を選択できる場合は、ほぼ常に SSD が望ましいといえます。
  • 十分な容量のドライブをお探しください。ゲーム、オペレーティング・システム、インストールしたいその他のソフトウェアを保持するのに十分なストレージスペースが必要です。新しいゲームでは、それぞれが100GB 以上のストレージ・スペースを必要とする場合があり、またストレージ要件は時間とともに増加する可能性があります。500GB のプライマリー・ストレージ・ドライブはスタート地点として適切ですが、さらに容量があればベストです。
  • 追加のストレージには、二次的な HDD を SSD とペアリングします。2 つのストレージ・ドライブを搭載することはストレージスペースが限られている場合には優れたソリューションであり、これは事前構築済み PC で人気のある構成です。この構成では、オペレーティング・システムとゲーム・ライブラリーを格納するために高速な SSD を使用し、使用頻度の低いファイルを大容量 HDD に保存することができます。
  • インテル® Optane™ メモリーをご覧ください。これは HDD を高速化する NVMe ベースのソリューションです。インテル® Optane™ メモリーは、最も使用されるプログラムを優先して起動するように遅いドライブのロードタイムを向上させ、大容量 HDD と最新の高速 SSD の橋渡しとして機能します。

適切なストレージ・テクノロジーの選択に関する詳細は、こちらの HDD と SSD の選び方ガイドをご覧ください。

ポートとネットワーク接続

ゲーム用デスクトップ PC のポートの種類とネットワーク接続オプションは、常に同じわけではありません。仕様をよく読んで、検討しているシステムがデバイスやネットワーク接続設定をサポートできることを確認してください。

ポートとネットワーク接続機能が適切な組み合わせとなっている PC を選択する際の注意点は、次のとおりです。

  • ビデオ出力。外部モニターは PC の背面のポート、通常はゲームシステムの GPU に接続します。ディスプレイ接続の最も一般的なタイプは、HDMI と DisplayPort です。ゲーム用モニターは、より高いリフレッシュ・レートまたは解像度を活用するために特定のポート仕様を必要とする場合があるため、選ぶ際には互換性を確認してください。ディスプレイやディスプレイ接続の詳細についてはこちらをご覧ください。
  • USB。マウス、ヘッドセット、外部ストレージ・ドライブ、その他の周辺機器に接続するため、十分な数の高速 USB ポートがあると便利です。仕様を確認する際に参考になる具体的な情報には、ポートのデータ転送速度を反映する 2.0、3.0、または 3.2 などの改訂番号があり、数字が大きいほどより新しく高速になります。「Type-A」や「Type-C」などの分類は、コネクターの形状をさします。各タイプごとにいくつか必要で、種類が多ければより望ましいといえます。
  • Bluetooth。すべてのデスクトップ PC が初めから Bluetooth をサポートしているわけではありませんが、その場合でも Bluetooth またはワイヤレス機能を使用する多くのアクセサリーは USB ドングルを搭載して使用できます。ワイヤレス・アクセサリーを使用しようとしている場合、ドングルが付いているか、または PC が Bluetooth をサポートしていることを確認します。この情報は仕様に記載されています。
  • オーディオ。フロントパネルのオーディオポートは、3.5mm のヘッドホンジャックを必要とするヘッドホンまたはスピーカーを接続するのに便利です。ゲーム用ヘッドセットやスピーカーシステムなどの最新のオーディオ・ソリューションの多くは、接続するために USB を使用しています。これも互換性の高い USB ポートの数を優先する別の理由です。
  • ネットワーク: 新しいゲーム用デスクトップ PC の多くは Wi-Fi をサポートしていますが、インターネットに接続するためにイーサネット・ポートしかないものもあります。ワイヤレス接続が必要な場合は、仕様に記載されていることを確認してください。一部の場合 WLAN と呼ばれることがあります。最速のワイヤレス接続と、最新のワイヤレスルーターやデバイスとの最適な互換性については、Wi-Fi 6 サポートをご覧ください。最大 1Gbps の高速有線接続については、ギガビット・イーサネットをお探しください。ネットワークとゲームについての詳細はこちらをご覧ください。

どの事前構築済みのデスクトップ PC を選択するべきですか?

最適な事前構築済みデスクトップ PC の選択は、お金をかければよいということではではありません。システムを構成する異なるコンポーネントを注意深く検討し、ニーズに一致させることが大切です。

適切なケース、適切なコンポーネント、適切なネットワーク接続オプションを見つける方法を見てきましたので、その知識を利用してお客様に最適な事前構築済みゲーム用 PC を見つけましょう

デスクトップ PC 向けインテル® Core™ i7 プロセッサーを搭載したゲーム向け PC の購入

すべてを表示

デスクトップ PC 向けインテル® Core™ i7 プロセッサーを搭載した人気の高いゲーム用 PC をご覧ください。

Dell

DELL XPS 8950

Alienware

Alienware R12

Alienware

Alienware Aurora R12

MSI

MSI Codex R 11TC-040US

免責事項

1

インテル® Wi-Fi 6 (Gig+) 製品は、オプションの 160 MHz チャネルをサポートし、標準的な 2x2 802.11 AX PC Wi-Fi 製品における最大通信速度の理論値 (2402 Mbps) を達成可能にします。80 MHz チャネルの必須要件のみを満たす標準的な 2x2 (1201 Mbps) または 1x1 (600 Mbps) の 802.11 AX PC Wi-Fi 製品に比べると、高品質なインテル® Wi-Fi 6 (Gig+) 製品の最大通信速度は、理論値で 2 ~4 倍にも上ります。

2

動作周波数または電圧を改変すると、製品の保証が無効になる場合があり、プロセッサーや他のコンポーネントの安定性、セキュリティー、パフォーマンスや耐用年数が低下するおそれがあります。詳細についてはシステムおよびコンポーネントの製造元にお問い合わせください。

3

現時点で報告された小売価格 26 Jun 2022 00:59:37 GMT