教室やオンラインで教えるためのデスクトップ

今日教えるためのデスクトップ:

  • 読者は、教育環境が進化していることを理解する必要があり、教師用のデスクトップはその変化に対応する必要があります。

  • デスクトップPCは、今日のさまざまな学習環境での需要の高い教育活動に必要な強力なパワーを提供します。

  • インテルは、教師が豊かな学生体験を提供できるようにするテクノロジーを引き続き強化しています。

author-image

By

学習環境は進化しました

今日の教師は、反転授業から共同教室遠隔学習、遠隔教育まで、さまざまな学習環境を管理できます。学生のニーズが変化するにつれて、教育者はペースを合わせるだけでなく、教育環境の進化を主導し計画する準備をしなければなりません。テクノロジーは、生徒にプラスの影響を与える教師の能力を高める支点になります。

適切なテクノロジーにより、教師は生徒と一緒に、個々の可能性を確認して解き放つ時間を増やすことができます。同時に、テクノロジーはオンライン学習への学生の関与を高めることができます。これにより、創造的な思考と革新に備える学生の能力が高まります。

教育にデスクトップPCを選択する必要があるのはなぜですか?

生徒が仮想教室と物理教室の両方で個別の学習活動を行う今日のハイブリッド教室は、教師のコンピューティングリソースに対する高い需要を後押ししています。教師は今日の教室に適したツールを必要としています; デスクトップPCは、教師が生徒をより効果的に教えるのに役立ちます。

デスクトップタワーには、学習と教育におけるコラボレーションをサポートする力があり、ハードウェアで強化されたセキュリティーは、学生とそのデータの保護に役立ちます。最先端のパフォーマンスは、マルチモニター学習環境をサポートし、グラフィックデザイン、コンピューター支援ラボ作業、ストリーミングビデオレッスンなどの同時アクティビティを可能にします。

デスクトップPCがない場合、教師はラップトップを使用して、充電され、オンラインで、すべての周辺機器に接続されていることを確認する必要があります。周辺機器とは、オーディオ/ビジュアル(AV)ソリューション、スピーカー、大画面、ドキュメントリーダー、ワイヤレスキーボード、デジタルペンなどの追加デバイスを意味します。教育機関のノートパソコンは、軽量でポータブルである必要がありますが、デスクトップPCには、より多くのメモリーとより大きなストレージドライブを可能にするより堅牢なコンポーネントがあります。デスクトップは大きくて静止しているため、ビデオカードや大型のストレージデバイスなどの特殊なコンポーネントを簡単に追加できます。

教師が生徒に集中することが重要であるため、より簡単な実装が必要です。固定デスクトップPCは、テクノロジーがエンベデッド、接続されており、豊かな学生体験を提供する準備ができていることを意味します。教師向けのデスクトップPCの電力効率の高い設計により、教室、ラボ、図書館、シェアド学習ステーションなど、あらゆる学習場所に最適です。

デスクトップ対一体型 PC

デスクトップには交換可能なタワーとモニターがあります。つまり、どちらも時間の経過とともにさまざまなデバイスに接続できます。一体型 PC(AIO PC)は、別のタワーを必要とせずにデスクトップPCのパフォーマンスを提供します。したがって、名前—モニターとタワーを1つのデバイスにまとめた、合理化された一体型コンピューターです。

AIO PCは、配線とケーブルが少なく、タッチスクリーン・ケイパビリティーを備えた高品質のディスプレイとインテグレーテッド・ウェブカメラも備えています。すっきりとポータブルAIOの省スペース設計は、最小の教室スペースにも理想的です。

「(地区や学校にとって)デバイスが、シミュレーション、モデリング、計算思考、視覚化などのイノベーションのためのスキルの要求など、短期的および長期的なニーズの両方で機能することを保証することが重要でなく、社会的および感情的な学習、そしてコラボレーション。」

仮想学習の計画:接続性、オペレーティング・システム、およびデバイスの選択が、仮想環境と混合環境の教育と学習の成果にどのように影響するか。1

デスクトップフィーチャーに関する考慮事項

教育者の目標は、教室に適した固定または固定のデスクトップPCを用意することです。教師用のデスクトップPCに投資する際の最初の考慮事項は、パフォーマンスです; つまり、教師はデスクトップPCで何をする必要があり、どのくらいのプロセシング・パワーが必要になるのでしょうか。需要が高いほど、より高速なプロセッサー、より大きなメモリーとストレージ、および一体型 PC用のより高解像度の画面に投資することがより重要になります。

教室での使用全体でデスクトップPCのパフォーマンスを適切なサイズにするには、教師が最も頻繁に行うことと、現在のシステムのボトルネックが、教育用のデスクトップPCのクリティカル機能を特定することです。たとえば、教師が画面上の教育手法を使用する場合、優れたグラフィックス・カードとウェブカメラを用意することが重要です。全体として、デスクトップPCへの投資に影響を与える一般的な要因は次のとおりです:

  • サイズとパフォーマンスの速度(以下のCPUを参照)
  • 接続性、および周辺機器との互換性に関する考慮事項(以下のOSを参照)
  • 日常使用の管理性、および長期にわたるメンテナンス(下記のFAQを参照)
  • データとプライバシー保護のためのセキュリティー(下記のFAQを参照)

教育用のデスクトップPCへの投資に影響を与えるその他の要因には、次のハードウェアの考慮事項が含まれます:

CPU

コンピューターの中央処理装置(CPU)は、デバイスの「頭脳」です。CPUの能力がコアオペレーションを推進します。一例として、CPUは、一度に正常に開くことができるプログラムの数を決定します。ほとんどのデスクトップPCには、デバイスの速度とパフォーマンス専用のプロセッサーが搭載されています。CPUのプロセシング・パワーが高いほど、デスクトップPCの動作は速くなります。

プロセシング・パワーが高いということは、デバイスがより大きなワークロードを処理し、より複雑なタスクを実行できることも意味します。逆に、プロセッサーが教師が教室で必要とする可能性のあるすべてのタスクを実行するのに不十分である場合、プログラムがフリーズまたはロックアップする可能性があります。ほとんどの専門家は、最高の効率とパフォーマンスを確保するために、より大きなCPUを推奨しています。

デスクトップPCは、機能を拡張するためのさまざまなアクセサリや周辺機器をサポートするための複数のポートを提供します。これらのポートは、ケーブルを隠すために、前面または背面のいずれかに簡単にアクセスできるように配置されています。

オペレーティング・システム

デスクトップPCのオペレーティング・システム(OS)は、コンピューターの「心臓部」です。オペレーティング・システムは、すべてのハードウェアとソフトウェア、ファイル、メモリー、およびペリフェラル・デバイスを管理します。また、プログラムをインストールして実行するためのインターフェイスを実行するため、デスクトップPCとの対話方法でもあります。オペレーティング・システムはさまざまですが、WindowsとmacOSは市場で最もよく知られている2つです。

モニターサイズ

デスクトップPCモニターは、PCの操作に使用する画面です。内部コンポーネントが本体内に収納されている一体型 PCを購入しない限り、モニターは通常、タワーとは別に販売されます。教師が複数のウィンドウを実行する必要がある場合、余分な画面サイズが違いを生みます。ほとんどの教育者は24インチ以上のモニターを選択します。画面サイズは、インチ単位で測定された画面の対角幅です。

モニターのディスプレイ解像度によって、画面の視覚的な鮮明さが決まります。解像度は、水平方向と垂直方向のピクセル数です(たとえば、1,920 x 1,080)。これらの数値が大きいほど、画面上の画像が鮮明になります。

メモリー

デスクトップPCのシステムメモリーは、ランダムアクセスメモリーまたはRAMとも呼ばれます。RAMは、CPUが複数のタスクを一度に処理するのに役立つ短期メモリーです。デスクトップPCのRAMが多いほど、複雑な機能や複数の機能を実行するために必要なプロセシング・ケイパビリティーが高くなります。基本的なコンピューティングには4GB以上が必要です; ほとんどのデスクトップPCには、8GBから16GBのRAMが搭載されています。予算が要因である場合は、時間の経過とともにRAMをアップグレードすることが可能です。

デスクトップPCに保存されているファイル、プログラム、写真、ビデオ、およびゲームは、ハードドライブまたは長期メモリーに保存されます。使用可能なストレージが多いほど、保存できるアイテムも多くなります。ストレージはギガバイト(GB)とテラバイト(TB)で測定され、1TBは1,000GBに相当します。デスクトップPCストレージは通常500GBから1TBで始まり、平均的なユーザーには十分です。今日の教師は、必要に応じて、クラウドストレージサービス、外付けハードドライブ、およびUSBスティックを使用して追加のストレージを利用できます。

グラフィックス・カード

グラフィックス・プロセシング・ユニット(GPU)は、CPUとともに、コンピューターのパフォーマンスに最大の影響を与えます。これは、GPUがCPUからのデータを処理し、モニターに視覚的に表示するためです。GPUに十分な電力がない場合、低品質のグラフィックスで表示されます。これは、ストリーミング、ビデオ編集、グラフィック・デザインなどのビジュアル・タスクに影響を与えます。

デスクトップPCが提供する利点は、より強力なコンポーネントに適合するようにハウジングが大きくなることです。さらに、タワーは、堅牢なGPUが生成する消費電力と熱のバランスを取るために必要な冷却を提供します。

より堅牢なGPUは、メモリー内のより多くの帯域幅、より高いピクセルレート、および増加したテクスチャー・マッピングを提供します。テクスチャー・マッピングとは、画像やパターンを使用してグラフィックスに変換することで、視覚的にリアリズムを高めます。一般的に、GPUのメモリーが多いほど、処理できるビジュアル詳細が多くなります。

ウェブカメラ

ほとんどのデスクトップPCには、システムの一部としてウェブカメラが組み込まれています。すべてのソフトウェアとドライバーがインストールされているため、コンピューターの電源を入れるとすぐにウェブカメラを使用できるようになります。ほぼすべてのウェブカメラで、基本的なビデオをキャプチャしてストリーミングできます。

ウェブカメラが処理できるビデオの品質を確認するには、メガピクセル数を確認してください。標準ビデオの平均解像度は、少なくとも640ピクセル×480ピクセルです。高解像度(HD)ビデオには、1,600ピクセル×1,200ピクセルを処理するウェブカメラが必要です。メガピクセル数が多いほど、画質は良くなります。ほとんどのウェブカメラはHD対応ですが、低解像度で録画したり、ワイドスクリーンから標準に切り替えたりするように調整できます。注:モニターがHD画像を処理しない場合、ウェブカメラが処理しても、ビデオはHDで表示されません。

教師は、画像の撮影方法の観点からウェブカメラのデザインも検討する必要があります。ビデオの場合、パン、チルト、ズーム機能が重要です。ウェブカメラにオーディオ用のヘッドセットまたは内蔵マイクが付属していることを確認することも重要です。ビデオの録画時に照明が問題になる可能性がある場合は、ウェブカメラが低照度の感度を処理できることを確認してください。

インテルは、教師が豊かな学生体験を提供できるようにするテクノロジーを引き続き強化しています。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

よくある質問

独立したタワーとモニターを装備したデスクトップ PC は、教育環境向けの強力で適応性のある据え置き型デバイスです。通常、デスクトップはオンサイトにあり、場所が特定されているため、長期にわたるセキュリティー制御とメンテナンスが容易になります。また、デスクトップでは、バッテリーの充電を心配することなく、周辺機器のニーズを管理する点で電力バランスの柔軟な対応が可能です。さらに、デスクトップ・デバイスの人間工学によって、教育者はより快適なワークステーションを所有できます。

インテルでは、教育者が生徒の体験を創造的にサポートできるように、さまざまな環境でのアジャイル e ラーニング向けの適応可能な戦略、ツール、リソースのコレクションとして、e ラーニングのための教育者向けガイドを提供しています。

Brentwood Academy: Interactive Learning Platform (英語)

インテルは、ビジョン・テクノロジーにより学習をエッジに移行し、ViewSonic のインタラクティブでハイブリッドな教育ソリューションの提供を助けます。

免責事項

1 仮想学習の計画:接続性、オペレーティング・システム、およびデバイスの選択が、仮想環境と混合環境の教育と学習の成果にどのように影響するか。2020年8月。PDF ファイル.https://www.k12blueprint.com/sites/default/files/Intel Curriculum Platform Evaluation_2020.pdf.