適切な教育用デバイスの選択: 最適な選択方法

かつてないほど重要性の高まる教育用デバイス

リモート学習とハイブリッド学習。個別化教育。データサイエンス、コーディングおよびコンテンツ作成。など。教育テクノロジーは、現代の学習体験と教育体験の中核をなし、ほぼすべての側面に影響を与えます。保護者、教師、地域の教育委員会の職員にとって、適切なデバイスの選択がこれまで以上に重要になっています。

生徒は適切なツールを使用することで、教育体験全体を通じ、現実世界の問題解決を実践することができます。これにより、テクノロジー、自動化、人工知能 (AI) によって益々形成されつつある新興の雇用市場で不可欠なクリティカル・シンキングや問題解決のスキルが身に付きます。

生徒の一般的な使用方法と求められるパフォーマンス

デバイスのプロセッサー要件は、使用方法によって異なります。一般的に初等中等教育の学習者は学年が上がるにつれ、より高い性能を必要とします。

  • 小学生 主にコンテンツや基本的な生産性アプリケーションにアクセスするためにデバイスを使用するため、中断することなくこれらのタスクに対応できるデバイスが必要です。
  • 中学生 先進的なスキルとテクノロジーに触れ始める可能性が高いため、可能性を模索し、スキルセットを構築するためのパフォーマンス機能が必要です。
  • 高校生 モデリング、分析、コンテンツ作成などに高度なソフトウェアを使い始めます。つまり、スキルを最大限に活用し、潜在能力を最大限に引き出すための強力なパフォーマンスが必要です。