初等中等教育のリソースとテクノロジー計画

インテルの初等中等教育への取り組みを詳しく知り、教師と生徒向けのスキル、STEM 教育、リソースなど教育の将来について紹介します。

新型コロナ感染症は、教育セクターを混乱に陥らせ、業界を永遠に変えてしまいました。アウトカムに基づく教育へのシフトは、初等中等教育に関わる教師や学校管理者向けの新しい指導方法や戦略を実現するために、ますますテクノロジーに依存するようになってきています。教育者は、専門能力開発やその他のツールを利用することで、生徒が第 4 次産業革命の時代に、キャリアに必要な革新的な思考スキルとイノベーションのための技術的スキルを習得するための新しい教育戦略を採用することができます。

イノベーションのための新しいスキル

幼稚園から高校までの生徒が、テクノロジー主導の社会で活躍するには、教育者は生徒が新しい革新的な思考スキルを身につけることを奨励し、支援する必要があります。女の子向けの STEM (サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学) 授業、子ども向けのコーディング、e スポーツは、第 4 次産業革命の時代に必要な重要かつ最新のスキルの表面的な部分を単にかじったにすぎません。しかし、これらは、ブランデッド・ラーニングを体験するための絶好のスタート地点となります。これらのスキルについて、さらにインテルとインテルのパートナーがどのように提携してスキル構築のための体験を実現しているかを紹介します。

インテル® Skills for Innovation ›

ビデオを見る ›

教育戦略とリソース

教師が開発したこれらの模範的なユニットと授業プランは、テクノロジーと STEAM (サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アート、数学) の概念を、異なる年齢層向けに設計された授業プロジェクトに統合します。これらの計画は、教師が授業でテクノロジーを活用し、カリキュラムの枠組みに沿った質問、効果的な指導戦略、パフォーマンス評価を用いて、基準に沿った上位思考を促進することで実現します。

授業とユニットプランの詳細 ›

教育戦略の詳細 ›