PC テクノロジーで、今日の学生の将来に向けたスキル獲得を支援

PC テクノロジーが、いかに教育の未来を形作るかをご覧ください。

インテルは、教育者が学生の学習成果を向上させ、将来の労働力需要を満たすための準備をすることに集中できるようにしています。

パーソナライズされた学習を強化するテクノロジー

今日のデジタル世界では、学生はテクノロジーの言語を話し、教育者はそれに耳を傾けます。より多くのカリキュラムが、学生の達成度に対する期待の変化に対応しながら、デジタル・インクルージョンをサポートする学習モデルを取り入れています。高性能ノートブック PC に投資を選択することで、投資を長期に渡って活かすことができ、時間の経過とともに多くの処理能力が必要とされる STEAM アプリケーションを実行させるための適切な装備が備わったデバイスを持つこととなります。適切な質問をすることで、学習ニーズに合った最適な PC デバイスを選択できます。教育環境、管理性と機能のニーズおよびコストに関する考慮事項を包括的に評価することで、現在および将来的な学習と教育に最適なデバイスを特定できるようになります。

アクティブラーニングを促進

今日、学生は単に消費するだけでなく、創造し問題解決能力を養うことが求められています。
学習の個別化を目指す中で、テクノロジーは学習方法について自主性を与え、教育をデジタルライフに関連付け、将来に向けて準備することで生徒の持つ力を伸ばします。教室の「壁」を超える PC テクノロジーとリソースへのアクセスにより、学生は問題解決、批判的思考、コラボレーション、創造性を備えるようになります。生涯学習者となるための最良の方法の 1 つは、成功のための適切なツールを装備することです。

最先端の教育プログラムをサポートすることで、適切な PC テクノロジーは、将来の発明家、エンジニア、開発者などにインスピレーションを与えることができます。デバイスのパフォーマンスはレッスンに命を吹き込むビジュアル機能とインタラクティブ機能を提供する上で重要な役割を果たします。デバイスはすでに持っているカリキュラムをサポートし、将来的には変更や更新に対応できる必要があります。実用性を最大限に高めるためには、オンラインとオフラインの両方での学習に対応できる必要があります。パーソナライズされた学習、オンライン学習、プロジェクトベースの学習など、新しいデジタル学習モデルをサポートする必要があります。さらに、子どもたちの学習方法に適応できるように、キーボード、マウス、デジタルペンなど、デジタル学習の標準となりつつある複数の入力方法をサポートするための十分な柔軟性が必要です。インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した次世代のパソコンなどは、将来的な要件に対応できる適切な装備が備わっています。

伝統的な指導方法の変革

教育者は常に課題に直面しています。しかし今日、これらの課題には学生の成績向上だけでなく、デジタル化が進む世界に対応するために、根本的に指導方法を変えることも含まれています。日常的にテクノロジーを利用できるようにしている教師は、学生の生活に授業を合わせることができ、教室を学生中心の空間に移行し、講演者からファシリテーターへと変わります。

教師は、静的な教科書や限定的な視覚教材から解放され、インタラクティブ性をサポートし自発的なコラボレーションを促進する、視覚を重視した21世紀のクラスルーム・ソリューションを生徒に提供することが可能となります。一方で、クラスルーム管理機能の向上により、教師は、よりパーソナライズした指導および生徒、スタッフ、保護者とのコミュニケーションを促進するための新しいアプローチを試みることができるようになります。

学習環境の調査

教室向け PC テクノロジーを選択するに当たり、コストは常に考慮事項になりますが、それだけではありません。学校の目標に学生の大学や就職のための準備が含まれる場合、テキスト、グラフィックス、サウンド、ビデオのような複数のメディアを使用してドキュメントを作成するといった複雑なタスクを実行できるデバイスが必要となります。

また、教師や学生が毎日実行する必要のある多くの特定のタスクがあります。選択したデバイスの機能や特徴は、これらのタスクをこなすだけでなく、より簡単かつ効率的に実行できることが理想的です。バッテリー持続時間も別の重要な考慮事項です。そしてもちろん、投資が確実に保護されることも確認する必要があります。耐久性、堅牢性、保護ケース、優れた保証などが役立ちます。

最終的には、組織が提供できる最高で汎用性の高い PC を選択するために、適切な質問をしているかどうかを確認してください。

  • カリキュラムベースのデジタルコンテンツとツールを扱えるか ?
  • オンライン学習とオフライン学習の両方をサポートしているか ?
  • 学生と教師が迅速かつ効果的に作業を行うことが可能か ?
  • バッテリー持続時間は 1 日の授業時間以上もちますか?
  • 生産性ソフトウェアとウェブアプリを実行できるか ?
  • 適切なセキュリティー機能が備わっているか ?