小規模ビジネス向けに最適な PC の選択1 2

多すぎる選択肢の中から、優先順位を付ける方法

  • 小規模ビジネスのコンピューティング・ニーズに対応するには、コンシューマー向けデバイスではなくビジネスクラスのデバイスを選択してください。

  • 従業員の現在のワークロードと生産性のニーズに合う、最新世代のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリー、必要な RAM メモリー、ストレージ容量に投資しましょう。将来的なニーズの変化に応じてアップグレードが可能です。

  • 小規模ビジネス向け PC では、インテル® vPro® Essentials のバッジを確認してください。これは、ソフトウェアのみを利用する場合よりも小規模ビジネスの維持と成長に役立つ内蔵型ハードウェア・セキュリティーが搭載されていることを示します。

author-image

新しい小規模ビジネス向け PC を購入する際は、インテル® vPro® Essentials プラットフォーム搭載のビジネスクラス・デバイスを検討してください。コンシューマー向けデバイスよりも高い信頼性を提供し、内蔵型のハードウェア・セキュリティーが、ソフトウェアのみを利用する場合よりも優れたデータとアイディアの優れた保護を実現します。この選択は、現在の課題に対応し、将来のビジネスチャンスをつかむのに役立ちます。

ここでは、小規模ビジネスに最適なデバイスを選ぶ際、適切な小規模ビジネス向け PC を購入するために自分自身とチームのメンバーに問いかけるべき重要な質問について紹介します。

業務によって、ハイエンドのデスクトップ PC が必要になる場合もあれば、クライアントへのプレゼンテーションで注目を集める軽量の 2 in 1 ノートブック PC が必要になる場合もあります。実際、特定の従業員のニーズや役割に合わせてカスタマイズしたさまざまなタイプのマシンを組み合わせることになるでしょう。

デスクトップ PC か、ノートブック PC か?

小規模ビジネス向けのデスクトップ PC とノートブック PC は双方にさまざまなメリットがあります。最新のインテル® Core プロセッサー・ファミリーを搭載し、十分な容量のメモリーと大容量のソリッドステート・ストレージを備えたデスクトップ PC は、同程度の価格のノートブック PC と比較して、より優れたパフォーマンスと応答性を提供します。ただし、デスクトップ PC は基本的に 1 つの場所に固定されるので、移動のない職務に最適です。

一方、ノートブック PC は外出先でも利用するためのものです。こうした小型で軽量のデバイスは、自宅、コーヒーショップ、飛行機内などあらゆる場所で作業するのに向いています。ノートブック PC はデスクトップ PC の性能やストレージ容量を備えていない場合もありますが、最新のインテル® Core プロセッサー・ファミリーを搭載したノートブック PC なら負荷の高い処理もこなせます。しかし、持ち運びできるということにはコストがかかります。ノートブック PC は通常、同程度の性能のデスクトップ PC よりも高額の投資となります。

アップグレードするべきか?

相応のパフォーマンスと生産性を確実に得られるようにするため、小規模ビジネスが投資対象として検討するべきコンポーネントは 3 つあります。

  • プロセッサー: PC の応答性を左右するのはプロセッサーだと言っても過言ではありません。最新のインテル® Core プロセッサー・ファミリーを搭載した新しい PC なら、従業員は複数のアプリケーションを同時に実行でき、日常的な作業をより早く完了させることができます。
  • RAM: ランダム・アクセス・メモリーの役割は、PC の動作中にデータを一時的に保管することです。必要な RAM の容量は、実行するプログラムの複雑さにより異なります。例えば、ビデオの編集には大容量の RAM が必要ですが、基本的なウェブ・ブラウジングや表計算の場合、通常はエントリーレベルの RAM 容量で処理できます。RAM は簡単にアップグレードできるので、ニーズの変化に応じて拡張可能です。
  • ストレージ: 大容量のハードディスク・ドライブ (HDD) やソリッドステート・ドライブ (SDD) は、すべてのファイルを保存するだけでなく、プログラムやオペレーティング・システムの起動と実行にも使用されるため、できるだけ空き容量が大きいほうが確実です。代替ソリューションとして、必要に応じて PC に接続できる外付けハードディスク・ドライブを追加することもできます。

重要なコンピューターの基本を詳しく知る ›

PC は最も重要なビジネス機器の 1 つです。テクノロジーは急速に進化するため、通常は、現在のニーズに合ったシステムに投資しておき、テクノロジーのニーズが変化した際に必要に応じて使用中の PC をアップグレードするのが有益な方法です。

アップグレードに関して 1 つ注意すべきなのは、一般にデスクトップ PC のほうがノートブック PC に比べてアップグレードが容易で、アップグレード可能なコンポーネントが多いという点です。通常ノートブック PC のアップグレードは、メモリーとストレージに限定されます。また、ノートブック PC のアップグレードはより技術的に難しく、ケースやキーボードを取り外して新しいパーツを取り付けるのにプロのサポートが必要になることもあります。

このような制約を考えると、小規模ビジネス向けにノートブック PC の購入を決定する場合は、少し多く予算をとって、現在のニーズだけでなく将来的なニーズにも対応できるパフォーマンスを備えた最新鋭テクノロジーを購入するほうが理にかなっています。

免責事項

1

インテル® vPro® プラットフォームのすべてのバージョンは、このプラットフォームを規定している管理機能用途、セキュリティー機能、システム性能および安定性を提供するために必要な、対象となるインテル® Core プロセッサー、対応オペレーティング・システム、インテル® LAN または WLAN シリコン、ファームウェアの強化、およびその他のハードウェアとソフトウェアを備えている必要があります。詳細については、www.intel.co.jp/performance をご覧ください。

2性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.com/PerformanceIndex (英語) を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。コストと結果は状況によって変わります。インテルのテクノロジーを使用するには、対応したハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。インテルはサードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、ほかのソースを参照する必要があります。© Intel Corporation.Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルのマークは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。