PC が変わると ビジネスも変化する

最新のインテル® Core™ プロセッサーを搭載した新しい PC に移行しましょう。1 2

最新の PC が小規模ビジネスを変革する

ビジネスで古い PC を使用していて、クラッシュやフリーズ、動作の遅延が頻繁に起きているようなら、それは無駄なコストと言えます。時代遅れのテクノロジーを利用し続けることは、従業員の生産性の低下やビジネスにおける機会の損失、メンテナンス・コストの増加、セキュリティー・リスクの増大へと繋がります。古い PC やデバイスのトラブルは、最新のテクノロジーを導入することで、ビジネスにおいて利益を得られるという明確なメッセージでもあります。

  • 時間の節約: 古い PC は、起動の待ち時間が 1 年で約 11 時間かかる可能性があります。3
  • 生産性の向上: 古い PC では、従業員の生産性は最大で 29% 低下します。.4
  • コストの削減: 古い PC による生産性の損失は、従業員 1 人あたり年間最大 17,000 米ドルに達します。5

あらゆるニーズと予算に応える小規模ビジネス向け PC

最新のインテル® Core™ プロセッサーとインテル® Optane™ メモリー、Windows* 10 Pro を搭載した小規模ビジネス向けの PC を導入することが、収益性の改善へと繋がります。6

小規模ビジネスの経営者は、対面での営業で使用する、グラフィックスの設計をする、AI やロボットなどのプログラミング、店舗での販売に使用するなど、小規模ビジネスにおけるさまざまなニーズと予算に最適なパフォーマンスとフォームファクターで構成された最新のインテル® Core™ プロセッサー搭載 PC を選択可能です。

小規模ビジネス向けのノートブック PC

薄型軽量で長時間のバッテリー駆動を実現した最新のインテル® Core™ プロセッサーを搭載したノートブック PC や 2-in-1 デバイスなら、従業員は外出先でも作業をすることができるため、ビジネスにおける生産性と効率を向上できます。豊富なサイズとデザインから選択していただけます。

ノートブック PC を選択する理由

小規模ビジネス向けのデスクトップ PC

最新のインテル® Core™ プロセッサーを搭載したデスクトップ PC は、スピードが求められる現在のビジネスに対応できる応答性とパフォーマンスを提供します。さらに大容量のハードドライブとインテル® Optane™ メモリーを組み合わせることで、従業員は大容量ファイルへのアクセスやよく使うアプリケーションの起動を高速化してして、スムーズかつ迅速な作業を実現できます。

デスクトップ PC を選択する理由

小規模ビジネス向けのミニ PC

小規模なオフィスやスペースの限られた店舗で PC を使用するなら、最新のインテル® Core™ プロセッサーを搭載したミニ PC が最適です。手のひらサイズのミニ PC はデスクトップ PC クラスのパフォーマンスを、多くのデスクトップ PC やノートブック PC が設置できないスペースで提供します。

ミニ PC を選択する理由


小規模ビジネス向けのソリューション

最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリー、インテル® Optane™ メモリー、Windows* 10 Pro を搭載した小型ビジネス向けコンピューターは、ビジネスの生産性、セキュリティー、そして収益性をを向上させるのに適切なツールを提供することができます。最適な PC を探す方法について、詳しくはこちら。

注目の記事

最新テクノロジーへの更新は必要か?

古い PC で作業をすることによる、生産性の低下、メンテナンス頻度、セキュリティー・リスクなどの隠れたコストを無視することは簡単です。しかし、ビジネスで競争力を維持するには、新しいテクノロジーへの更新が必要になるタイミングを知る必要があります。

PC を新しくするタイミングを知る

ビジネスに最適なデスクトップ PC / ノートブック PC の選択

最適なビジネス向けの PC を選択するには、購入金額、従業員が働く場所、必要なパフォーマンスなどから、生産性を最大化する PC コンポーネントを選ぶ必要があります。

ビジネス向け PC の選び方

新しい PC で小規模ビジネスをアップグレード


免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/performance を参照してください。

2実際のコストと結果は状況によって異なる場合があります。インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。結果は推定 / シミュレートされています。インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。
3

従業員がコンピューターの起動に 1 年当たり最大で 11 時間を費やしているとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。起動は 1 営業日に 1 回とし、平均起動時間は 5 年を超えて使用している PC の起動にかかる時間に関するアンケート回答の平均値としました。これに基づいて試算すると、使用期間が 5 年を超える PC は、1 年当たりおよそ 11 時間を起動に費やしていることになります (4.07 分 x 週 5 日 x 年 52 週間 / 60 (時間に換算) x 使用率 67%、つまり 4.07 x 5 x 52 / 60 x .67 = 11.8)。この統計値およびレポート全体については、こちらをご覧ください。

4

5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するという記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。この値は、アンケート回答者が 5 年以上前の PC の使用に起因すると推定した生産性低下率に、同じくアンケート回答者が推定した PC の平均使用時間を掛けて算出しました。この統計値およびレポートの全文については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。

5

5 年以上前の PC を使用している場合、そのコストは 1 台当たり年間で最大 17,000 ドルに上るおそれがあるとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。アンケートの回答に基づく試算によると、5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するおそれがあります。推定損失額は、従業員の平均年収を 60,000 ドルとした場合、年間 17,000 ドルに上ります。この統計値およびレポートの全文については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。

6年以上前の PC を使用している場合、そのコストは 1 台当たり年間で最大 17,000 ドルに上るおそれがあるとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。アンケートの回答に基づく試算によると、5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するおそれがあります。推定損失額は、従業員の平均年収を 60,000 ドルとした場合、年間 17,000 ドルに上ります。この統計値およびレポート全体については、こちらをご覧ください。