最高の小規模ビジネス向けノートブック PC を選ぶ

外出先でも本格的に作業を実行。1 2

モバイル世界向けのパフォーマンスとポータビリティー

  • 従業員はノートブック PC のおかげで、あらゆる場所で作業し、顧客の要求に即座に対応することができます。

  • コンシューマー向けデバイスよりもビジネスクラスのノートブック PC を選択する。

  • 最高クラスの小規模ビジネス向けノートブック PC を選ぶポイントは、ソフトウェアだけでなく従業員のデバイスを保護するハードウェアベースのセキュリティー対応のインテル® vPro® Essentials 搭載デバイスを探すことです。

author-image

By

ハイブリッド・ワークプレースは定着しており、従業員は在宅勤務、オフィス、あるいは外出先での作業ができなければなりません。パフォーマンスにもっとも影響のある仕様とは何か、考慮すべきその他の機能など、適切な小規模ビジネス向けノートブック PC の選び方について、詳しくはこちら。

ノートブック PC とデスクトップ PC の比較

小規模ビジネスのコンピューティングのための、あらゆる要件を満たす汎用なソリューションはありません。従業員に最適なデバイスであるかどうかは、従事する作業によって異なります。とはいえ、ノートブック PC とデスクトップ PC の選択は、モビリティーとパフォーマンス、コストとフレキシビリティーのバランスを取るために、重要な選択となります。

デスクトップ PC は、同じ価格帯のノートブック PC よりもパフォーマンスと応答性が高く、コンポーネントの追加に柔軟性があります。しかし、ノートブック PC には、従業員がビジネスや販売の機会にリアルタイムで対応するために必要なモビリティーがあります。飛行機や列車で、コーヒーショップ、場合によっては顧客先での作業が可能です。

さらに、モニター、キーボード、マウス、Wi-Fi 接続など、すべてがノートブック PC に統合されています。デスクトップ PC では、これらの周辺機器に追加費用がかかる場合があります。そのため、ノートブック PC の価格は競争力が高くなります。

ノートブック PC の購入決定は、最終的に従業員にとってモバイルでの作業がどれだけ重要であるかということになります。それがお客様のビジネスモデルに不可欠であれば、小規模ビジネスに最適なノートブック PC を選択するためのすべての要素を検討することをお勧めします。

小規模ビジネスに最適なノートブック PC

小規模ビジネスの従業員が外出先で本格的な作業につくことができれば、生産性と効率性が高まります。モビリティーにより、ソフトウェアだけでなく従業員のデバイスを保護するハードウェアベースのセキュリティーから恩恵を受けることができます。小規模ビジネスの経営者に最適なノートブック PC を選択するには、セキュリティー、パフォーマンス、接続性、リモートでのデバイスの管理など、主に 4 つの考慮事項から始めなければなりません。今すぐこの管理機能を必要としない場合でも、将来の長期的な成長によるニーズを計画するようお勧めします。

データの保護

ハードウェアとソフトウェアの緊密な連携により、従業員が自宅、オフィスまたは外出先から働く際のセキュリティー脅威に対する高い防衛力を実現し、最も包括的な保護を提供してデータの安全保護に役立つ小規模ビジネス向けノートブック PC を選びましょう。

従業員の生産性を高める

​​高速プロセッサー (CPU) により、多くのプログラムを一度に実行した場合でも、従業員は日常的な作業を迅速に完了できるようになります。RAM は、ノートブック PC のメモリーにデータを一時的に保存しますが、必要な量はプログラムの複雑性によって異なります。ストレージは、プログラムと OS の起動と操作に使用されます。また、ストレージはすべてのファイルを保持しているので、十分なスペースが必要です。ビジネスに最適な選択のために、今すぐパワフルなプロセッサーに投資してみてください。従業員のワークロードのニーズを見ながら、後で RAM とストレージを追加することができます。

コラボレーション体験の向上

最新の WiFi オプション、多くのデバイスの相互運用性、そしてチーム全体のニーズに対応する幅広いソフトウェアの選択肢により、チーム全体がシームレスに接続したり、コラボレーションや共有することが可能になります。

想定外の事態への備え

管理機能を内蔵したインテル® vPro® Essentials プラットフォーム搭載のビジネスクラスのデバイスを選択すると、お客様と IT チームはセキュリティー上の脅威に対して積極的な防御を行い、より迅速かつ簡単にパッチとアップデートを実行できます。企業は、クラス最高の管理機能を必要とする場合、インテル® vPro® エンタープライズを選択することが可能です。

将来のニーズを予測

クラウド・コンピューティングと AI の新たな展開に伴い、従業員の仕事に必要なアプリケーションの変化が早まることが期待できます。ソフトウェア・ベンダーの推奨システム要件は、一般的に必要最低限のものが記載されています。効率的なノートブック PC の動作を継続するには、ノートブック PC のハードウェアがソフトウェア・ベンダーの推奨システム要件を 50% 以上上回る必要があります。3 より多くのプログラムとデータに対応可能なノートブック PC に投資することで、わずか数年で従業員の不満を解消できるかもしれません。

ノートブック PC パフォーマンス仕様

デバイスを購入する前に、PC テクノロジーの基本を詳しく知るために役立ちます。ノートブック PC のパフォーマンスにもっとも重要なコンポーネントは、プロセッサー (CPU)、RAM、ストレージです。しかし、長時間のバッテリー持続時間は、従業員が一日を過ごすために非常に重要です。ノートブック PC のアップグレードと Windows 11 への移行をペアリングし、コスト削減できる可能性があります。

プロセッサー (CPU)
CPU は、ノートブック PC に頭脳を担っています。より高性能なプロセッサーによって、ノートブック PC はコンピューティングとタスクを高速に処理することが可能です。多くの PC メーカーは、最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリー内蔵のインテル® vPro® プラットフォーム搭載ノートブック PC を提供しています。ビジネスクラスのデバイスを持つことで、より安定した体験や応答性の高いコンピューターと遅いコンピューターの違いが明確になります。また、優れたプロセッサーは、ノートブック PC のメモリー (RAM) を最適化し、パフォーマンスをさらに向上するために役立ちます。

メモリー (RAM)
ランダム・アクセス・メモリー (RAM) は、PC パフォーマンスにおいて重要な役割を果たします。PC のワーキングメモリーとして RAM が多ければ、PC は同時に実行するより多くのプログラムをサポートできます。

ストレージ
ノートノートブック PC はできるだけストレージを提供する必要があります。代わりに、外付けハードドライブを追加することもできます。ただし、ストレージ速度はストレージサイズと同様に重要です。

ストレージはHDD (ハードディスク・ドライブ) または SSD (ソリッドステート・ドライブ) のいずれかとして提供されます。HDD はコストを削減しますが、コンピューターのデータアクセス速度に影響を与える機械部品を含んでいます。SSD はより小型で、軽量かつ高速ですが、価格はさらに高くなります。チームの生産性を検討する際に、SSD のパフォーマンス向上は、場合によってコスト差よりも重要であることがあります。

オペレーティング・システム

広く知られて信頼性の高いインテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のインテル® vPro® プラットフォーム上の Windows ベースの OS により、チーム全体のニーズに対応した、シームレスな互換性、最多となるデバイスの相互運用性、幅広いソフトウェアの選択肢を提供しています。まだ OS を更新していない場合、コンピューターをアップグレードするまで Windows 11 のインストールを行わないほうがいいでしょう。古い PC で新しいOS を実行すると、十分な生産性やセキュリティー上のメリットが得られない場合があります。

バッテリー持続時間
ノートブック PC のバッテリーによっては、常に電源に気を遣い、モビリティーの自由が損なわれるものもあります。一方で、一度の充電で 1 日中働き、オーバータイムも可能なものもあります。画面サイズや輝度から、メディアが消費するプログラム数まで、さまざまな要因がバッテリー持続時間に影響します。特にプロセッサーと OS の選択により、バッテリー持続時間が決まります。

検討すべきその他の機能

ビジネスに最適なノートブック PC の決定に役立つその他の要素として、構成、画面サイズ、重量、グラフィックス、接続性などがあります。

2-in-1 搭載の複数の構成
2-in-1 PC は、ノートブック PC、タブレット PC、テントモードの切り替えが可能な超薄型のデバイスでパワフルなプロセシングを提供します。従業員はブラウザーウィンドウへのアクセスから 4k ビデオのプレゼンテーションまで、タスクに合わせて、このデバイスを変えていくことができます。新しいモデルは、外出先での生活や作業に対する優れたパフォーマンスとともに、音声コントロールや顔認識などの機能を提供します。

画面サイズ
ノートブック PC の画面サイズは、11インチから 18インチまでさまざまなサイズがあります。従業員が毎日ノートブック PC を持ち運ぶことを想定している場合は、軽量化のために画面のより小さなノートブック PC をご検討ください。しかし、ノートブック PC よりデスデスクトップ PC である方が良ければ、一体型 PC や通常のデスクトップ PC と薄型軽量のノートブック PC を組み合わせたり、画面の小さいノートブック PC と外部モニターを組み合わせたりすることを職場やご家庭で検討してもよいでしょう。画面サイズは重量と価格に直接影響するため、従業員の要望と利便性・コストでバランスをとる必要があります。

重量
従業員が場所から場所へと頻繁に運ぶ場合には、ノートブック PC の重量と厚さが非常に重要になる場合があります。場合によっては、すべてのオンスがカウントされます。インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のノートブック PC は、軽量で携帯性に優れており、従業員のあらゆる外出先で利用可能です。

グラフィックス
通常、ノートブック PC は、CPU に内蔵されたグラフィックス・プロセッサーを使用します。統合グラフィックスの強化により、従来はディスクリート・グラフィックスで行われていたタスクを処理できます。

接続性
ほとんどのノートブック PC には、マウスから外部ドライブまですべての接続に対応した USB ポート、さらにワイヤレス周辺機器用 Bluetooth、オーディオジャックなどを搭載しています。また、より信頼性の高いビデオ・ストリーミングのために、インテル® Wireless-AC による最新のワイヤレス・コネクティビティーを実現し、インテル® Wi-Fi 6/6E と組み合わせて、レガシーデバイスからの干渉が少ないビジネス環境でのレイテンシーの低減と高速なネットワーク接続を可能にします。

さらに、40Gbps の高速帯域幅の Thunderbolt™ 4 ポートは、1 基の USB-C ポートから USB2、USB3、USB4 準拠、PCIe に加えて DisplayPort 1.4 などに対応し、非常に機能が豊富です。

インテルでビジネスのピボットとスケールに備える

最先端のテクノロジーを活用することで、ビジネスを前進させることができます。人工知能 (AI) やデータサイエンスなどの新しいテクノロジーのトレンドは、ワークステーションと呼ばれるよりパワフルな PC が求められており、モバイルやデスクトップのフォームファクターで利用可能です。間をおかず、創造性や生産性のワークロードの高速化のために追加機能を利用する必要がある場合もあります。

将来のニーズを考慮して、インテルは企業、OSV、OEM の連携による、単一の統合プラットフォームの開発をリードし、組織とテクノロジーのニーズの変化に応じて、より効率的な成長と拡張を支援することに留意して参ります。

免責事項

1

インテル® vPro® プラットフォームのすべてのバージョンは、このプラットフォームを規定している管理機能用途、セキュリティー機能、システム性能および安定性を提供するために必要な、対象となるインテル® Core™ プロセッサー、対応オペレーティング・システム、インテル® LAN または WLAN シリコン、ファームウェアの強化、およびその他のハードウェアとソフトウェアを備えている必要があります。詳細については、intel.com/performance-vpro (英語) を参照してください。

2

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、https://edc.intel.com/content/www/jp/ja/products/performance/benchmarks/overview/ を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。コストと結果は状況によって異なります。インテルのテクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。© Intel Corporation.Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。