PC テクノロジーの謎を解明: テクノロジーの更新は必要?

インテル提供ブログ。

テクノロジーの非効率性は、時間とともに小規模ビジネスに忍び込み、多くの場合、ほとんど気づかれません。毎朝 PC の起動を数分間待つ従業員、PC のクラッシュ、データの漏えい、多くのリソースを必要とする最新のアプリケーションに対応できないテクノロジーなどは、すべて生産性や収益に影響します。4

古い PC の隠れたコスト

PC が古くなるにつれて、起動時間が長くなるように感じたことはありませんか? それは思い過ごしではありません。古い PC ほど起動に時間がかかります。実際、インテルの依頼によって J. Gold Associates が実施した調査のレポート Older PCs in SMB Cost Study – Selected Results (小規模ビジネスにおける古い PC に関する考察 - 調査結果抜粋) によると5、1 年未満の PC は起動に平均で 1 分もかからないと推定されているのに対し、5 年以上前の PC では、平均起動時間が 4 分 を少し上回るまでに跳ね上がります。この時間の差を 1 年間積み上げると、従業員は最大 11 時間を古い PC の起動待ちで無駄にしていることになります。1

判明したのは、PC の起動待ち時間の浪費だけではありません。J. Gold Associates J. Gold のレポートによると、小規模ビジネス各社の見積もりでは 5 年以上経過した PC の 40% 以上 (43.42%) が毎年故障や誤動作を起こすことも報告されています。これに比べて、1 年未満の PC の場合は 5% をやや上回る程度です。古いハードウェアの誤動作に起因するコストは、故障ごとに年間合計約 662 米ドルになります。6

こういったコストをすべて合計すると、古い PC によって、従業員の生産性は 29% 低下し2、従業員 1 人当たりの生産性損失は 1 年で最大 1 万 7,000 米ドルにも上るということです。3

それだけではありません。古い PC はサイバー攻撃に対して脆弱という問題もあります。そしてこの問題は、特に小規模ビジネスにとって極めて大きな損失になりかねません。J. Gold のレポートによると、平均して古い PC は新しい PC よりも多くハッキングを受けたと調査対象者は回答し、世界的に見ると、1 年未満の PC のうち平均して 5.92% がマルウェアや不正侵入などの攻撃を受けたことがあると推定されています。これに対し、5 年以上前の PC の場合、その割合が 34.47% まで跳ね上がります。3

これは、小規模ビジネスで起こりうる経済的損失という点からみると、どのような意味があるのでしょうか?世界全体で考えると、データ漏えい 1 件の平均損失額は、従業員の PC が 5 年以上前のものである場合、従業員 1 人当たり 35,745 米ドルと推定されています。7

最先端テクノロジーの維持

古い PC の隠れたコストは、起動待ち時間の長さや誤動作、さらにはセキュリティー侵害にとどまりません。実際、多くのソフトウェア・アプリケーションが頻繁にアップグレードされるたびに、機能が増え品質が上がると同時に、高い処理能力が必要となる場合もあります。

Scale Technology の CEO である RJ Martino 氏は次のように語っています。「最新のハードウェアがないと、新しいソフトウェアやアップデートされたソフトウェアの一部の機能は動作しません。オペレーティング・システムをアップデートすることで、最悪のシナリオでは、PC のパフォーマンスが遅くなることもあります」 現状、2 年ごとに PC ハードウェアをアップグレードしていても、十分とはいえないこともあります。Martino 氏は次のように締めくくっています。「基本的に、最先端のテクノロジーを利用したければ、最先端のハードウェアを確実に入手したほうがよいということです」8

主要なハードウェア・コンポーネントの詳細 ›

処理能力を向上するには更新が必要

処理能力はどのくらい必要ですか? 第 8 世代インテル® Core™ i5 プロセッサー・ファミリーとインテル® Optane™ メモリーを搭載した最新のコンピューティング・デバイスでは、5 年以上前の PC に比べて、日常的なタスクの応答性が最大 2.5 倍向上し9、大容量メディアファイルの読み込みが最大 3.8 倍高速化します。10

第 8 世代インテル® Core™ i5 モバイル・プロセッサー U シリーズを搭載している 2 in 1、ノートブック PC、薄型軽量 PC などのモバイルデバイスならば、ウェブ・パフォーマンスは最大 1.8 倍11、全体的なシステム・パフォーマンスは最大 2 倍向上します。12

従業員の生産性と最新のビジネス・アプリケーションの処理能力を最大化できるよう、PC ハードウェアをアップグレードする時期を迎えているかどうか、信頼できるパートナーにご相談ください。実現可能なコスト削減と生産性向上が、現在所有している PC の耐用年数を無理に伸ばそうとして発生する隠れたコストをはるかに上回ることも考えられます。13

最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した小規模ビジネス向け PC の購入 すべてを表示

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した人気の高い小規模ビジネス向け PC をご覧ください。

Gigabyte AERO 15 KB-7JP1130SH

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 16 GB メモリー
  • 2 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

Acer Aspire 5 A515-54-72J7

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 8 GB メモリー
  • 1.9 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

DELL G7 7700

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 16 GB メモリー
  • 3.29 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

MSI Prestige 15 A10SC-272JP

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 32 GB メモリー
  • 1.6 kg 重量
  • Windows 10 Pro オペレーティング・システム
今すぐ比較する

Acer PH315-53-72XD

  • 第10世代 Intel® Core™ i7プロセッサ プロセッサー
  • 512 GB 容量
  • 16 GB メモリー
  • 2.5 kg 重量
  • Windows 10 Home オペレーティング・システム
今すぐ比較する

免責事項

1

従業員がコンピューターの起動に 1 年当たり最大で 11 時間を費やしているとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。起動は 1 営業日に 1 回とし、平均起動時間は 5 年を超えて使用している PC の起動にかかる時間に関するアンケート回答の平均値としました。これに基づいて試算すると、使用期間が 5 年を超える PC は、1 年当たりおよそ 11 時間を起動に費やしていることになります (起動時間 4.07 分 X 週 5 日 X 年 52 週間 / 60 (時間に換算) X 使用率 67%、つまり 4.07 X 5 X 52 / 60 X .67 = 11.8)。この統計値およびレポート全体については、こちらをご覧ください。

2

「5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性が 29% 低下するおそれがある」とする記述は、アンケート回答者が 5 年以上前の PC の使用に起因すると推定した生産性低下率に、同じくアンケート回答者が推定した従業員 1 人当たりの PC の平均使用時間を掛けて算出しました。この統計値およびレポート全体については、こちらをご覧ください。

3

5 年以上前の PC を使用している場合、そのコストは 1 台当たり年間で最大 17,000 ドルに上るおそれがあるとする記述は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。アンケートの回答に基づく試算によると、5 年以上前の PC を使用している場合、従業員の生産性は最大 29% 低下するおそれがあります。推定損失額は、従業員の平均年収を 60,000 ドルとした場合、年間 17,000 ドルに上ります。この統計値およびレポート全体については、こちらをご覧ください。

4

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況によって異なる可能性があります。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

5

統計値は J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により、2018 年にウェブベースで実施したアンケート調査の結果に基づきます。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における 小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。調査の詳細については、こちらをご覧ください。

6

J. Gold の調査結果は、J.Gold Associates, LLC がインテルの委託により 2018 年にウェブベースで実施したアンケートの結果に基づいています。この調査は、古い PC の使用に関する課題とコストの評価を目的として、16 カ国 (オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国) における小規模企業の代表者 3,297 人を対象に行われました。 J. Gold のレポートによると、 故障が 1 回発生するたびに、保証期間内の PC は 1,070 ドル、保証期間外の PC は 1,525 ドルのコストを企業が負担しなければならないとされます。上で算出した故障コストに基づいて (1 年目の PC は保証期間内、それより古い PC は保証期間外と仮定した上で) ユーザー当たりの年間コストは次の式から導かれます。コスト = 43.42% (平均故障率) x 1,525 ドル (保証期間外の故障コスト) x 1 (質問 2 の使用時間)

7

従業員 1 当たりのマルウェア攻撃やデータ侵害のコストは、次の式で算出できます。35,745 ドル (従業員 1 人当たりのコスト) = 34.47% (被害に遭ったことがある割合) × 103,705 ドル (平均の被害額)。

8

Inc.Intel View 「How to know when to update your hardware」(2018年8月14日)。

9

パフォーマンス実績は、2018年3月2日に実施したテストに基づくものです。現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。第 8 世代インテル® Core™ i5 8400 プロセッサー (インテル® Optane™ メモリーモジュール 16GB 搭載) と、インテル® Core™ i5-3330 プロセッサー (HDD のみ) で SYSmark* 2014 SE を実行し、それぞれの応答性サブスコアを比較。

10

パフォーマンス実績は、2018年3月2日に実施したテストに基づくものです。現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかが変更されると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。第 8 世代インテル® Core™ i5 8400 プロセッサー (インテル® Optane™ メモリーモジュール 16GB 搭載) と、インテル® Core™ i5-3330 プロセッサー (HDD のみ) でメディア・プロジェクト読み込みワークロードを実行し、それぞれの測定値を比較。

11

パフォーマンス実績は、2018年8月10日に実施したテストに基づくものです。現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかが変更されると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks/ (英語) を参照してください。第 8 世代インテル® Core™ i5-8265U プロセッサーでは、ウェブ・パフォーマンスが 5 年前の PC に比べて最大 1.8 倍向上。第 8 世代インテル® Core™ i5 U シリーズ・モバイル・プロセッサーのみに該当。インテル® Core™ i5-8265U プロセッサーとインテル® Core™ i5-4200U プロセッサーで WebXPRT* 3 を実行し、それぞれの測定値を比較。

12

パフォーマンス実績は、2018年8月10日に実施したテストに基づくものです。現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかが変更されると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、www.intel.co.jp/benchmarks(英語) を参照してください。第 8 世代インテル® Core™ i5-8265U プロセッサーでは、システム全体のパフォーマンスが 5 年前の PC に比べて最大 2 倍向上。第 8 世代インテル® Core™ i5 U シリーズ・モバイル・プロセッサーのみに該当。インテル® Core™ i5-8265U プロセッサーとインテル® Core™ i5-4200U プロセッサーで SYSmark* 2014 SE を実行し、それぞれの総合スコアを比較。

13

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかが変更されると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks/ (英語) を参照してください。記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況によって異なる可能性があります。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。