複数のタイプのPOSでシームレスなエクスペリエンスを提供

顧客側と企業側の両方のニーズに合った革新的なPOSシステムで顧客に迅速にサービスを提供し、関係を深めます。

インテル® Core™ およびインテル Atom® プロセッサーを搭載したPOSシステムはシームレスなパフォーマンスを提供して生産性を高め、カスタマーエクスペリエンスを向上させます。

POSシステムは、いつでもどこでも必要な時にサービスに対する消費者の要望と好みを満たすように進化してきました。しかし、多くの種類のPOSシステムの中からどれを選択したらいいのでしょうか。選択をするために、各フォームファクターの利点に精通し、ビジネスアクティビティと顧客のシームレスなエクスペリエンスをサポートするために何が必要とされているかを考慮してください。

最新のフォームファクターは広範に及びます。従来型の店舗のカウンターに設置されているオールインワン(AIO)システムがあります。 注文を受け、レストランで代金を請求するために使用するタブレットPOSもあります。 そして、人を介さずに取引を完了できるセルフサービス・キオスクPOSもあります。これらのタイプのPOSシステムは、オンラインPOSから実店舗、またその両方が混在した環境など、様々な環境下でトランザクションを管理します。混乱を避けるための鍵は、あらゆるタイプのPOSで実行される統一されたオペレーティングシステムです。

すべてのフォームファクターはターミナルPOSシステムの基本を共有しています。POS端末はハードウェアとソフトウェアを組み合わせて、あらゆる形式(現金、クレジット、デビット、モバイルウォレット)で代金の支払いを受け取り、処理する電子デバイスです。POS端末はレシートの印刷、デジタルレシート、またはレシートなしのオプションも提供します。

また、システムが実行される場所(オンプレミスPOSまたはクラウドPOS)についても考慮してください。オンプレミスPOSは内部ネットワークとローカルサーバーを備え、カスタマイズされたレガシーシステムを使用する傾向にあります。ただし、eコマースへの移行に伴いクラウドPOSシステムの人気が高まっています。クラウドベースのPOSを使用すると、インターネット接続があればどこからでもプラットフォームにアクセスでき、リモートアクセス、スケーラビリティ、およびアップデートが簡単という利点があります。どちらの方法でも、POSソフトウェアはビジネスで在庫を追跡し、在庫レベルを更新し、プロモーション・コミュニケーションを送信し、ロイヤルティプログラムを実行できるようにするデータを収集します。

最新のPOSフォームファクタにより、顧客は店員の関与に関係なく必要な方法で代金の支払いを完了できます。

デスクトップPOS

デスクトップPOSシステムは通常、PC上で実行され、バーコードスキャナー、クレジットカードリーダー、レシートプリンター、キャッシュドロワーなどの周辺機器に接続して、企業がすべてのトランザクションタスクを処理できるようにします。他のアプリと統合することにより、POSシステムはマーケティングや会計などの重要なビジネス活動に関する貴重な洞察を提供することもできます。

デスクトップPOSの寿命は通常、テクノロジーの更新が必要になるまでの7〜10年程度です。フォームファクタの更新時期はソフトウェアの更新時期と同じであることが多くなっています。モバイルPOSはデスクトップに取って代わるものではありませんが、小売業、銀行業、ホスピタリティなどのさまざまな業界で特に人気のある補完的なフォームファクタです。

モバイルPOS

モバイルPOS(mPOS)システムでは、タブレットなどのモバイルデバイスがPOS端末として機能します。タブレットPOSシステムは必要な先行投資が少ないため、特に人気があります。また、エンドポイントでPOSソフトウェアのみを実行するスキャナーとカードリーダーを備えたシンクライアントを使用することもできます。トランザクション自体はインストアサーバーまたはデスクトップで処理されます。

mPOSシステムは小売店のカウンター、フロントデスク、または他のPOS端末と同様に複数のハードウェア周辺機器に接続できます。最も重要な利点はその携帯性です。これにより、販売員がフロアを歩き、顧客と対面し、アドバイスを行い、どこでも代金の支払いを行える小売環境がある場所で人気が高まっています。また、レストランではサーバーがmPOSシステムを介して注文を受け、デジタルでキッチンに送信し、正確な請求書を顧客に提示することができます。

オールインワン(AIO)POS

オールインワン(AIO)POSシステムにはタッチスクリーンモニターを備えたPCが組み込まれています。これらは複数の機能を提供しており、機能と外観について高い基準を満たしています。これらのシステムにはスキャナー、スケール、カードリーダー、レシートプリンターなどの周辺機器と簡単に統合できるように設計されたPOS端末が含まれます。ベンダーはさまざまなソフトウェア・ソリューションを実装し、単一のシステムから複数のPOSロケーションを実行できます。

セルフチェックアウトPOS

セルフチェックアウトPOSおよびセルフサービス機能は、食料品店や倉庫、クイックサービス・レストラン、銀行、およびホテルでよく見られるシステムと共にますます普及しています。セルフチェックアウト・システムが急増するにつれて、スキャンされる製品が仮想バスケットに表示される製品と一致することを確認するために、人工知能を搭載したカメラなどの技術が組み込まれていくものとみられます。コンピュータービジョンは精度を確保し、盗難、詐欺、在庫の損失を減らします。

セルフサービス・キオスクPOSシステムはセルフチェックアウトのサブセットであり、特定のビジネスニーズに対応します。例えば、映画館ではキオスクを設置してチケットを販売したり、都市ではキオスクでトランジットパスやパーキングパスを販売したりすることができます。デパートのキオスクでは顧客は製品の在庫と価格を調べることができます。これらには他のPOSシステムと同じハードウェアとソフトウェアが必要ですが、スタッフがいない状態でも顧客とのやり取りに耐えられる堅牢性が必要です。

進化するPOSソリューション

POSシステムは成熟するにつれて、ビジネスニーズと顧客の要求に合わせて劇的に変化していくでしょう。ソリューションは物理的ではない場合があります。AmazonGo* ストアのPOSシステムはカメラ、センサー、人工知能を使用して、購入者に物理的なチェックアウトが必要ない形の前例のない利便性を提供します。エクスペリエンスは、Amazon Goアプリのダウンロードからストアへの入店、商品の受け取り、退店までスムーズに流れます。

詳細については、POSシステムの将来およびインテル® のテクノロジーが消費者向けにパーソナライズされたシームレスなエクスペリエンスをどのように形成するのかをお読みください。

POSのその他のリソース

インテルとパートナーは最適化されたプロセッサー、アクセラレーター、ストレージ、接続性、ソフトウェアを使用して、デスクトップからモバイル、セルフサービス・キオスクまで、あらゆるPOSフォームファクタをサポートしています。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

高速で最高のパフォーマンスを発揮する次世代デスクトップおよびラップトップ上のPOSシステムを推進します。

プロセッサーについて調べる

Intel Atom® プロセッサー

mPOSデバイスが高速で起動し、長時間動作し、高解像度の4Kマルチメディアをサポートするようにします。

詳しくはこちら

Intel vPro® プラットフォーム

Intel vPro® プラットフォーム上のインテル® Core™ プロセッサーでリモート管理およびセキュリティ機能を有効にします。

詳しくはこちら

キオスクソリューション

ビジネスの視覚的な未来を形作るインテル® のテクノロジーを備えたキオスクソリューションをご覧ください。

キオスクについて詳しく知る

免責事項および通知

インテル® のテクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、https://www.intel.co.jp 参照してください。

インテルは明示されているか否かにかかわらず、商品適格性、特定目的への適合性、および非侵害性に関する黙示の保証、ならびに履行の過程、取引の過程、または取引での使用から生じるあらゆる保証を含み、かつそれらに限定されないいかなる保証もいたしません。

最適化に関する注意事項: インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサーに同様の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令などの最適化が該当します。インテルは他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用可能性、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサーに依存した最適化は、インテル® のマイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® のマイクロアーキテクチャーに限定されない最適化の中にも、インテル® のマイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。注意事項の改訂 #20110804

Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の名称、ブランド名などは各社が知的財産権を主張している場合があります。© Intel Corporation.