IoT および組込み機器向けプロセッサー

インテルのエッジ対応コンピューティングおよび接続テクノロジーのポートフォリオを活用して、エッジ・アプリケーションを迅速に展開します。IoT 向け機能の強化により、エッジでの処理が可能となり、コンピューティング・リソースで得られるデータから、お客様が最も必要とする重要なインサイトとビジネス価値を引き出します。

IoT および組込み機器向けプロセッサー

告知および免責事項 2 3 4 5 6 7

免責事項

1

出典: インテル。記述は、インテル® Pentium® J4205 プロセッサーを前世代として使用し、a) プリシリコン予測による SPEC CPU 2006 基準の推定および b) プリシリコン予測による 3DMark11 の推定に基づいたものです。

システム構成:

性能の測定結果は、2020年9月1日時点の予測にもとづいています。

プロセッサー: インテル® Pentium® J6425 プロセッサー PL1=10W TDP、4C4T ターボ最大 3GHz

グラフィックス: インテル® グラフィックス (第 11 世代グラフィックス)

メモリー: 16GB LPDDR4-3200

OS: Windows* 10 Pro

コンパイラー・バージョン: IC18

プロセッサー: インテル® Pentium® J6425 プロセッサー PL1=10W TDP、4C4T ターボ最大 2.60GHz

グラフィックス: インテル® グラフィックス第 9 世代 gfx

メモリー: 16GB LPDDR4-2400

OS: Windows* 10 Pro

コンパイラー・バージョン: IC18

性能の数値はプリシリコン予測であり、変更されることがあります。記述された結果は、今後の追加テストの実施に伴って改訂される場合があります。この結果は、テストに使用されたプラットフォーム構成とワークロードに依存するものであり、ユーザー・コンポーネント、コンピューター・システム、ワークロードによっては該当しない場合があります。結果は、必ずしもほかのベンチマークを代表するものではありません。

2

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

3

絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

4

コストと結果は状況によって変わります。

5

インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。

6

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.co.jp/PerformanceIndex を参照してください。

7

性能の測定結果は構成情報に記載された日付時点のテストに基づくものです。また、公開中のすべてのアップデートが適用されているとは限りません。構成の詳細については、補足資料を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。