開発者の方ですか?

インテル® デベロッパー・ゾーン (Intel® DZ) で、AI およびビジョン向けの基本ソフトウェアを使用して生産の実現を加速します。1

ソフトウェアを検索 ›

OpenVINO™ ツールキットをダウンロード ›

未来のテクノロジーが今ここに

ビジネスの現場を観察すると多くのことが分かります。例えば、店舗内を顧客がどう移動しているか、どの商品をチェックしているか、製品ラインのどこが停滞しているか、どの在庫を補充する必要があるかなどです。といっても、ビジネスの現場を人間が常時観察するというわけにはいきません。コンピューター・ビジョンの出番です。

インテル® テクノロジーには、企業が今すぐ現場に導入できるビジョン・ソリューションがあります。今後の使用事例にも対応できる柔軟性も備えています。企業はその規模の大小を問わず、コンピューター・ビジョンを使って、エッジデバイス (カメラなど)、エッジサーバー、クラウドで AI を活用できます。

コンピューター・ビジョンの概要

コンピューター・ビジョンは、カメラ、エッジ・コンピューティング、クラウドベースのコンピューティング、ソフトウェア、人工知能 (AI) を併用し、システムが物体を「識別して」特定するためのものです。インテルには、汎用処理用の CPU、コンピューター・ビジョン用の CPU、高速化のためのビジョン・プロセシング・ユニット (VPU) など、AI を実現するテクノロジー・ポートフォリオが豊富にあります。コンピューター・ビジョン・システムは、さまざまな環境で役立ちます。物体や人物を瞬時に認識し、オーディエンス統計情報を分析し、製品を検査するといったことが可能です。

コンピューター・ビジョンはディープラーニングを利用して、画像処理や分析においてシステムをガイドするニューラル・ネットワークを形成します。インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットに含まれているなど、畳み込みニューラル・ネットワーク (CNN) 技術は、画像の分類と物体検出のディープラーニング・推論を可能にします。コンピューター・ビジョン・モデルを十分に調整すれば、物体の識別、人物の検出と認識、動きの追跡さえ可能です。

免責事項

インテルは人権を尊重し、人権侵害の発生を回避するように尽力しています。詳しくはインテルの世界的人権主義をご覧ください。インテルの製品とソフトウェアは、国際的に認められている人権を侵害しない、または侵害の原因とならないアプリケーションに使用することを目的としています。

インテルのテクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。

© Intel Corporation

免責事項

1インテル® ソフトウェア製品のパフォーマンスと最適化に関する詳細については、https://software.intel.com/sites/products/documentation/doclib/daal/daal-user-and-reference-guides/daal_cpp_api/opt_notice.htm を参照してください。