コンピューター・ビジョンの概要

コンピューター・ビジョンは、人工知能を使って物体を識別し、ビジュアル情報を解釈するテクノロジーで、カメラ、エッジサーバー、クラウドに導入します。

開発者の方ですか?

インテル® デベロッパー・ゾーン (インテル® DZ) に配置された、AI およびビジョン用の基本ソフトウェアを使い、開発期間を短縮します。

ソフトウェアを検索 ›

OpenVINO™ ツールキットをダウンロード ›

未来のテクノロジーが今ここに

ビジネスの現場を観察すると多くのことが分かります。例えば、店舗内を顧客がどう移動しているか、どの商品をチェックしているか、製品ラインのどこが停滞しているか、どの在庫を補充する必要があるかなどです。といっても、ビジネスの現場を人間が常時観察するというわけにはいきません。コンピューター・ビジョンの出番です。

インテル® テクノロジーには、企業が今すぐ現場に導入できるビジョン・ソリューションがあります。今後の使用事例にも対応できる柔軟性も備えています。企業はその規模の大小を問わず、コンピューター・ビジョンを使って、エッジデバイス (カメラなど)、エッジサーバー、クラウドで AI を活用できます。

コンピューター・ビジョンの概要

コンピューター・ビジョンは、カメラ、エッジ / クラウドベースのコンピューティング、ソフトウェア、人工知能 (AI) を併用し、物体を識別して特定します。インテルには、汎用処理用の CPU、コンピューター・ビジョン用の CPU、高速化のためのビジョン・プロセシング・ユニット (VPU) など、AI を実現するテクノロジー・ポートフォリオが豊富にあります。コンピューター・ビジョン・システムは、さまざまな環境で役立ちます。物体や人物を瞬時に認識し、オーディエンス統計情報を分析し、製品を検査するといったことが可能です。

コンピューター・ビジョンはディープラーニングを利用して、画像処理や分析においてシステムをガイドするニューラル・ネットワークを形成します。コンピューター・ビジョン・モデルを十分に調整すれば、物体の識別、人物の検出と認識、動きの追跡さえ可能です。

あらゆる場所にインテリジェンスを

エッジ・コンピューティングとクラウド・コンピューティングを併用すれば、最も価値のある位置にアプリケーションを動的に移動する仕組みを作ることができます。

エッジ・コンピューティングを確認 ›

クラウド・コンピューティングを確認 ›

コンピューター・ビジョンの使用事例

現在のコンピューター・ビジョン・システムは、メーカーから小売業、金融まで、さまざまな業界に対応しており、エッジで AI を利用および拡張できます。現在のコンピューター・ビジョン・システムの主な機能は、物体の検出、物体の認識、物体の分類です。

AI およびコンピューター・ビジョンの成功事例

AI およびコンピューター・ビジョンのテクノロジーおよび機能は常に変化しています。OpenVINO™ ツールキットのインテル® ディストリビューションを使った成功事例をご紹介します。

詳細情報

スマートシティー向けコンピューター・ビジョン

スマート・シティー・テクノロジーを使うと、街から映像を集めることができるため、都市の運用でよりスマートな意思決定ができます。

動画を見る

マシンビジョン

このタイプのコンピューター・ビジョンは、機器の監視や予測メンテナンスなどにより、業務用 IoT および自動化を高度化できます。

詳しくはこちら

小売店における買い物客の行動分析

コンピューター・ビジョンを使うと、どの商品をどこに配置すればよいか、商品をいつ補充すればよいか、買い物客が店内をどう移動しているかを把握できます。

詳細

物体の検出と認識

このような機能を使えば、車両を追跡し、信号機の切り替わるタイミングを調整することで渋滞を緩和できます。メーカーは不具合を見つけ、小売店は在庫管理を改善できます。

ロボットによるプロセスの自動化

コンピューター・ビジョンを使い、非常に高い精度で繰り返し正確に作業するようにロボットに指示すれば、機械で特殊な機能を実行できます。

不正検出

ATM にコンピューター・ビジョンを組込めば、顔認識によってセキュリティー認証を強化できます。口座を不正使用しようとする人がいたら検知できます。

インテル® ビジョンのポートフォリオ

ビジョン用のエッジ AI ソリューションを、必要な場所に正確に配置すれば、リアルタイムに応答し、詳細な情報を迅速に入手できます。

ハードウェアを自由に組み合わせられる柔軟性

インテル® アーキテクチャーにより、データセンターとエッジの間でコンピューター・ビジョンを柔軟に分割利用できます。インテルには堅牢なハードウェア・ポートフォリオがあります。パフォーマンス、価格、パワーを自由に組み合わせることで、あらゆる市場の実質的にどのような使用事例のニーズにも対応できます。

ポートフォリオを確認する

ソフトウェアを使って開発期間を短縮

開発を効率化し、複数の種類のコンピューティングと使用事例に用途を拡張できるソフトウェアを使うことで、プロトタイプから製品まで、作業時間を短縮できます。

ソフトウェアを検索

エコシステム・イネーブルメント

インテル® AI: In Production エコシステムで重視しているのは、導入の複雑さを軽減し、パートナー企業の AI 製品をプロモーションし、コミュニティーのパートナー企業同士を結びつけ、インテルのパートナープログラム (AI 向けソリューションのエッジへの導入と拡張に役立ちます) と統合することです。

エコシステムにアクセスする

通知と免責事項

インテル® のテクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対に安全な製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

Intel、インテル、Intel ロゴ、およびその他の Intel のマークは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。

© Intel Corporation