インテル IoT プラネット

インテルによる新しいバーチャル・イベント・スペース「インテル IoT プラネット」は、インテルやパートナー企業が展開する IoT ソリューションについて、導入の相談やイノベーションの提案といった商談をオンラインで直接行う機会を提案する「インテル IoT Meet UP」を開催いたします。イベント当日には、インテルのパートナー事業に関するセミナーも開催いたします。

「インテル IoT Meet UP」

開催日: 2021年10月27日 (水)

通常のオンラインセミナーでは難しい、自社の課題についてのちょっとした相談や具体的な商談へのきっかけとして、ご活用ください。

「インテル IoT プラネット」についての詳細はこちら

インテル IoT プラネットへ (事前登録制)

インテル データ・セントリック・ イノベーション・デイ 2021
オンデマンドで配信中

Performance made flexible.

今年オンラインで開催した「インテル データ・セントリック・ イノベーション・デイ 2021」では、インテルが提唱する「DcX (データ・セントリック・トランスフォーメーション)」を実現するための、第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーをはじめとする、インテルのデータセンター向けの最新製品情報と、それを活用したパートナー企業による新製品やソリューション情報、最新の導入事例などをご紹介しました。
イベントで実施した多数のオンラインセッションをオンデマンドでご覧いただけます、講演を見逃した方や見返しにぜひご活用ください。

オンデマンド配信中

イベントサイトはこちら (事前登録制)

コンピューター・ビジョンを開発する

インテル® Developer Zone では、開発期間を短縮し迅速な市場投入を可能にする AI やコンピューター・ビジョンを開発するための開発ツールやソフトウェア、リソースに関する情報を確認できます。1

インテル® Developer Zone へ ›

OpenVINO™ ツールキットをダウンロード ›

これからのビジネスを支えるテクノロジー

ビジネスの現場を観察し分析することで多くの事が分かります。小売業であれば、店舗内にいる顧客の導線や、どの商品をチェックしていて、在庫を補充する必要がある商品はどれか。製造業であれば、生産ラインで停滞している箇所や異常を示している機会はどれかなどです。しかし、すべての現場を人間が常に観察するのは現実的ではありません、それを可能にするのがコンピューター・ビジョンです。

インテルは、あらゆる規模や分野の企業がすぐに現場へ導入することができるビジョン・ソリューションを提供しています。さまざまなユースケースに対応可能な柔軟性を備えている、インテル® テクノロジーによるコンピューター・ビジョンは、あらゆる企業にカメラやセンサーといったエッジデバイスから、エッジサーバー、クラウドまでのあらゆる場所に、AI を使用したインテリジェンスなビジョン・ソリューションを実現します。

コンピューター・ビジョンの概要

コンピューター・ビジョンは、カメラ、エッジ / クラウドベースのコンピューティング、ソフトウェア、AI を併用して、物体の識別や特定を行います。コンピューター・ビジョンは、AI のディープラーニングを利用して、画像処理や分析でシステムをガイドするニューラル・ネットワークを形成します。このコンピューター・ビジョンによる学習モデルを十分に調整すれば、物体の識別、人物の検出と認識、動きの追跡も可能です。物体や人物の瞬時での識別や、オーディエンス統計情報の分析、製品の検査など、コンピューター・ビジョンを利用したシステムは、さまざまな環境で役立ちます。

インテルは、汎用処理用の CPU、コンピューター・ビジョン用の CPU、高速化のためのビジョン・プロセシング・ユニット (VPU) など、インテリジェンスなコンピューター・ビジョンを実現する豊富なテクノロジー・ポートフォリオを提供しています。

第 3 回 OpenVINO™ ツールキットを使用した開発コンテスト結果発表

今年で第 3 回目となる開発者による独自の発想をカタチにすることの支援を行うことを目的に、インテルが提供している無料の OpenVINO™ ツールキットを使用したソリューションを募集した「第 3 回 OpenVINO™ ツールキットを使用した開発コンテスト」の審査結果を発表いたしました。多数の応募の中からどのソリューションが選ばれたのか、ぜひご確認ください。

受賞ソリュ―ションを見る

OpenVINO™ ツールキット セミナー / ワークショップ

インテルが提供する CPU、内蔵 GPU、インテル® FPGA、インテル® Movidius™ VPU などのさまざまなハードウェアでディープラーニング推論をより高速に実行するためのソフトウェア開発環境 / ライブラリー・スイートである OpenVINO™ ツールキットを学んでいただくためのオンライン・トレーニングです。サンプルプログラムを使用したデモとともに、OpenVINO™ ツールキットを活用したアプリケーション開発について分かりやすく解説します。AI を使用したアプリケーション開発を考えている方は、ぜひご参加ください。

参加対象者: ディープラーニングでのアプリケーション開発を目指すソフトウェア開発者

費用: 無料 (要事前登録)

オンライン・トレーニングのチラシはこちら ›

OpenVINO™ ツールキット セミナー / ワークショップお申込み

エッジ・コンピューティングからクラウド・コンピューティングまで

エッジ・コンピューティングとクラウド・コンピューティングを併用すれば、最も価値のある位置にアプリケーションを動的に移動する仕組みを作ることができます。

エッジ・コンピューティングの詳細はこちら ›

クラウド・コンピューティングの詳細はこちら ›

OpenVINO™ ツールキットが 1 からわかるビデオセミナー

インテル® ビジョン・プロダクトにおいて、エッジからクラウドまで AI とコンピューター・ビジョンを活用したアプリケーションを開発できる、OpenVINO™ ツールキット。このビデオセミナーでは、ツールの導入開始から実際の開発におけるノウハウまで、インテルのエキスパートが分かりやすく解説します。

これからOpenVINO™ ツールキットで開発を始める方も、すでに開発したことがある方も必見のセミナーです、ぜひご覧ください。

ビデオセミナーを見る

免責事項

1 インテル® のソフトウェア製品の性能と最適化の選択肢に関する詳細については https://software.intel.com/sites/products/documentation/doclib/daal/daal-user-and-reference-guides/daal_cpp_api/opt_notice.html を参照してください。