リテールにおける人工知能

小売業界における AI は顧客体験の向上、正確な予測、在庫管理の自動化を可能にします。

リテールにおける AI の概要:

  • AI は複数のリテールシステムを連携させ、顧客体験や予測、在庫管理などの最適化を実現します。

  • コンピューター・ビジョンなどの AI テクノロジーは、今までにないインテリジェンスをほぼリアルタイムで実店舗にもたらしています。データは同じであっても、クラウドで分析することで、さらなるビジネス上の見識をもたらすことができます。

  • インテル® テクノロジーは広範囲にわたる AI 機能を提供していますが、この中にはインテリジェント・ディスプレイ広告、スマートシェルフ、エンドレスアイル・キオスク、高度な在庫コントロール、スマート・セルフ・チェックアウト POS などが含まれます。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

人工知能 (AI) が小売業界を刷新します。コンピューター・ビジョンによるリアルタイムのプロモーションのカスタマイズから、マシンラーニングによる在庫管理の最適化まで、小売業者は AI を駆使してお客様とのつながりを進化させ、より効率的な運営を実現させています。インテル® テクノロジーは、実店舗のエッジからクラウドまで、あらゆる面でリテールの AI を強化します。

激しい競争を迎えたこの時代に、i一歩先を行く小売店であるためには、無駄と非効率を業務から排除し、同時にこれまで以上に顧客への対応が求められます。膨大な量の収集データを有効に活用するには、高度なインテリジェンスが必要です。

リテールにおけるデジタル変革は、ネットワーク化にとどまりません。データを有用な情報に変換し、成果を飛躍的に向上させるために活用することです。リテールにおける AI は、マシンラーニングとディープラーニングを含めて、このような有用な情報、洞察を生む鍵です。特に小売業者にとって、AI は驚くような顧客体験、収益拡大のチャンス、迅速なイノベーション、スマートな運営につながり、競合他社との差別化に役立ちます。

多くの小売業者は、すでに業務の一部に AI を採用しています。CRM ソフトウェアを使用してマーケティング活動を自動化したり、予測分析により特定の商品を購入する可能性の高いお客様を特定したり、用途はさまざまです。さらに、クラウドが多種多様なソースからの大量のデータの保存と処理に必要とされる AI ワークロードを可能にします。クラウドのリテール・ワークロードの例としては、需要予測のマシンラーニングとオンラインでのおすすめの商品の提案が挙げられます。

また、店舗内で AI を稼働させることには利点があります。リテールにおけるエッジ・コンピューティングは、有用な情報の触媒として機能します。大量の生データを集計して、価値ある実用可能な情報に変換するのです。例えば、自動的に在庫を補充する棚卸ロボット、目の前のお客様に合わせた情報を表示するデジタルサイネージ、お客様の移動パターンを認識してクロス販売やアップセールスのチャンスを教えてくれるセンサーなど、可能性はさまざまです。

リテールでは、コンピューター・ビジョンという特別な種類の AI ディープラーニングの採用が実店舗に広がっています。コンピューター・ビジョンとは、認識を必要とする対象を「見て」、視覚的データを解釈するものです。このテクノロジーを活用した、顧客体験、需要予測、在庫管理における新たなリテールの使用事例も導入が始まっています。

利便性と個人化を進化させる顧客体験

小さなブティックか世界中に店舗を持つ大型販売店かにかかわらず、小売業者はお客様にとって便利で楽しく、個人のニーズに対応できるショッピング体験を提供するために努力を続けています。欲しいものがすぐ見つかり、必要なときにはサポートが得られ、迅速に清算会計できることが大切です。AI は各タスクを合理的かつ効率的にすることで、より満足度の高い顧客体験を実現しています。

例えば、お客様は POS 端末に付着した細菌を懸念しているかもしれません。それが、一切の接触なく会計を終えることができるとしたらどうでしょうか。コンピューター・ビジョンでは、お客様の買い物かごの中のアイテムを正確に「見る」ことで、これを実現します。

コンピューター・ビジョンが搭載されたデジタルサイネージでも、お客様のエンゲージメントを測定し、利用者に訴えかける広告をリアルタイムで提供できます。

リテールのエッジからクラウドまで、AI はお客様個人に特化したパーソナルなショッピング体験を提供するチャンスとなります。POS システムは、購入したアイテムに関するデータを収集し、これを元に特定のお客様に新しいおすすめ商品ラインを作成します。デジタルサイネージは、どのようなタイプのお客様がどんなタイミングで購入するかデータを収集し、商品プロモーションについて、的確なマーチャンダイジングの決定を下すことができます。これが正確なセグメンテーションを実現し、お客様の購入パターンと好みに符合する顧客体験提供につながります。

需要予測とマーチャンダイジング

お客様の行動とトレンドに関する理解が深まると、より的確に需要を予測し、最適な商品を用意することができます。AI は小売業者による需要予測の向上、的確な価格設定、商品配置の最適化を支援します。その結果、お客様が欲しいと思う商品を、最適なタイミングと場所で提供できるようになります。予測分析では適度な量の在庫を発注できるようになるので、店舗で在庫不足や過剰在庫に陥ることがありません。AI はさらに、オンラインの販売チャネルのデータも追跡できるので、情報に基づいて e コマースの戦略を向上させることができます。

リテールのエッジでは、顧客の購入意図を認識し、それに基づいて買い物客の一連の動きを最適化する新しいタイプの AI も登場しています。その例の 1 つが店舗内のヒートマッピングです。カメラとコンピューター・ビジョンを組み合わせ、多くのお客様が手に取っている商品、買わずに戻されている商品、ある陳列棚を離れてから向かった場所などの情報を明らかにします。この情報を利用することで、商品のエンゲージメントを促進し、欲しい情報を提供するようなショッピング体験を作り上げることが可能になります。

リテールの売上収益は重要業績評価指標の 1 つですが、販売不振の詳細分析が行われることはあまりありません。視覚分析とトランザクションのデータを組み合わせることで、各店舗の買い物客が多いときと少ないときの売上成績に対する知見を得ることができます。

在庫管理の自動化

在庫を適正な状態に維持することは、小売業者にとって大きな課題です。業務の多くを連携させて AI を活用することで、小売業者は店舗、買い物客、商品を包括的に確認して在庫管理に役立てています。

インテルの応答性の高いリテール・テクノロジーにより、各種センサー、カメラ、その他から情報を収集して処理することが可能になります。このプラットフォームは分断された個々のテクノロジーをつないで、データのサイロ化を解消するよう設計されており、サードパーティーが提供するセンサーやソフトウェアを幅広くサポートします。

もう 1 種類の AI 在庫管理では、スマートシェルフを使用して在庫切れおよび価格の間違いを素早く特定できます。棚卸ロボットは店員に少なくなった商品や誤った場所に置かれた商品について知らせ、在庫を常に最新状態にして管理できます。さらに、コンピューター・ビジョンに対応したチェックアウト POS システムで、実質的な商品の喪失を減らすことができます。結果として小売業者は店舗の運営効率を高め、店舗のスタッフは、お客様により良いショッピング体験を提供することに注力できるようになります。

インテルはリテールのエコシステムと協力して、AI 搭載の統合ソリューションを提供して現実の問題を解決しています。

リテールにおける AI 向けインテル® テクノロジーおよびプラットフォーム

インテル® テクノロジーは、リテールの世界で新しい画期的な分析と AI のユースケースを数多く実現しています。

  • インテリジェント・ディスプレイ広告では、AI による推論を使用してお客様のエンゲージメントと関心への理解を深めます。見ている買い物客に合わせてコンテンツを調整できます。
  • スマートシェルフは即座に商品の在庫状況を確認できるので、迅速な補充が可能になります。
  • エンドレスアイル・キオスクでは、他の店舗に商品がないかお客様が自分で確認できます。また、クロス販売やアップセールス実施のチャンスともなります。
  • スマート・セルフチェックアウト POS システムはポイントカードやクーポンにも対応し、スマートフォン経由の支払いも可能です。セルフチェックアウト POS に組み込まれたビデオ解析では、商品のバーコードがない時や読み取れない時に、商品の種類を特定できます。
  • 音声とジェスチャーに反応するタッチレスキオスクや、買い物客と対話できるサービスロボットなど、従来にはなかったリテール・ソリューションにより人や物に接触することなく買い物ができるようになります。

インテルは、迅速かつ低コストで導入可能な AI 搭載統合ソリューションを提供すべく、小売業界のエコシステムにおけるイノベーターと提携しています。これらのパートナー・ソリューションは、エッジのコンピューター・ビジョンからクラウドのマシンラーニングまで、インテルの広範囲にわたる AI 機能に適用されます。インテルのパートナー・エコシステムを通じて検証済みのソリューションを見つけるには、インテル® ソリューション・マーケットプレースをご覧ください。

また、インテルのEdge Insights for Retail (リテール向けエッジインサイト) プラットフォームでは、リテールのエッジからデータを収集し、究極の利便性、高いエンゲージメントの顧客体験、業務の改善に向けて環境を整えます。

リテールにおける人工知能を強化するインテル® テクノロジーとリソース

Edge Insights for Retail (リテール向けエッジインサイト)

コンピューター・ビジョンとデータ中心アプリケーションをコンテナ化して迅速に導入します。データへのアクセシビリティと相互運用性を向上させることで、内容のある顧客体験の提供と売上の向上に必要な店舗内環境を構築することができます。リテール向けの最新リファレンス・ソリューションの提供ラインナップをご確認ください。

インテル® Movidius™ VPU および インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキット

インテルのハードウェアとソフトウェアにより、自動清算システム、スマートシェルフ、棚卸ロボットなどにコンピューター・ビジョンが追加されます。インテル® Movidius™ VPU は、エッジのコンピューター・ビジョンに低消費電力のアクセラレーションを実装します。インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットでは、VPU と CPU を含む、インテル・プラットフォーム上でビジョン・アプリケーションの開発が効率的に進められます。1

インテル® RealSense™ テクノロジー

インテル® RealSense™ テクノロジーは、小売環境を 3D で把握できるように設計されたビジョン対応のソリューションを実現します。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーおよび Intel Atom® プロセッサー・ファミリー

インテル® プロセッサー・ファミリーには、必要とされる場所で適切なレベルのパフォーマンスを提供する、幅広い選択肢が用意されています。デジタルサイネージ、ロボット、POS システム、インタラクティブ・キオスクなど、エッジでのリテール・ソリューションに最適です。

インテル® vPro® プラットフォーム

インテル® vPro® プラットフォームは、小売端末の貴重な稼動時間を確保する、パフォーマンス、内蔵セキュリティー機能、リモート管理機能を提供します。

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、AI を高速化する機能を搭載し、クラウドにおけるマシンラーニングとディープラーニングで高いパフォーマンスを実現します。需要予測、予測分析、おすすめ商品の提示機能などの強固な基盤となります。

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーと SSD

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーとソリッドステート・ドライブ (SSD) は、大規模なインメモリー・アプリケーションをサポートしているため、リテールの AI ワークロードに最適です。

AI ソフトウェア・ツール

インテルは、インテル® アーキテクチャーにおけるパフォーマンス向上のため、開発者向けにソフトウェア・ライブラリーを提供し、TensorFlow* や Caffe* など一般的フレームワーク向けに最適化を行っています。1

また、インテルはオープン・リテール・イニシアチブ (ORI) を導き、相互に交換可能なコンポーネントと利用しやすいリテール・ソリューションのエコシステムを推進しています。インテルの目標は、共通のオープン・フレームワークを通じてリテール・ソリューション導入の迅速化を図り、小売業者による AI と分析の使用を容易にすることです。

AI によるリテールの成長

エッジとクラウドに AI 機能を追加することで、インテルと連携するエコシステムは、小売業者のデータを強力な新しい知見に変換するお手伝いをしています。このようなデータ中心ソリューションは、高度にパーソナライズされた顧客体験と商品の提案、正確な予測、在庫管理の効率化、よりスマートなビジネスを実現させることになります。

通知および免責事項

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。

コストと結果は状況によって異なります。

免責事項

1インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサーに同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® SSE2、インテル® SSE3、インテル® SSSE3 命令セットなどの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサーに依存した最適化は、インテル® マイクロプロセッサーの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化の中にも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。