リテール・デジタル・トランスフォーメーションがもたらすチャンス

デジタルと実店舗のリテール体験の隔たりは縮まりつつあります。超便利でストレスフリーで、業務効率に裏打ちされたオムニチャネル・ショッピングは、今や小売業者が情報を入手し、ビジネスで利益を上げるための必要条件となっています。

インテルはテクノロジー・リーダーとして、小売業者との協業を通じてリテイル・テクノロジーを発展させてきた長い歴史を持っています。インテルは、パートナーとの広大なエコシステムとともに、共通のオープンインフラストラクチャーに構築された革新的でインテリジェントなテクノロジーとソリューションを幅広く提供し、今日の課題に対処し、将来の進歩に備えるために必要なフレキシビリティー、パフォーマンス、セキュリティ、汎用性を小売業者に提供します。

eコマースの即時性と利便性、魅力的で有益なデジタルコンテンツを指先で操ることに慣れ親しんだ顧客は、今やその体験を実店舗にも求めています。また、購入客の目も肥えてきており、ネガティブな経験、商品の入手可能性、そして頻繁に訪れる小売業者のサステナビリティへの取り組みなど、自身の価値観との一致に基づいてブランド・ロイヤリティーを変えます。1同時に、小売業者は、人員不足、サプライチェーンの遅延、商品在庫の不足、ロスの発生などの問題に直面しています。

顧客のニーズを満たし、業務上の課題に対処する戦略として、勝ち組の小売企業はリテール・デジタル・トランスフォーメーションを取り入れ、IT 投資額 2 を最大 3倍を投じて、ネットワークに接続されたスマートなエンドツーエンドのインフラストラクチャーを構築します。このインフラストラクチャーは、エッジを活用して、より速く、ほぼリアルタイムで実用的なインサイトを得ることができ、クラウドを活用してシステム全体にわたってより深くデータ分析を行うことができます。

インテルは、最適化された市場対応型のソフトウェア・ツールとテクノロジーにより、小売企業の変革目標の達成と価値実現までの時間の短縮を支援する体制を整えています。新しいユースケースのニーズを満たす革新的なテクノロジーにより、小売業者は拡張性のある IT アーキテクチャーを獲得し、ビジネスからエッジまでの迅速なソリューション提供を可能にし、将来を見据えたオペレーションを実現します。

リテール・ソリューションの詳細はこちら

インテルとエコシステムパートナーによるソリューションは、実証済みで、スケーラブル、オープン・スタンダードとの相互運用が可能なため、イノベーション、業務改革、顧客とビジネスインパクトまでの時間を加速させることができます。

リテール・テクノロジーには、実店舗やオンライン・プラットフォームで、顧客対応と業務効率化のために使用されるデジタル・システム、ソリューション、イノベーションが含まれます。これは、リテール・デジタルトランスフォーメーションのバックボーンを形成しています。

現代の小売業者は、購買データ、顧客履歴、在庫の動きなどを集積した高度な POS システムなど、さまざまなテクノロジーを駆使して質の高い顧客体験を提供しています。さらに、デジタルサイネージセルフサービス・キオスク分析などがあり、過去の行動に基いてパーソナライズされた推奨事項を提供することができます。自動レジは、コンピューター・ビジョンを利用したタッチレスのセルフレジが主流になっています。スマートシェルフはロボットが倉庫内の作業を処理している間、リアルタイムの在庫検証を強化します。基本的に、小売業者は、強化された顧客体験とよりスマートな運用を提供するためにリテールテクノロジーに依存しています。

インテリジェント・リテール・テクノロジーは、顧客の嗜好や行動を理解するための予測分析、および顧客の行動に合わせてカスタマイズする人工知能によって、より優れた顧客体験を提供します。さらに、インテリジェント・リテール・テクノロジーは、小売業者が在庫のパー・レベルを監視し、手持ちの商品が多すぎたり少なすぎたりしないようにサポートします。

センサー、キオスク端末、POS システム、その他のインターネット接続機器など、エッジコンピューティングに対応した小売業向け モノのインターネット (IoT) テクノロジーとソリューションにより、企業はほぼリアルタイムでデータを収集、分析、対処することができます。IoT デバイスのデータを他のビジネスシステムと統合し、最新のネットワークインフラでサポートすることにより、小売業者は、パーソナライズされた、より安全なショッピング体験の提供、在庫精度と業務効率の向上、ストレスフリーのオムニチャネル消費者体験の実現に活用することが可能になります。例えば、小売業における IoT とは、顧客が店舗のウィンドウをスマホでスキャンして商品や価格を確認したり、販売員がタブレット PC で店舗の在庫にアクセスしたり、有効な在庫タグをスマートウォッチで読み取ったりできることを意味します。

免責事項

1

「新たな一般消費者: パンデミックがどのように消費者を変えたのか」 IHL グループ、インテル協賛、2022年。https://www.intel.com/content/www/us/en/retail/resources/ihl-new-normal-consumer-report.html

2

「新調査において 2021年の小売業売上高の約 9 割が地元店舗を経由していることが判明」 IHL グループ、2021年1月12日。https://www.ihlservices.com/news/analyst-corner/2021/01/nearly-90-of-retail-sales-in-2021-to-go-through-local-stores-according-to-new-research/