オンラインイベント
インテル データ・セントリック・ イノベーション・デイ 2021

Performance made flexible.

本イベントでは、これからのビジネス環境を取り巻く “データ中心” の時代に「結果」を出すために必要な、最新のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーをはじめとする、インテルが提唱する「DcX (データ・セントリック・トランスフォーメーション)」を実現するための、インテルのデータセンター向けの最新製品情報と、それを活用したパートナー企業による新製品やソリューション情報、最新の導入事例などをご紹介している、多数のオンラインセッションをオンデマンドで配信しています。

オンデマンド配信中

イベントサイトはこちら

インテルで安全かつ手ごろな価格で高速エッジ・コンピューティングを実現

私たちは、IT やシステム運用の分散化から生じる複雑な問題の解決、エッジ・ソフトウェアの最適化と検証、およびパートナーとの連携に何年も費やしてきました。これにより、お客様に対して数万件以上のエンドユーザー導入事例から構築した数百以上のマーケット・レディーのパッケージを提供することができました。それらの背景には高い信頼性を持つ成熟した開発エコシステムがあり、重要な側面を支えます。ストアフロント、携帯電話の基地局、工場のフロアなど、どのエッジデバイスをとっても、インテル® プロセッサーが使われているでしょう。

真のビジネス価値を提供します。アウディの自動化工場から小売業向け Sensormatic のソーシャル・ディスタンス向けソリューションまで、インテルはインテリジェント・エッジを真に実現しています。

インフォグラフィックを見る ›

数万件以上の導入実績、そして増加中


作業を繰り返すファクトリー・オートメーション・プラットフォームから、苦境を乗り越えようとするレストランや小売店、クラウドネイティブの 5G ネットワークまで、お客様が今、どのようにして新たなビジネス価値を生み出しているかを紹介します。

インテル AI Park

インテル AI Park は、インテルの AI テクノロジーが実現する未来の姿を、業種ごとに配信した限定セミナーやソリュ―ションのデモと関連資料など、100 を超えるコンテンツでご紹介する AI に関するテーマパークです。

配信中のコンテンツの見どころやポイントをインテルのエキスパートがギュッとコンパクトにご紹介する動画コンテンツ「インテル AI Park ガイドツアー」も公開中です。一度ご登録いただければ、すべてのコンテンツを何度でも無料で楽しむことができるインテル AI Park に、ぜひご来園ください。

インテル AI Park - オンラインの詳細はこちら ›

インテル AI Park - オンラインへの登録はこちら

第 3 回 OpenVINO™ ツールキットを使用した開発コンテスト結果発表

今年で第 3 回目となる開発者による独自の発想をカタチにすることの支援を行うことを目的に、インテルが提供している無料の OpenVINO™ ツールキットを使用したソリューションを募集する「第 3 回 OpenVINO™ ツールキットを使用した開発コンテスト」の審査結果をインテル AI Park で発表いたしました。多数の応募の中からどのソリューションが選ばれたのか、ぜひご確認ください。

インテル AI Park へ (AI Park への登録が必要です)

Local 5G を活用したエッジ・ソリューション・コンテスト結果発表

ビジネスの現場で注目されているローカル 5G の活用アイデアを募集した、「Local 5G を活用したエッジ・ソリューション・コンテスト」の審査結果をインテル AI Park で発表いたしました。どんなソリューションがインテルと実働デモによるコラボレーションを実現したのか、ぜひインテル AI Park でご確認ください。

インテル AI Park へ (AI Park への登録が必要です)

回復力のあるエッジ向けの完全なソリューション

低帯域幅または帯域幅が全く無い場所、過酷でスペースに制約のある環境、10 年間の「耐久性」など、すべてのエッジには克服すべき課題があります。にも関わらず、それらすべてに手ごろな価格、回復力、安全性が求められています。インテルはお客様のエッジをスムーズに稼働させるための最大の課題を解決しています。

素早く導入できる IoT ソリューション

分断した OT と IT の仲立ち、ブラウンフィールド環境からの移行、そしてデータソースに IoT 向けテクノロジーを搭載した分析と AI の配置を行います。

インテルの IoT

ハードウェア・ベース・セキュリティーのリーダーシップ

どこにいてもデータを保護するためには、まずはユーザー体験やパフォーマンスを損なうことなく動作するハードウェア・ベースのテクノロジーが必要です。

ハードウェア支援型のセキュリティー

AI とコンピューター・ビジョンの専門知識

ローカルサーバー、PC、カメラ、ロボット、ドローンやその他の低レイテンシーの推論用に調整されたテクノロジーを備えたエッジデバイスにAI を導入します。

インテル® AI テクノロジー

インテル® ビジョン・プロダクト

高速、低価格のエッジネットワーク

より手ごろな価格でエッジネットワーク導入の高速化および簡素化、およびネットワークに最適化されたコンピューティング、カスタム・アクセラレーション、クラウド・ネイティブ・ツールを備えた 5G 対応を可能にします。

インテルの 5Gとエッジ・コンピューティング

エッジからクラウドまで広がるインテリジェンス

インテルは、エッジのデバイスからネットワークを経由してデータセンターに至るまで、必要とされる場所へのインテリジェンス導入を助け、その最大の価値を提供します。

パフォーマンスに最適化された、エッジ対応ハードウェア

頭がいいカメラから基地局、ハイパーコンバージド「コンテナ型データセンター」まで、インテルは世界で最も多様なエッジ対応コンピューティング、接続性、メモリー、およびストレージのテクノロジーを誇りを持って提供しています。

インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー

エッジ・コンピューティングのための強力でスケーラブルな基盤を備え、リアルタイム分析、AI、その他の要求の厳しいワークロードに対応します。

インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーおよび Intel Atom® プロセッサー・ファミリー

エッジでのリアルタイム AI と分析をサポートし、消費電力とパフォーマンスのバランスが取れたさまざまなオプションを備えています。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

Intel Atom® プロセッサー・ファミリー

IoT および組込み機器向けプロセッサー

IoT プロセッサーが強化されたインテルのポートフォリオを発見して、最も必要な場合にコンピューティングリソースによるデータから重要な洞察と業務価値を獲得できます。

IoT および組込み機器向けプロセッサーをを詳しく見る

インテル® Movidius™ VPU

信じられないほど低い電力で驚くべき推論速度で頭がいいカメラ、ドローン、その他のエッジデバイスにコンピューター・ビジョンとマシンビジョンをもたらします。2

インテル® Movidius™ VPU

インテル® FPGA

FPGA は、高スループット、低レイテンシーのアプリケーションに優れた価値を提供し、セキュリティー、I/O、ネットワーキングにおける幅広い機能をサポートしています。

インテル® FPGA

ネットワークと接続性

応答性の高いインテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター、Barefoot プログラマブル・スイッチ、およびエッジネイティブのシリコン・フォトニクス・テクノロジーにより、革新的な接続性を実現します。

ネットワーク・インフラストラクチャーのソリューション

メモリーとストレージ

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは、低レイテンシーのデータ転送を強化します。一方でインテル® Optane™ ソリッドステート・ドライブ は、エッジデータをリアルタイムで AI パイプラインに提供するのに役立ちます。

インテル® Optane™ パーシステント・メモリー

インテル® Optane™ SSD

開発者の方ですか?


インテル® エッジソフトウェアハブの業界固有のパッケージ、リファレンス・アーキテクチャー、リソースを活用してエッジの高速化を実現します。3

オープンでコンテナ化されたソフトウェアによる合理化と迅速な導入

分散したエッジ・ソリューションは開発が最も複雑なもののひとつです。インテルはオープン・スタンダードとコンテナ化されたクラウドネイティブな開発のサポートに注力し、ワークフローの合理化、導入時間の短縮を支援しています。

OpenVINO™ ツールキットのインテル® ディストリビューション

スクリプトとワークベンチ・プロファイラーを使用してモデルのパフォーマンス指標を可視化することで、インテル® プラットフォーム上でのディープラーニングの導入を最適化します。

OpenVINO™ ツールキット

OpenNESS

このオープンソース・ソフトウェアは、多様なネットワーク・プラットフォームやアクセス・テクノロジーにわたる複雑なオーケストレーションとエッジサービスの管理を簡素化します。

OpenNESS

インテル® Smart Edge

オープンな規格に基づく、プライベート LTE および 5G ネットワーク向けのこのシングルボックス・ソリューションにより、ワンクリックでのアプリケーション導入が可能となります。

インテル® Smart Edge

インテル® DevCloud for the Edge

仮想 AI プロトタイピング・ツールを介してフィードバックを瞬時に得ることで、最適な AI アプリケーション・パフォーマンスを実現する適切なハードウェアを決定する時間とコストを短縮します。

インテル® DevCloud for the Edge

Open Visual Cloud

このオープンソース ・スタックとパイプラインのコレクションを使用して、SVT-AVI によるビデオ・オンデマンド (VOD) やライブ・ストリーミングを含む、強化されたビジュアル体験を提供します。

Open Visual Cloud

インテル® Deep Insight Network Analytics Software

スイッチ、vSwitch、および NIC からのインバンド・ネットワーク・テレメトリー・データを活用して、ネットワーク管理を強化します。

詳細情報

マーケット・レディー・パッケージとエコシステム・プログラム

統合と導入の複雑さを合理化するソリューションは、市場投入までの時間を短縮し、労力とコストを削減することができます。1,200 社以上のソリューション・プロバイダーが 300 以上のテストおよび導入準備の整ったパッケージを提供しています。我々はお客様のエッジへのアプローチをよりシンプルにしています。

インテル® IoT マーケット・レディー・ソリューション (インテル® IMRS)

検証済みで適合性が高く、すぐに導入可能な、特定の課題に対処するために設計された 130 以上のソリューションについて説明します。

詳細情報

インテル® IoT Solutions Alliance

500 社を超えるグローバル IoT リーダー企業が提供する 6,000 以上のソリューションからなる信頼性の高いエコシステムは、開発のギャップを埋め、スケールアップするための複数の方法を提供しています。

詳細情報

インテル® Select ソリューション

インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー上で最適化された厳格なベンチマークテストおよび検証済みのソリューションにより、インフラストラクチャーの導入を簡素化および加速化します。

詳細情報

免責事項

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。

SYSmark や MobileMark などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks/(英語)を参照してください。

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。

コストと結果は状況によって変わります。

免責事項

2MovidiusMyriad X VPU は、毎秒4兆回を超える演算(TOPS)のトータルパフォーマンスを実現できます。全体的なパフォーマンスは、利用できるすべてのコンピューティング・ユニットの 1 秒間に実行可能な最大パフォーマンスに基づいたアーキテクチャー計算です。アプリケーションのパフォーマンスはアプリケーションによって異なります。
3インテルの コンパイラーは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これにはインテル® SSE2、インテル® SSE3、インテル® SSSE3 命令セットなどの最適化が該当します。インテルは他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサーに依存した最適化は、インテル® マイクロプロセッサーの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化の中にも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。