パーソナライズと生産性がPOSの未来を形作ります

革新的なPOSソリューションで顧客の経験を刷新します。

顧客の期待がPOSの未来の発展を牽引します。

  • POSシステムの将来は、オフラインとオンラインのチャネル全体でパーソナライズされたシームレスなエクスペリエンスに対する顧客の期待に左右されます。

  • カメラ、センサー、AIなどの新しいテクノロジーにより、どこでも有意義なカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになるため、POSは物理的に単一の場所ではなくなります。

  • インテルと他のトップテクノロジー企業による共同の取り組みであるOpen Retail Initiative(ORI)は、オープンソリューションが価値と革新的なサービスモデルを提供できるようにします。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

POSの将来は、インテル® のテクノロジーを搭載したデスクトップ、モバイル、セルフチェックアウト・ソリューションを組み合わせて、顧客エンゲージメントを高め、販売機会を最適化していきます。

過去10年間で、POSシステムは出口近くで従業員が管理する端末から貴重なタッチポイントのコレクションへと変化を遂げました。実際、POSシステムの種類の拡大により、今日のPOSは顧客が望む場所ならどこでも体験できる可能性があります。

POSシステムで最も興味をそそるツイストである自律型ストアでは、列に並ぶこともレジもありません。顧客はただ店に入り、欲しいものを手にして出て行くだけです。その「魔法」を実現するために、顧客はまずスマートフォンアプリをダウンロードします。ディープラーニング・アルゴリズムを搭載したカメラとセンサーの組み合わせにより、製品を識別および追跡し、相互作用するオブジェクトを認識し、製品を棚から取り出して店を出た時に請求することができます。

多くの小売業者、レストラン、ホスピタリティ企業はこれらのテクノロジーに対応したエクスペリエンスに向かっています。しかし、物理的商取引とデジタル商取引を融合するにはPOSシステムに対する独創的なアプローチが必要です。顧客は企業がその希望を理解し、チャネルとデバイス間を移動する際にシームレスなエクスペリエンスを提供することを期待しています。

顧客にとって、いつでもどこでも簡単に商品を見つけ、購入し、受け取り、返品することが究極の願いです。多くの企業にとって、これは店舗全体に固定POS端末を設置し、顧客のトラフィックが必要とするモバイルPOS(mPOS)を備えたマルチデバイスPOSシステムを意味します。

新しい取引のタイプには、買い物客が商品をオンラインで購入して物理的な場所で引き取る「クリック・アンド・コレクト」や、店内でちょうどいい商品を見つけられない人が販売員に迅速かつ無料で発送を依頼できる「エンドレスアイル」があります。POSシステムでは、オンライン注文と店頭での集荷をスムーズに結び付ける必要があり、精通した小売業者はオンラインでも店頭でも便利な返品対応を行います。

しかし、これだけではありません。デスクトップからmPOS、タブレットPOS、シンクライアントにいたるPOSシステムも、シームレスなエクスペリエンスを実現するための新しい方法について統合する必要があります。自律型店舗の例が示すように、店舗は通常のバーコードからのシグナルとともにコンピュータービジョンと機械学習を使用して、顧客が購入している製品を正確に識別することができます。例えば、年齢の識別は顧客のプライバシーを尊重しながら、クロスセルおよびアップセルの提案をするのに役立つでしょう。また、オプトインの顔検出により個別のカードや電話番号を必要とせずにロイヤルティプログラムを実行できます。

顧客が望むショッピングエクスペリエンスを提供し、市場シェアを拡大するための鍵は、現在の期待に応え、将来の可能性に適応する多面的なPOS戦略です。インテルとそのパートナーは新しいPOSトランザクションのタイプと機能を強化するインフラストラクチャーを提供し、低価格で優れた管理性とセキュリティを実現します。

顧客はチャネルとデバイスの間を移動する時にシームレスなエクスペリエンスを期待しています。最新のPOSシステムは最高の物理環境とデジタル環境を統合しています。

クラウドPOSの未来

ビジネスでオンライン・トランザクションとインストア・トランザクションがますます混ざり合うにつれて、クラウドサービスを利用したより高速で機敏なPOSサービスをサポートできるようになります。スマートフォン上で動作するようなプログレッシブ・ウェブアプリケーションがサーバーベースのオンプレミス・ソフトウェアに取って代わっていくため、ますます多くのPOSシステムが統合クラウドソリューションを使用するようになっています。

デバイスと要件に応じて、クラウドまたはデバイス自体でコンピューティングを実行できます。例えば、店舗内のデバイスがシンクライアントである場合、クラウドサービスまたは社内サーバーを使用することを選択できます。しかし、コンピュータービジョンや人工知能などの高度なテクノロジーの場合、大量のデータをクラウドに送信するにはコストがかかる可能性があります。代わりに、エッジデバイスを使用して重要なデータを収集および分析し、ビジネスをリアルタイムで実行できます。

POSからのデータ収集

POSシステムからのデータにより、企業は顧客体験とコミュニケーションを改善し、販売レポートと在庫管理製品を強化し、新しい収益の可能性を特定することができます。デバイスと場所で同じデータを共有し、カスタマーエクスペリエンスを統一するには、POSシステムを同じオペレーティングシステムで実行する必要があります。しかし、最優先事項は顧客データを安全に保管することです。

セキュリティとPOS

POSで暗号化を提供し、安全なネットワークデバイスとプロトコルを介してデータを送信すると、小売店、金融機関、ホスピタリティビジネスがサイバーセキュリティ戦略をサポートし、Payment Card Industry Data Security Standardなどの規制に準拠するのに役立ちます。Intel vPro® プラットフォームは、コンピューティングスタック内のすべてのレイヤーの保護に役立つハードウェア拡張セキュリティ機能を提供しながら、その上に構築されています。さらに、Intel vPro®プラットフォームのプロセッサーを使用すると、ITチームはインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(Intel® AMT)を有効にしてデバイスをリモート管理できます。これによりダウンタイムを最小限に抑え、顧客エクスペリエンスを向上させ、コストを削減できます。

ソフトウェアとPOS

小売業者はモバイルから店内POSまでアプリケーション開発を統合したいとますます考えるようになっています。これには物理的環境で複数のオペレーティングシステムを使用する柔軟性が必要です。仮想マシンとコンテナの進歩により、小売業者は追加のハードウェアや統合を必要とせずに、同じ施設で複数のオペレーティングシステムを実行できるようになりました。

顧客体験の改善

自律型ストアは革新的なテクノロジーでPOSを変革することが可能であることを示しています。ほとんどの企業は新しいテクノロジーを1つずつ統合して、カスタマーエクスペリエンスとビジネス効率を改善する傾向があります。インテル® ディストリビューションのOpenVINO™ ツールキットなどのソフトウェアツールを使用すると、複数のアプリケーションやプラットフォームでコンピュータービジョンとディープラーニングをずっと簡単に実装することができます。

例えば、インテルのエコシステムパートナーの1社は最近、インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットを使用してAI搭載の自動キャッシュレジスターを開発、リリースしました。このレジスターは精算時にパン屋の商品を自動的に識別でき、モバイルおよび顔認識ベースの支払いを含むさまざまな支払い方法をサポートします。このソリューションは店舗でのエクスペリエンスを向上させながら、顧客が必要とする時間を短縮するのに役立ちます。

また、企業は共通のオープンフレームワーク上に構築された新しいテクノロジーの恩恵を受けることもできます。これにより、コンポーネントを簡単かつ迅速に交換できるエコシステムが実現します。Open Retail Initiative(ORI)は、インテルと他のトップテクノロジー企業が顧客ロイヤルティを高める価値と刺激的なサービスモデルを提供するオープンソリューションをサポートするための共同の取り組みです。

一般的なオープンソース・ミドルウェアは、ベンダーがすべてのオペレーティングシステム、ハードウェア、通信プロトコルをサポートしながら他のベンダーからのデータを公開および購読できるようにすることで、個々のソリューションの統合を簡素化することができます。データの共有に対するこのオープンなアプローチは、データの融合を促進し、より正確な分析結果を提供することで、実際の小売業の問題を解決するのに役立ちます。このようにして、Open Retail Initiative は将来のテクノロジーが顧客エクスペリエンスのあらゆるステップを変革していくことで、最終的に企業側に利益をもたらします。

免責事項および通知

インテル® のテクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

インテルは明示されているか否かにかかわらず、商品適格性、特定目的への適合性、および非侵害性に関する黙示の保証、ならびに履行の過程、取引の過程、または取引での使用から生じるあらゆる保証を含み、かつそれらに限定されないいかなる保証もいたしません。

最適化に関する注意事項: インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサーに同様の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令などの最適化が該当します。インテルは他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用可能性、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサーに依存した最適化は、インテル® マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® のマイクロアーキテクチャーに限定されない最適化の中にも、インテル® のマイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。注意事項の改訂 #20110804

Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の名称、ブランド名などは各社が知的財産権を主張している場合があります。© Intel Corporation.