次世代コンピューティングを見据えたアーキテクチャー

インテルは、データ中心の幅広いワークロードで、コンピューティング・パフォーマンス、電力効率、接続性、フォームファクターを進化させ続けています。インテルのイノベーション・モデルは、プロセスおよびパッケージ化、アーキテクチャー、メモリー、インターコネクト、ソフトウェア、セキュリティーというテクノロジーの 6 つの柱からなり、革新的な製品の開発とユーザー体験の向上を可能にしています。

次に起こるイノベーション

この特集号では、インテル 50 周年を記念し、センサー・テクノロジーからロボティクス、さらに AI 革命まで、コンピューティングの未来を形作ると期待されるイノベーションに注目して取り上げています。

特集号をダウンロードする

シリコンが生み出すおもちゃ箱

チーフ・アーキテクト Raja Koduri が、テクノロジーへの投資によってインテルが手にしているチャンスについて、またインテルのグラフィックス戦略の刷新とクラウド、AI、ゲームにおけるの戦略促進について説明します。

未来のイノベーションを目指すインテルの計画を読む