次世代のテクノロジーのイノベーション

インテルは、主要なテクノロジー分野全体のイノベーションの幅広さと深さを通じて、ユーザー体験において驚くような進歩を実現するためにお客様と業界を支援します。

インテルのテクノロジーの柱

インテルは、最新のコンピューティングの世界を定義、構築してきました。しかし今日、最大の進歩はデータを中心としたものです。複数のテクノロジーの柱全体におけるイノベーションによって、アーキテクトが作業に最適な種類のコンピューティングを選択してどこにでも導入できる世界を創出しています。

開発者がハードウェアのさまざまな種類にわたって容易に作業できる場所。またボトルネックにぶつかることなくデータが自由に流れる場所。その結果、より多くのインサイトとより優れたソリューションを生み出す、より豊富で実行可能なデータへのアクセスを顧客に提供できます。

インテルの柱の詳細

インテルはプロセッサーのイノベーションのグローバルリーダーです。このテクテクノロジーの作成方法の手順を見るために、このビデオをご覧ください。

インテルの次世代モバイル・クライアント・プロセッサーである Tiger Lake をご覧ください。これは、新しいトランジスター・テクノロジーと改善された金属スタックの組み合わせである SuperFin を搭載し、電流の増加、電圧の抑制、強力な電源応答を確実に実現します。

インテル® Optane™ テクノロジーは、ストレージおよびメモリー階層でクリティカルな容量とパフォーマンスのギャップの橋渡しを行い、よりスマートなアーキテクチャーを実現して、ビジネスが確実に取引を加速し、実行可能なインサイトに達する時間を短縮します。

インテルはすべての相互接続階層にわたり、ミクロンからマイルまで拡張できるテクノロジーを提供します。このバーチャルの概要で詳細をご覧ください。

インテルのハードウェア支援型セキュリティー・ソリューション、セキュリティーの実践、イニシアチブを詳しく紹介します。

インテルでは、CPU、GPU、アクセラレーター、FPGA ソケットに導入されるスケーラー、ベクター、マトリクス、そして空間アーキテクチャーが異種混合する将来を考えています。oneAPI は、この新しいコンピューティング環境のための統合され簡素化されたプログラミング・モデルであり、業界基準とオープン仕様をもとに妥協のないパフォーマンスを提供します。詳細はこちらのビデオをご覧ください。

Architecture Day 2021

Architecture Day 2021

インテルのチーフ・アーキテクトのラジャ・コドゥリ、インテルのフェロー、およびアーキテクトがテクノロジーのイノベーションに関する 6 Pillars (プロセスとパッケージング、アーキテクチャー、メモリー、相互接続、セキュリティー、ソフトウェア) の進展について詳細に説明しました。

Architecture Day 2021

Intel Labs Day 2020

Intel Labs Day 2020

インテルは、研究者が次の 10 年間のコンピューティングを形作る桁違いの進歩を目指す、複数のドメインにわたる研究イニシアチブに焦点を当てました。

Intel Labs Day

Memory and Storage Moment 2020

Memory and Storage Moment 2020

12月16日に行われたインテルの「Memory and Storage 2020」イベントでは、顧客がデジタル・トランスフォーメーション、5G、ネットワーク・トランスフォーメーション、人工知能、インテリジェント・エッジの課題に対応するために役立つ 6 つの新しいメモリーとストレージ製品を取り上げました。

Memory and Storage Moment 2020

Intel Accelerated

Intel Accelerated

インテルは、2021年3月に発表した IDM 2.0 戦略の下で、半導体プロセスとパッケージングにおける新しい進歩により、イノベーションの年間ペースを加速しています。インテルの CEO、パット・ゲルシンガー、アン・ケレハー博士、シニア・バイスプレジデント、およびテクノロジー開発担当ジェネラル・マネージャーが、インテルのプロセスおよびパッケージングのロードマップについて掘り下げました。

Intel Accelerated

よくある質問

コンピューティング環境はこの数十年間で劇的に進化しました。データは高速で生成され、その速度が分析、理解、保護する私たちの能力を超える世界に生きています。高速で進化し、飛躍的に拡張するコンピューティング・アーキテクチャーに対する非常に大きな需要がみられます。そして、インテルでは、今後 5 年間で 10 ペタフロップスのコンピューティング、10 ペタバイトのデータを世界中のすべての人に 10 ミリ秒で提供するという大胆なエンジニアリング・ビジョンを抱いています。インテルは、これを達成するために必要とされる製品イノベーションを促すために、これらの 6 本のテクノロジーの柱が重要な成功要因になると信じています。

前世代では、その答えはコンピューティングに関する問題を解決するために主要な役割を果たすのはトランジスター密度とムーアの法則だというものでした。しかし、プロセスノードの移行が過去数十年間のペースから遅くなっている中で、ムーアの法則の本質こそが最新のコンピューティングの需要を満たす新しいテクノロジーと機能を提供し続けます。ムーアの法則が伝えていることは、トランジスター自体だけでなく、トランジスター、アーキテクチャーに関する研究、接続性の強化、より高速なメモリーシステム、ソフトウェアの組み合わせがともに働くことによって進化を促すということです。

利用可能な IP の量と範囲の大きさは前例のないものです。これらのリソースの規模は、インテルがクライアント、エッジ、およびクラウド・コンピューティング向けのイノベーションを次々に実現する中、これらの柱の 1 つ 1 つについて適用できる、差別化されたテクノロジーをインテルに提供します。インテルは、これら 6 本の柱すべてにわたってリーダーシップを供給できる独自の場所に位置しており、他社では提示できない持続的なイノベーションの基盤を提供します。