リフレッシュ・レートとは何ですか ? なぜそれが重要なのですか ?

重要なポイント:

  • より高いリフレッシュ・レートを実現するには、CPU、GPU、およびモニターがバランス良く動作する必要があります。

  • 高リフレッシュ・レート・モニターにアップグレードする前に、現在のフレームレートを確認してください。

  • ディスプレイを選択するときは、解像度などの他の機能と併せてリフレッシュ・レートを検討してください。

  • システムが必要なリフレッシュ・レートを提供していない場合は、CPU と GPU のアップグレードを検討してください。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

高リフレッシュ・レートでのゲームは大きな違いを生む可能性があります。ここでは、高リフレッシュ・レート・ディスプレイのテスト、最適化、および選択について知っておくべきことを紹介します。

より高いリフレッシュ・レートでゲームをプレイすることは、ゲーム体験に大きな影響を与える可能性があります。これは、すべてのフレームが重要となるペースの速い、競争の激しいゲームに、特に関係があります。ただし、144Hz または 240Hz のディスプレイを購入するだけでは、メリットを確認するのに十分ではありません。

システムは、より高いリフレッシュ・レートを利用するために必要なフレームレートに電力を供給できる必要があります。

リフレッシュ・レートの理解

上に示したように、より高いリフレッシュ・レートは、ディスプレイが画面上の画像を更新する頻度を指します。これらのアップデートの間の時間は、ミリ秒 (ms) で測定され、ディスプレイのリフレッシュ・レートはヘルツ (Hz) で測定されます。

ディスプレイのリフレッシュ・レートとは、ディスプレー が 1 秒間に何回、新しい画像を描画できるかを指します。これはヘルツ (Hz) で測定されます。たとえば、ディスプレイのリフレッシュ・レートが 144Hz の場合、画像は 1 秒間に 144 回更新されます。GPU と CPU が連携して生成される高フレームレートと組み合わせると、よりスムーズな体験と高い FPS を得られる可能性があります。

より高いリフレッシュ・レートを利用するために考慮すべき最も重要なコンポーネントの 3 つは次のとおりです。

  • 迅速に更新できるモニター。
  • AI、物理学、ゲームロジック、レンダリングデータなどの重要なゲーム命令を提供するのに十分な速度の CPU。
  • これらの命令を迅速に実行し、画面に表示されるグラフィックを作成するのに十分な速度の GPU。

モニターは、システムが生成する速度でのみ画像を表示できるため、CPU と GPU がこのプロセスを迅速に完了できることが重要です。CPU と GPU がモニターに十分な数のフレームを提供できない場合、その仕様がどれほど優れていても、モニターは高リフレッシュ・レートの画像を生成できません。

モニターのリフレッシュ・レートが 144Hz であるが、GPU が毎秒 30 フレームしか提供していない場合、その高いリフレッシュ・レートは使用されていません。

ハードウェア構成

より高いリフレッシュ・レートを駆動するために必要なハードウェアのレベルは、達成したいリフレッシュ・レート、およびプレイしているゲームによって異なります。一般的に、モニターのリフレッシュ・レートが高いほど、CPU と GPU が提供する必要のある FPS が多くなり、より高いパフォーマンスオプションからより多くのメリットが得られます。

そのことを念頭に置いて、ゲームがどれだけ CPU と GPU に負荷をかけるかで異なります。古いゲームや最新のグラフィックス・テクノロジーを重視しないゲームは、最先端のタイトルよりもリソース消費が少なくなります。これは、プレイしたいゲームによっては、さほど強力でないハードウェアでより高いリフレッシュ・レートを達成できることを意味します。

使用されるグラフィック設定は、最終的にゲーム体験がどれだけハードウェアに負荷をかけるかにも影響を与えます。解像度を 1080p に下げると、グラフィック設定をオフにしたり下げたりするのと同様に、パフォーマンスへのコストを抑えながらリフレッシュ・レートを上げることができます。より高い解像度を達成する場合と同様に、ハードウェアでのゲームプレイ体験への負担が少ないほど、フレームレートを十分に高くすることが容易になり、高リフレッシュ・レート・ディスプレイの利点を確認できます。

これは、ゲームの設定と解像度を調整して、自分に合ったバランスを見つけることを意味するかもしれません。

システムの機能の決定

高リフレッシュ・レート・モニターにアップグレードする前に、システムがタスクを実行できるのを確認することをお勧めします。

システムがサポートできるリフレッシュ・レートを知るための最良で最も簡単な方法は、ゲームをプレイしてそのパフォーマンスを確認することです。Fraps などのフレームレート監視ユーティリティを使用して、プレイ中に現在の FPS (フレーム/秒) を表示します。ほとんどのフレームレート監視ユーティリティには、平均 FPSをベンチマークする機能があります。これにより、ゲームプレイセッション中にシステムがどのように動作するかを追跡できます。

理想的には、最良の体験のためには、ゲームのフレームレート対モニターのリフレッシュ・レートが 1:1 になるようにします。たとえば、144Hz モニターのメリットを最大限に活用するには、システムが 144 FPS を出力している必要があります。

とはいえ、ディスプレイの能力の限界に達していない場合でも、より高いリフレッシュ・レートを楽しむことができます。110Hz でプレイする方が 60Hz でプレイするよりも優れており、後でいつでも CPU と GPU をアップグレードして 144 FPS にすることができます。

システムが 60 FPS を超えるゲームを実行するのに苦労している場合、高リフレッシュ・レート・ディスプレイから多くのメリットが得られる可能性は低いですが、PC が 60 FPS を超えるゲームを生成できる場合は、1 つに投資する価値があります。

プレイしたいゲームをまだ所有していない場合は、同様のタイトルをテストして推定できます。同じ年にリリースされたゲーム、同じジャンルに属するゲーム、または同じエンジンで構築されたゲームは、多くの場合、比較的類似したパフォーマンス要件を持っています。また、他のプレイヤーの体験を調べて、ハードウェア構成を比較して何が期待できるかを理解することもできます。

Adaptive Sync

システムが目的の FPS を達成するのに苦労している場合は、Adaptive Sync 対応ディスプレイが役立つかもしれません。多くの最新のディスプレイにこのテクノロジーを搭載しています。FPS に一貫性がない場合でも、各フレームが生成されるときにディスプレイのリフレッシュ・レートが同期されるので、ディスプレイは、Adaptive Sync により GPU と直接通信できます。

垂直同期 (VSync) は、ゲーム内で有効にできることが多い同様の機能です。適応同期テクノロジーと VSync は、変動するフレームレートを処理するときに、画面のティアリングなどの視覚的なアーティファクトを低減または削除するのに役立ちます。

適切なモニターの選択

高リフレッシュ・レート・モニターは、多くの異なるリフレッシュ・レートで利用でき、144Hz は標準の 60Hz モニターよりも大幅に改善されており、240Hz は人気のあるハイエンドオプションです。詳細については、リフレッシュ・レートと解像度でゲームモニターの内訳をご覧ください。

システムがサポートできる最高のリフレッシュ・レートのモニターを購入する必要は必ずしもありません。代わりに、適切な機能の組み合わせを提供するモニターを探してください。PC のパフォーマンス機能に一致するリフレッシュ・レート、解像度、画面サイズ、アスペクト比のディスプレイを見つけることを優先する必要があります。

詳細については、モニターの包括的なガイドをご覧ください。

スムーズなゲームプレイのためのシステム・アップグレード

ハードウェアがより高い要件を満たすのに十分強力であると仮定すると、高リフレッシュ・レートのディスプレイはゲーム体験に大きな影響を与える可能性があります。

より高いリフレッシュ・レートをサポートするシステム構成の以下のいくつかの例をご覧ください。

1920x1080 144Hz

1920x1080 240Hz

  • CPU: インテル® Core™ i7-11700K プロセッサー
  • GPU: Nvidia GeForce RTX 3070
  • RAM: 16GB
  • ストレージ: 512GB インテル SSD/1TB HDD
  • ディスプレイ: 2560x1440/144Hz リフレッシュ・レートまたは 1920x1080/240Hz リフレッシュ・レート

1920x1080 360Hz

  • CPU: インテル® Core™ i9-11900K プロセッサー
  • GPU: Nvidia GeForce RTX 3080
  • RAM: 32GB
  • ストレージ: 1TB インテル SSD/2TB HDD
  • ディスプレイ: 3840x2160/120Hz リフレッシュ・レート、2560x1440/240Hz リフレッシュ・レート、1920x1080/360Hz リフレッシュ・レート

システム構成に関係なく、探している機能を備えたディスプレイと組み合わせることを忘れないでください。CPU、GPU、およびディスプレイに互換性があり、連携して動作していれば、より高いリフレッシュ・レートで描画している利点を明確に確認できるはずです。