新しい PC で Windows* 10 への移行

新しいソフトウェアに移動する時、生産性またはセキュリティーのどちらか一方を切り捨てるべきではありません。Windows* 10 への移行時、インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリー搭載 PC にアップグレードすれば、生産性もセキュリティーも手に入れることができます。1

今すぐ PC を更新して生産性とセキュリティーを強化7

生産性かセキュリティーのどちらか一方を切り捨てるべきではありません。Windows* 10 への移行時最新の第 8 世代インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリー搭載 PC にアップグレードすれば、生産性もセキュリティーも手に入れることができます。

インテル vPro® プラットフォームの詳細

インテル®VPROプラットフォームとwindows10の統合

Windows* 7 延長サポート終了に備える

2020 年 1 月 14 日、Windows* 7 延長サポートが終了します。大ざっぱな計画しかない、あるいはこの年末は放置するつもりの会社も覚悟を決める時です。

詳しくはこちら

新しい PC が Windows* 10 への移行にどのようなメリットをもたらすかご覧ください

Windows* 10 への移行を開始するために新しいハードウェアを使用する理由

Windows* 10 への移行と新しいハードウェアの組み合わせが、どのようにビジネスにセキュリティーと生産性をもたらし、さらにミレニアル世代を引き付けるかご覧ください。

ホワイトペーパーを読む

次世代デバイスによる従業員の生産性向上

新規ハードウェアの導入と Windows* 10 への移行を組み合わせた場合のメリットについて解説する、IDC によるホワイトペーパーをご覧ください。

IDC ホワイトペーパーを読む

インテル vPro® プラットフォームの経済効果

インテル vPro® プラットフォームの経済効果に関する Forrester の調査をご覧ください。

Forrester の総合的経済効果 (TEI) レポートを読む

多彩なビジネスニーズに柔軟に対応できるレンタル PC

PC の調達手段として、財務の観点からリースや購入よりもレンタルを選ぶ企業が増えています。その多彩なメリットと導入事例をご覧ください。

ソリューション概要を読む

ハイエンド PC のレンタルで働き方改革とコスト削減

最新のインテル® プロセッサー搭載モデルが選択できるレンタル PC なら、業務効率を低コストで改善し、多様な働き方を実現できます。ハイエンド PC のレンタル事業によるソリューションと導入事例をご覧ください。

ソリューション概要を読む

インテル vPro® プラットフォームによるアップグレードから得られるメリット

インテル vPro® プラットフォーム対応の最新ハードウェアにより、TCO、生産性、安全性、管理性に大きなメリットがもたらされます。

概要を読む

最新 PC に更新

自社に最適なソリューションとパートナー企業を見つけてください。

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/performance を参照してください。

2

パフォーマンス実績は、2019年3月21日、および 2019年4月3日に実施したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。

SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks/ を参照してください。

3

インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーを搭載した試作 OEM システム上で実行した MobiileMark* 2018 のワークロードでの測定によると第 8 世代インテル® Core™ i7-8665U は 1 日中使用できる最大 11 時間のバッテリー持続時間を実現。PL1= 15W TDP、4C8T、ターボ時最大 4.80GHz、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、ディスプレイ: 解像度 1920x1080 の 14 インチ画面、メモリー: 16GB、ストレージ: Hynix 256GB、バッテリーサイズ: 52 WHr、OS: Windows* 10 Pro、BIOS: v.1.0.1、MCU: AA ディスプレイの輝度は DC 電源で 150 nit に設定されています。システムのワイヤレス・ネットワーク・アダプターの電源はオンで、インターネットに接続されていないワイヤレス・ネットワークに関連付けられています。

4

構成の更新
新規構成: インテル® Core™ i7-8665U プロセッサー搭載のインテル® リファレンス・プラットフォーム、PL1=15W TDP、4C8T、ターボ時最大 4.80GHz、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ: 512GB Intel® 760p SSD、OS: Microsoft* Windows* 10 RS5 ビルドバージョン 1809 (ビルド 1763v1)、BIOS: x177、MCU: A8。

3 年前の構成: インテル® Core™ i7-6600U プロセッサー搭載の OEM システム、PL1=15W TDP、2C4T、ターボ時最大 3.90GHz、グラフィックス: インテル® HD グラフィックス 620、ディスプレイ: 14 インチ、解像度 1920x1080、メモリー: 8GB DDR4、ストレージ: 256GB SSD、バッテリーサイズ: 36 WHr、OS: Microsoft* Windows* 10 Pro RS5 ビルドバージョン 1809 (ビルド 1763v292)、BIOS: v1.0.1、MCU: C2。

5

第 8 世代インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーと第 6 世代インテル® Core™ i7-6600U プロセッサーで SYSmark* 2018 を実行し、それぞれの測定値を比較。SYSmark* 2018 は、ベンチマーク・コンソーシアムの Business Applications Performance Corporation (BAPCo*) により公開されています。SYSmark* は、実際のシナリオ (生産性、創造性、応答性) を使用して Windows* デスクトップ・アプリケーションのパフォーマンスをテストしています。このシナリオで使用されたメインストリーム・アプリケーションには、Microsoft Office*、Adobe Creative Cloud*、Google Chrome* があります。各シナリオでは、個々の指標を測定して総合スコアを集計しています。

6

第 8 世代インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーと第 6 世代インテル® Core™ i7-6600U プロセッサーのオフィス生産性とマルチタスク処理のワークロードを比較。2.35 MB、20 スライドの Microsoft* PowerPoint.ppt プレゼンテーションを、1920x1080 H.264.mp4、30MB のビデオ・プレゼンテーションとしてエクスポート。ビデオ・プレゼンテーション生成中に、1) Microsoft* Word* の .docx ドキュメント・ファイル (801 ページ、6.49 MB) から PDF ファイル (3.7 MB) への変換、2) Microsoft* Excel* の .xlsm ワークシート (68.4 MB) の再計算を実行。

7

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp を参照してください。