ビジネス向け PC をアップグレードして Windows 10 のメリットを活用

Windows 10 への移行から最大のメリットを引き出すには?ハードウェアを最新のインテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリー搭載の PC に更新しましょう。詳細はビデオをご覧ください。1

今すぐ PC を更新して生産性とセキュリティーを強化6

生産性かセキュリティーのどちらかを諦める必要はありません。Windows 10 への移行時に最新の第 10 世代インテル® Core™ vPro® プロセッサー搭載の PC にアップグレードすれば、両方が手に入ります。

インテル® vPro® プラットフォームの詳細

新しい PC が Windows 10 への移行にどのようなメリットをもたらすかご覧ください

次世代デバイスによる従業員の生産性向上

新規ハードウェアの導入と Windows 10 への移行を組み合わせた場合のメリットについて解説する、IDC によるホワイトペーパーをご覧ください。

IDC ホワイトペーパーを読む

インテル® vPro® プラットフォームの経済効果

インテル® vPro® プラットフォームの経済効果に関する Forrester の調査をご覧ください。

Forrester の総合的経済効果 (TEI) レポートを読む

多彩なビジネスニーズに柔軟に対応できるレンタル PC

PC の調達手段として、財務の観点からリースや購入よりもレンタルを選ぶ企業が増えています。その多彩なメリットと導入事例をご覧ください。

ソリューション概要を読む

ハイエンド PC のレンタルで働き方改革とコスト削減

最新のインテル® プロセッサー搭載モデルが選択できるレンタル PC なら、業務効率を低コストで改善し、多様な働き方を実現できます。ハイエンド PC のレンタル事業によるソリューションと導入事例をご覧ください。

ソリューション概要を読む

インテル® vPro® プラットフォームによるアップグレードから得られるメリット

インテル® vPro® プラットフォーム対応の最新ハードウェアにより、TCO、生産性、安全性、管理性に大きなメリットがもたらされます。

概要を読む

最新 PC に更新

自社に最適なソリューションとパートナー企業を見つけてください。

デル株式会社

豊富に揃ったビジネス向け製品&ソリューションから、使い方に合わせたモデルとスペックを選べます。

デルのサイトを見る

東芝クライアントソリューション株式会社

国内・海外における PC の商品開発から製造、販売、サービス&サポートまで一貫して行う PC メーカーです。

東芝クライアントソリューションのサイトを見る

株式会社 日本 HP

充実したラインアップがあり、インテル® プロセッサーのタイプを選ぶなど、ニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

日本 HP のサイトを見る

VAIO 株式会社

一人ひとりの業務を、より効率的に。働く時間を、より心地よく。VAIO がご提案する「快」を通して、皆様の働き方改革を支援します。

VAIO のサイトを見る

パナソニック株式会社

働き方改革に欠かせないモバイル PC。「モバイルワーク」「在宅ワーク」「オフィスワーク」など、さまざまな環境で、快適に業務が行えるよう、レッツノートがサポートします。

パナソニックのサイトを見る

富士通株式会社

富士通クライアントコンピューティングでは、お客様の働き方に合わせたモバイルノート、2 in 1、タブレットのラインナップを取り揃えています。貴社のビジネスに最適なデバイスをお選びください。

富士通のサイトを見る

横河レンタ・リース株式会社

主要メーカーの PC、ノートブック PC、2 in 1 などのレンタルを通じて、顧客企業のビジネス効率向上をサポートしています。

横河レンタ・リースのサイトを見る

レノボ・ジャパン株式会社

ThinkPad シリーズを始めとする高性能な PC やノートブック、タブレット、2 in 1 などを製造販売しています。

レノボ・ジャパンのサイトを見る

免責事項

1

SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks/ (英語) を参照してください。

2

パフォーマンスの測定結果は 2020年5月4日時点のテストに基づいており、現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。

3

ドライブ・パフォーマンス: インテル® Optane™ メモリー H10 (512GB ソリッドステート・ストレージ対応) の プリプロダクション第 10 世代インテル® Core™ i7-10810U プロセッサーと、500GB Sumsung 970 Evo Plus 搭載のプリプロダクション第 10 世代インテル® Core™ i7-10810U プロセッサーで PCMark 10 クイック・システム・ドライブにより比較測定。

4

全体的なパフォーマンス: プリプロダクション第 10 世代インテル® Core™ i7-10810U プロセッサーに関する SYSmark* 2018 総合スコアと、2019年8月15日に行われた第 7 世代インテル® Core™ i7-7600U プロセッサーのテストを比較測定。SYSmark* 2018 は、ベンチマーク・コンソーシアムの Business Applications Performance Corporation (BAPCo) により公開されています。SYSmark* は、実際のシナリオを使用して Windows* デスクトップ・アプリケーションのパフォーマンス (生産性、創造性、応答性) をテストしています。このシナリオで使用されたメインストリーム・アプリケーションには、Microsoft Office*、Adobe Creative Cloud*、Google Chrome* があります。各シナリオでは、個々の指標を測定して総合スコアを集計しています。構成更新、新品: プリプロダクション・システム: プロセッサー: インテル® Core™ i7 -10810U プロセッサー (CML-U 6+2)、PL=15W/25W/25W、6C12T、ターボ時最大 4.9GHz、メモリー: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8、ストレージ: インテル® 760p M.2 PCIe NVMe SSD、インテル® Optane™ メモリー H10 & インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ドライバー、Samsung SSD 970 Evo Plus & Samsung ドライバー、ディスプレイ解像度: 3840x2160 eDP パネル 12.5"、OS: Windows* 10 19H2-18363.ent.rx64.691-Appx68。SYSmark* 2018 以外のすべてのベンチマークでの電力ポリシーを AC / Balanced モードに設定。SYSmark* 2018 のパフォーマンスは AC / BAPCo モードで測定。電力について電力ポリシーを DC / Balanced モードに設定。ベンチマークはすべて管理者モード、タンパー保護無効 / Defender 無効 で実行、グラフィックス・ドライバー: 2020-02-11-ci-master-4102-revenue-pr-1007926-whql、温度: すべてのパフォーマンス測定で Tc=70c 。MobileMark* 2018 ではTc=50c。3 年前の製品: プロセッサー搭載 OEM システム: インテル® Core™ i7 -7600U (KBL-U 2+2) PL1=15W、2C4T、ターボ時最大 3.9GHz、メモリー: 2 X 4GB DDR4、ストレージ: インテル® 760p M.2 PCIe NVMe SSD、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: 10.0.18362.175。電源ポリシーはすべてのベンチマークで AC / Balanced モードに設定。ただし、SYSmark 2018 SE のみパフォーマンスのために AC / BAPCo モードで計測。電力について電力ポリシーを DC / Balanced モードに設定。すべてのベンチマークを管理者モード、タンパー保護無効 / Defender 無効で実行。グラフィックス・ドライバー: 25.20100.6374、Bios バージョン: N/A、温度: すべてのパフォーマンス測定で Tc=70c。MobileMark 2018 で Tc=50c。

5

マルチタスク: プリプロダクション第 10 世代インテル® Core™ i7-10810U プロセッサーと第 7 世代インテル® Core™ i7-7600U プロセッサーにおいて Office 365* マルチスレッド・ワークロードで比較測定。Microsoft Office* がマルチタスク処理のシナリオで 3 つのタスクを実行するのにかかる時間を測定: 1.PowerPoint* ファイルを動画としてエクスポート。 2.Word* ドキュメントを PDF にエクスポート。 3.Excel* スプレッドシート計算。構成更新、新品: プリプロダクション・システム: プロセッサー: インテル® Core™ i7 -10810U プロセッサー (CML-U 6+2)、PL=15W/25W/25W、6C12T、ターボ時最大 4.9GHz、メモリー: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8、ストレージ: インテル® 760p M.2 PCIe NVMe SSD、インテル® Optane™ メモリー H10 & インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ドライバー、Samsung SSD 970 Evo Plus & Samsung ドライバー、ディスプレイ解像度: 3840x2160 eDP パネル 12.5"、OS: Windows* 10 19H2-18363.ent.rx64.691-Appx68。SYSmark* 2018 以外のすべてのベンチマークでの電力ポリシーを AC / Balanced モードに設定。SYSmark* 2018 のパフォーマンスは AC / BAPCo モードで測定。電力について電力ポリシーを DC / Balanced モードに設定。すべてのベンチマークを管理者モード、タンパー保護無効 / Defender 無効で実行。グラフィックス・ドライバー: 2020-02-11-ci-master-4102-revenue-pr-1007926-whql、温度: すべてのパフォーマンス測定で Tc=70c。MobileMark* 2018 ではTc=50c。3 年前の システム: インテル® Core™ i7 -7600U プロセッサー (KBL-U 2+2)、PL1=15W搭載 OEM システム、ターボ時最大 3.90GHz、メモリー: 81117 MB (DDR4 SDRAM)、ストレージ: インテル® 760p M.2 PCIe NVMe SSD、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: 10.0.18363.657 (Win10* 19H2 1909 2019年11月更新)。SYSmark* 2018 以外のすべてのベンチマークでの電力ポリシーを AC / Balanced モードに設定。SYSmark* 2018 のパフォーマンスは AC / BAPCo モードで測定。電力について電力ポリシーを DC / Balanced モードに設定。すべてのベンチマークを管理者モード、タンパー保護無効 / Defender 無効で実行。グラフィックス・ドライバー: 25.20100.6374、Bios バージョン: KBLSE2R1.R00.X146.P02.1812100910、温度: すべてのパフォーマンス測定で Tc=70c。MobileMark* 2018 ではTc=50c。

6

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp を参照してください。