インダストリー 4.0 とスマート・マニュファクチャリング

製造および産業のビジネス・オペレーションは、情報技術 (IT) や運用技術 (OT) システムを通じて、共有されインテリジェントで産業用に最適化されたコンピューティング・プラットフォームに統合することで変革されています。この統合により、データサイロをなくし、エッジ・コンピューティングを活用してより深い洞察へのアクセスを可能にし、より高い柔軟性と制御を実現する、応答性の高い相互接続システムが構築されます。

エッジ・コンピューティング、人工知能、ワークロードの融合によってエッジでのインテリジェンスが強化されることで、メーカーはエッジデバイスからより多くのデータを収集、処理、保存することができます。そのデータは、収集・使用される場所の近くで分析でき、メーカーはほぼリアルタイムで運用システムを調整できます。

インテリジェント・エッジ・システムは、インダストリー 4.0 とスマート・マニュファクチャリングのバックボーンです。これにより、複数のセンサー、アプリケーション、プロセスからのデータや情報を、よりソースに近い場所で分析でき、ダウンタイムの削減、オペレーションの最適化、プロセスの自動化、および新しいソリューションの提供に役立ちます。ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャーは、サプライチェーン全体でのほぼリアルタイムの分析を可能にし、効率性、生産性、データの可視性をさらに向上させます。

インテルは、インダストリー 4.0 のパートナーとして、データ主導型で相互運用可能な産業用 IoT (IIoT) ソリューションの価値実現までの時間を短縮するお手伝いをします。イノベーターのエコシステムと柔軟なソリューションのポートフォリオにより、コストを削減し、利益を増やし、競合他社に先んじることができるインテリジェントな産業用エッジ・ソリューションの開発と統合を支援します。

インテルのハードウェア・ポートフォリオは、工場が必要とする幅広いソリューションに及び、IoT のテクノロジーは、エッジ、ネットワーク、クラウドにまたがって、俊敏でインテリジェントな IoT インフラストラクチャーを提供します。人工知能 (AI) を新たな場所にもたらすことができる低消費電力コンピューティングから、需要予測などの分析タスクが可能なエッジサーバーまで、インテルは、収益を最大化する新しい機会を創り出しながら、新しいレベルの生産性を実現できるスマート・ファクトリー・ソリューションの導入を支援します。

インテル製造フォーラム 2021 オンデマンド配信中!

10月12日、13日の 2日間に渡り開催したインテル製造フォーラム 2021 では、トヨタ自動車 株式会社のコネクティッドカンパニー フェロー 村田 賢一 様、株式会社日立製作所の執行役常務 産業・流通ビジネスユニット CEO 森田 和信 様による基調講演のほか、味の素様、村田製作所様をはじめ、業界をリードする各社の先進的な取り組みや事例、パートナー各社の最新ソリューションをご紹介しました。
以下のサイトにて現在、オンデマンド配信中ですので、是非ご視聴ください。(インテル製造フォーラム 2021 への登録が必要です)

インテル製造フォーラム 2021 のチラシはこちら

オンデマンド配信を見る

製造業界向け AI 実践ガイドブック

インダストリー 4.0 などによる製造業の急速な革新は、製造業を肉体労働から IT 技術に伴うインテリジェント型労働へと大幅にシフトさせながら、業界の事業転換とアップグレードを推進しています。その中で AI テクノロジーがどのように活用されているのかを、トレンドやユースケースとともに解説します。

ガイドを読む

インダストリー 4.0 とは何か、インテリジェント・エッジはそれをどのように推進するか?

第 4 次産業革命またはインダストリー 4.0 は、デジタルとフィジカルをデータで結び付けます。インダストリー 4.0 は、エッジでのデータ収集と分析を進めることで、ダウンタイムを減らすための予測メンテナンスや、より効率的なサプライチェーンのためのスマート・アセット・トラッキングなど、自律的なスマート・マニュファクチャリングを実現する道を開きます。

エッジでの計算能力が向上することで、企業は接続されていないものを接続し、主要なワークロードを集約・仮想化し、製造の使用事例に最新の IoT を統合するための基礎を築くことができます。

より多くの機械やデバイスにインテリジェンスをもたらすために、インダストリー 4.0 は、オープン・アーキテクチャー、標準ベースのソリューション、エッジ、ネットワーク、クラウド・テクノロジー、その他の進歩によって実現されています。これらのテクノロジーは、企業が IT の利点を OT にもたらすことを可能にします。

今では、ディスクリート製造やプロセス製造における機械制御を管理・最適化するための、柔軟で更新が容易なソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャーを、これまでに以上に簡単に構築できるようになりました。5G が登場し、AI 導入への障壁が低くなったことで、あらゆる規模、あらゆるレベルのデジタル化の工場が、インダストリー 4.0 が提供するものを取り入れることができます。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

インダストリー 4.0 は、デジタル技術とフィジカル技術を統合し、応答性の高い相互接続されたオペレーションを実現します。運用システムと IT システムを高度に産業用に最適化された共有コンピューティング・プラットフォームに統合することで、企業はサプライチェーン全体のデータを分析し、ほぼリアルタイムで運用システムを調整して、コストを削減し、無駄を省き、問題を予測し、製品を革新することができます。

スマート・マニュファクチャリングは、複数のアプリケーション、プロセス、製品からのデータや情報を統合し、それらを組み合わせて新しいソリューションを構築することができます。これにより、予測的で適応性のある製造およびサプライチェーンのプロセスが実現し、企業はカスタマイズされた製品の要求をより効果的に満たし、需要予測を通じて市場の変動により迅速に対応できます。

プロセス製造では、レシピやフォーミュラを用いて成分や原材料を組み合わせます。このアプローチは、食品や飲料、石油精製、医薬品、プラスチックなど、商品を大量生産する業界で頻繁に採用されています。ディスクリート製造は、自動車や電化製品などの、市場対応ユニットの最終組み立てに焦点を当てています。

予測メンテナンスなどのスマート・ファクトリー・テクノロジーを使用すると、ダウンタイムの削減と生産性の向上により、プロセス製造とディスクリート製造の両方をより効率的に行うことができます。

持続可能な製造業とは、インダストリー 4.0 やデジタル・マニュファクチャリング・テクノロジーを応用して、汚染の最小化、エネルギーや天然資源の節約、労働者の安全の保護、生産に関わるすべての人への公平な報酬などを実現する、生産に対する総合的なアプローチのことです。そのためには、エネルギーや廃棄物の管理だけでなく、サプライチェーンや製造プロセス全体のデータを収集・分析する必要があります。

インテリジェント・エッジは、産業用オペレーションのワークロード向けのインテリジェントでスケーラブルなコンピューティング・パフォーマンスと AI の融合です。これにより、工場のデジタルツインや製造実行システム (MES) などのソリューションが実現します。この融合は、ワークロードの統合とエッジ・コンピューティング・プラットフォーム向けのソフトウェア・インフラストラクチャーの最適化によって可能になります。

インテリジェント・エッジ・プラットフォームは、コスト削減、セキュリティーの強化、生産性の向上、リアルタイム・パフォーマンスの向上など、多くの利点をもたらします。インテリジェント・エッジにより、メーカーは標準的な機器で複数のワークロードを実行できるようになり、オンプレミスからクラウドに大量のデータを移動する必要がなくなります。また、ほぼリアルタイムでの製品欠陥検出、プロセスとサプライチェーンの最適化、および資産使用率の向上を通じて、包括的な品質管理を可能にします。新しいワークロードを追加するだけで、全く新しいビジネスモデルを実現することもできます。

免責事項

2出典: インテル ADLINK テストデータ。