産業管理を新たなレベルに

産業向けインテル® エッジ・コントロールは、モジュール化された用途主導のリファレンス・プラットフォームを使用し、イノベーションと柔軟性を実現します。

産業向けインテル® エッジ・コントロールにより、企業はこれまでにないやり方で製造を管理できます。互換性のあるハードウェアを備えたソフトウェア・リファレンス・プラットフォームを提供することにより、このソリューションは、リアルタイム決定性演算、規格に準拠した接続性、IT 類似の管理機能と運用テクノロジー (OT) 類似の予測性を統合します。

産業管理の再構築

何十年もの間、産業管理の世界は同じテクノロジーと手順を採用してきました。柔軟性がなく堅固なこれらのプロセスは、固定のベンダーに紐づいたソリューションに依存しており、変更には多額の設備投資を必要としました。カスタムデバイスとレガシーシステムを基礎とする OT は、第 4 次産業革命が進むにつれ、その能力の限界に達し始めています。

レガシー OT システムは通常、今日の産業ビジネスで要求される俊敏性と柔軟性に欠けています。チームがコントローラーのアップデートを調整するのに多大な時間を費やしていることに気づいている企業もあります。数十年前に導入されたテクノロジーをすぐにトレーニングできる新しい人材を探すのに苦労している企業もあります。OT システムは不変であり、変革のペースを遅くしていると考えられています。

今日、エッジ・コンピューティング、人工知能 (AI)、およびリアルタイム分析が新たな機会を生み出しています。産業向けインテル® エッジ・コントロールは、コスト効率の高い方法でこれらのテクノロジーを統合し、運用互換性を持つ各分野最善の産業向けソリューションを実現します。機動性の高いワークロードは、スケーラブルな既製の高いパフォーマンスを持つハードウェア上で実行することができます。

産業向けインテル® エッジ・コントロール

産業向けインテル® エッジ・コントロールは、互換性のあるハードウェアを備えたソフトウェア・リファレンス・プラットフォームであり、産業管理システムをソフトウェア・デファインド・ソリューションに移行することができます。このプラットフォームは、高密度なコンピュ―ティング環境で時間決定性演算を行うように設計されています。

産業向けインテル® エッジ・コントロールは、コンテナ化、仮想化、オーケストレーションなど、さまざまな IT スタイルのテクノロジーを使用しながら、リアルタイム・コンピューティングと高レベルの運用可用性に必要な産業用グレードの要件を満たしています。主な機能は以下のとおりです。

  • 時間決定性演算: オープンソースのタイム・センシティブ・ネットワーク (TSN) の実装とインテル® タイム・コーディネート・コンピューティング・テクノロジー(インテル® TCC テクノロジー) に基づく決定性演算により、産業プロセスを予測的に動作させます。
  • ワークロードのコンバージェンス: 仮想化とコンテナ化の構成を使用して、仮想化ハードウェア上の分散制御ノード (DCN) とプログラマブル・ロジック・コントローラー (PLC) の実行を含む重要度が混在するワークロードを統合します。
  • アプリケーションとプラットフォーム管理: 高度な管理機能により、ダウンタイムゼロの更新とメンテナンス性の強化を実現します。リアルタイムのワークロード・オーケストレーションにより、動的ワークロードに対する柔軟性を高めます。
  • インフラストラクチャー管理: ネットワーク、ストレージ、CPU などのソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャーを使用して、コントロール・ノード・クラスターを拡張します。
  • 産業用接続: 管理データバス・ゲートウェイは、ブラウンフィールドとグリーンフィールドの通信技術を仲立ちし、完全なエッジツークラウド・ソリューションを実現します。
  • 管理アプリケーション: 検証済みの産業管理環境を使用して、管理アプリケーションは製造検証済みで標準準拠の管理サンプルを提供し、生産と 導入を簡素化します。
  • セキュリティー: 内蔵ハードウェアとソフトウェアのセキュリティー機能により、チップからクラウドまで、すべてのコンピューティング環境をカバーする認証と機密保持機能をもたらします。
  • 機能安全性: 証明可能なツールチェーンとソフトウェア、内蔵された耐障害性メカニズムを備えたプラットフォームにより、安全性を真剣に受け止め、労働者や工場オペレーターの安心を確保します。

これらの機能をモジュール化された用途主導のフレームワークに調和させることにより、産業向けインテル® エッジ・コントロールは、個々の使用パターンとニーズを考慮したソリューションを開発および導入することが可能です。

産業使用事例

産業向けインテル® エッジ・コントロールでマルチベンダーの相互運用性を実現することにより、企業はより堅固で固定された機能管理からポータブル・アプリケーションによる柔軟なマイクロサービス・アーキテクチャーに移行できます。これにより管理が容易になり、新しい各分野最善のソリューションを迅速に採用できます。

最新世代のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーと Intel Atom® プロセッサー・ファミリーは、産業向けインテル® エッジ・コントロールに含まれる決定性時間の機能強化に最適化されています。ソフトウェア・リファレンス・プラットフォームは、次のようなディスクリートおよびプロセス・オートメーション産業における幅広い使用事例に最適です。

機械メーカー
産業向けインテル® エッジ・コントロールは、モーションおよびロジック制御の統合を可能にし、プロセスを監視して管理コントロールを可能にするローカルのユーザー・インターフェイスを提供します。プラットフォーム管理エージェントは、ソフトウェアのアップデートやアプリケーションのプロビジョニングを簡素化します。

自動車産業
ディスクリート製造において、自動車は主要産業です。産業向けインテル® エッジ・コントロールは、低レイテンシーのモーション制御を可能にし、安全性を最優先します。完全に管理されたインフラストラクチャーを使用して、プラットフォームは新しいノードを安全に実装し、ソフトウェアを更新できます。

石油・ガス
複雑な手動プロセスによる負荷が大きい石油およびガスセクターの企業は、プロセスをオートメーション化そして強化することを望んでいます。産業向けインテル® エッジ・コントロールは、コンテナ化されたマイクロサービスとして制御管理を可能にします。高度なオーケストレーション技術を使用して、プラットフォームはワークロードの可用性と機動性の向上により冗長性を改善させます。

産業向けインテル® エッジ・コントロールは、コンテナ化、仮想化、オーケストレーションなど、さまざまな IT スタイルのテクノロジーを使用しながら、決定性と高レベルの運用可用性に必要な産業用グレードの要件を満たします。

産業向けインテル® エッジ・コントロールの利点

幅広い製造ニーズに適応するように構築された産業向けインテル® エッジ・コントロールは、現在および将来のコネクテッド・ファクトリーに対応する強力で柔軟なバックボーンを作成することができます。

経費の削減
ソフトウェア・デファインド・ソリューションにより、レガシー OT ソリューションと比較して、より柔軟な管理と簡素化された導入が可能になります。IT 類似の産業管理プラットフォームを実装することにより、企業はソフトウェアをリモートで導入および管理し、低コストで迅速に導入できます。

より優れた柔軟性
検証済みのシステム・ハードウェアにより、新しいワークロードを既存のコンピューティング・リソースに追加できます。クラス最高の新しい製品を大規模かつ迅速に導入することにより、新たなイノベーションを活用できます。

可用性の向上
ダウンタイムを低減するために、管理システムの最適化は極めて重要です。システムのアップグレードと障害時のワークロード移行を自動化することにより、産業向けインテル® エッジ・コントロールはダウンタイムを低く抑えることができます。

すぐに使用可能な検証済のプラットフォームを活用することにより、メーカーは相互運用可能なシステムをゼロから構築することなく、ハードウェアとソフトウェアを特定のニーズに適合させることができます。企業は、市場投入までの時間を短縮して、最新のコンバージド・コントロール・エコシステムの利点を得ることができます。

顧客の声

産業向けインテル® エッジ・コントロールは、すでに世界最大の企業のいくつかに影響を与えています。例えば、ある主要な石油・ガス会社は、プラットフォームを活用してネットワーク機能仮想化 (NFV) を導入し、新しいテクノロジーへのアクセスを向上させるオープンシステムを作成しています。別のグローバルメーカーは、マルチベンダー・テクニカル・ソリューションをこのオープン・プラットフォームに置き換え、各市場向けソリューションとの統合を可能にしています。産業向けインテル® エッジ・コントロールは、より優れた柔軟性と選択を可能にすることで、企業がインダストリー 4.0 の可能性を最大限に引き出すのに役立ちます。

産業向けインテル® ソリューションの詳細情報

アウディのコネクテッド・ファクトリー

アウディがどのようにインテルのテクノロジーを使い、溶接の問題をより迅速に特定し、ドライバーの安全を確保したのかをご覧ください。

詳細情報

TTTech Nerve Blue

Nerve Blue は、産業向けインテル® エッジ・コントロールのソフトウェア・モジュールを使用するオープン・エッジ・コンピューティング・プラットフォームです。

ソリューションについて読む

デモを見る

関連資料

産業技術やエッジ・コンピューティングがビジネスに付加価値をもたらす方法に関するリソースを用意しています。

産業用エッジインサイト

強力な分析と機械学習モデルを構築して、エッジで実用的な予測的インサイトを生み出します。

詳細情報

マシンビジョン

機械学習およびディープラーニングの最新の手法を用いることにより、インテル製品搭載のマシンビジョンが製品の市場投入を加速し、エラーを減少し、コストを削減します。

マシンビジョンの詳細

タイム・センシティブ・ネットワーク (TSN) の改善

Kontron が、エンドポイント・デバイスを TSN ネットワークに簡単に統合できるように、標準の産業用 PC 向け TSN ソリューションをどのように開発したかをご覧ください。

詳しくはこちら

管理アプリケーションへのリモートアクセスと更新

TTech Industrial が、ゲートウェイを追加せずに産業用機械からのリアルタイム・データへのアクセスを提供するために、どのようにエッジ・コンピューティングのスターターキットを作成したかをご覧ください。

詳しくはこちら

過酷な環境向けの堅牢な産業用サーバー

Stratus Technologies がどのように、可用性の高い、耐障害性仮想コンピューティングをエッジで提供する堅牢な産業用サーバーを開発したかをご覧ください。

詳しくはこちら

リアルタイムのワークロード統合スターターセット

新しいソリューションにより、次世代のビジョンベースの共同ロボット工学、自動化制御、状況認識を備えた自動運転をどのように実現できるかについてご紹介します。

詳しくはこちら

産業用 PC が実現する変革

インテル® プロセッサーを搭載した産業用 PC は、過酷な動作環境に耐えながら、高い性能を提供するように構築されています。

産業用 PC についての詳細

インテルの産業用 IoT (IIoT) ソリューション

IoT は、機械、建物、サプライチェーン、工場、そして送配電網の革新的変革をもたらしています。

詳しくはこちら

免責事項

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。

コストと結果は状況によって変わります。

インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® SSE2、インテル® SSE3、インテル® SSSE3 などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル® マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化のなかにも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。