IaaS、PaaS、SaaS の比較 – クラウド・サービス・モデルの概要

組織に適したクラウド・サービス・モデルを選択することで、予算と IT リソースを最大限に活用できます。

Infrastructure as a Service (IaaS)、Platform as a Service (PaaS)、および Software as a Service (SaaS) はそれぞれ、さまざまなレベルの制御と管理を実現します。お客様のニーズに最適なモデルをご確認ください。

クラウド・コンピューティングはエンタープライズ・テクノロジーの不可欠な要素となっており、アプリケーションと IT as a Service (ITaaS) をエンドユーザーに簡単かつ効率的に提供できるように支援します。今日、クラウド戦略で最も重要な要素の 1 つは、組織に適したクラウド・サービス・モデルを選択することです。

選択肢を表示すると、IaaS、PaaS、SaaS などの同様な用語が表示されます。これらはすべて「as a service」のモデルであり、総称である「Everything as a Service」または「XaaS」に含まれます。選択するサービスのタイプは、利用可能なインフラストラクチャー、IT スタッフリソース、コストに関する考慮事項、クラウド・セキュリティーのニーズによって異なります。
まず、アプリケーションやワークロードをサポートする最適な方法を評価する必要があります。アプリケーションのポータビリティー、データのポータビリティー、セキュリティー、コンプライアンスなど、考慮が必要となるさまざまな要因があります。これらの要因は、オンプレミスとオフプレミスのどちらで構築するかに影響します。

オンプレミスでは、最高レベルの管理と最大の設備投資が必要ですが、長期的には最もコスト効率が高くなる可能性があります。IT チームが、組織に属するハードウェア上のプライベート・クラウドですべてを実行します。

最近では、クラウド・サービス・プロバイダーがオンプレミスの「プライベート・クラウド」サービスの提供を開始しています。例を挙げると、IBM Cloud Private* では、オンプレミスでコンテナー化されたアプリケーションを開発および管理するためのアプリケーション・プラットフォームを提供しています。これらの新しいサービスは、オンプレミス・クラウド・アーキテクチャーに関連する管理コストと設備投資を削減するのに役立ちます。

オフプレミス・サービスまたはパブリック・クラウド・サービスは通常、クラウド・サービス・プロバイダーが提供し、以下のサービス・モデル・タイプのいずれかになります。

Infrastructure as a Service (IaaS)

Infrastructure as a Service (IaaS) では、クラウド・サービス・プロバイダーが、ソフトウェア・スタックを実行するハードウェアを所有および管理します。これには、サーバー、ネットワーキング、およびストレージが含まれます。これは、インフラストラクチャーの購入と保守を回避したい場合に、優れたコスト削減戦略となります。

ただし、IT チームが行う必要のある作業が多く発生します。IaaS モデルでは、IT チームがオペレーティング・システム、データベース、アプリケーション、機能、および組織のすべてのデータを管理します。したがって、一般的にほかのサービスモデルと比較すると、制御性と柔軟性が向上します。

IaaS はセルフサービスであるため、IT チームは必要に応じて、API やダッシュボードからリソースにアクセスできます。IaaS の一般的な例としては、Amazon Web Services* (AWS*)、Google Compute Engine*、Microsoft* Azure* のインスタンスがあります。これらのインスタンスでは、必要に応じて容量を追加または削減できます。つまり、関連するコミットメントがほとんどないため、近い将来にニーズが変化する可能性がある場合に適しています。大規模な組織に属している場合は、企業の別部門から IaaS にアクセスすることもできます。

Platform as a Service (PaaS)

次のレベルのサービスは、Platform as a Service (PaaS) です。PaaS は IaaS に似ていますが、クラウド・サービス・プロバイダーがオペレーティング・システムとデータベースも合わせて提供している点が異なります。つまり、IT チームの負担が軽減されます。この場合も、組織がアプリケーション、機能、およびデータの管理を行います。

PaaS は、開発者がアプリケーションを構築するための、シンプルかつスケーラブルなプラットフォームを提供します。IaaS と同様に、必要に応じて追加のリソースを購入できます。また、複数のユーザーが同時に開発アプリケーションにアクセスできるため、PaaS ではワークフローが合理化され、調整を強化できます。PaaS の例としては、AWS Elastic Beanstalk* と Google App Engine* があります。

Software as a Service (SaaS)

最後に、Software as a Service (SaaS) は、最もサポートが充実しており、エンドユーザーにとって最も使いやすい配信モデルです。組織内ですでに使用しているかもしれません。

SaaS はマルチテナンシー・アーキテクチャーで実行できるため、1 つのソフトウェア・インスタンスで複数のユーザーにサービスを提供します。通常、SaaS 製品ではダウンロードやインストール操作が不要であるため、エンドユーザーはソフトウェアの更新を管理する必要がありません。ユーザーが責任を負うのは、自身のデータのみです。SaaS の一般的な例としては、CRM ソフトウェア、クラウドベースのファイルストレージ、電子メールなどがあります。

IaaS、PaaS、SaaS、およびその他のクラウド・サービス・モデルからどれを選択するのかは、利用可能なインフラストラクチャー、IT スタッフのリソース、コストに関する考慮事項、クラウド・セキュリティーのニーズによって異なります。

その他のサービス

IaaS、PaaS、SaaS 以外にも、知っておくべきクラウド・サービス・モデルのタイプがいくつかあります。

  • Function as a Service (FaaS) - さらに深いレイヤーのサービスを提供します。FaaS では、ユーザーは機能とデータのみを管理します。使用するアプリケーションは、クラウド・サービス・プロバイダーが管理します。この選択肢は、コードを実行していないときはサービスの料金を支払わないため、開発者に特に人気があります。一般的な機能には、データ処理、データの検証または並べ替え、モバイルおよび IoT アプリケーションのバックエンドなどがあります。FaaS プロバイダーには、AWS* Lambda、Azure Functions*、Google Cloud Functions* などがあります。
  • Bare Metal as a Service (BMaaS) - 企業によっては、ほかのお客様と共有されている仮想化されたクラウド環境にワークロードを移行することに関して、懸念を感じる場合もあります。IaaS と PaaS の代替手段として、Bare Metal as a Service (BMaaS) があります。BMaaS は、クラウドと同じ俊敏性、拡張性、および効率性を備えた専用サーバー環境で、仮想化されたクラウドサービスと同等の性能を提供します。BMaaS は、レイテンシーやオーバーヘッド遅延を発生させることなく、メディア・エンコーディングやレンダリング・ファームなどの、データ量の多い短期的な処理を実行する必要がある企業に最適です。
  • Database as a Service (DBaaS) - Database as a Service (DBaaS) は、データベースへのアクセスを提供する PaaS の一種です。DBaaS は、エンドユーザーに影響を与えることなく、オンプレミスとクラウド・インフラストラクチャー間でアプリケーションを移動できるため、ハイブリッド・クラウドを実現する優れた方法となります。また、アプリケーション開発者は、DBaaS を使用するために追加のリソースを必要としないため、新しいテクノロジーを簡単に統合できます。DBaaS の例としては、Microsoft* Azure* SQL Database があります。

インテル搭載のクラウドサービス

さまざまなクラウド・サービス・モデルをオンプレミスとパブリッククラウドのリソースに接続することは、困難な作業となる場合があります。どのモデルを選択する場合でも、オンプレミス・インフラストラクチャー向けのインテル® テクノロジーの基盤から始めれば、パブリック・クラウド・サービスとの互換性を確保できます。それというのも、インテル® テクノロジーがパブリック・クラウド・サービス・プロバイダー全体で統合と最適化が行われているためです。インテル® アーキテクチャーをプライベート・クラウドとパブリッククラウドに組み合わせることで、完全なアプリケーション互換性、ワークロードに最適なパフォーマンス、総保有コストの削減が実現します。ソフトウェアおよびツール環境を再設定、再テスト、再検証することなく、データやアプリケーションを移動できます。

当社は、Amazon Web Services*、Google Cloud*、Microsoft* Azure*、およびその他のクラウド・サービス・プロバイダーと緊密に協力し、データセンターのインテル® テクノロジーのパフォーマンスを最適化しています。この取り組みにより、クラウドサービスへのアクセス方法を問わず、優れた体験を実現します。

その他のリソースおよびソリューション

クラウド管理ツール、サードパーティーのクラウド管理プラットフォームなどに関するリソースをご覧ください。

クラウド・コンピューティングの概要

柔軟性の向上、コストの最適化、効率性の向上を実現する最新のクラウド・コンピューティング戦略をご覧ください。

詳しくはこちら

クラウド管理プラットフォーム

クラウド管理プラットフォームについてと、このプラットフォームにより、コンテナーの使用やパブリックサービスとの統合などの、ビジネスニーズや技術的ニーズにどのように対応できるかを説明します。

記事を読む

クラウド管理テクノロジー

Kubernetes* や Docker* などのクラウド・オーケストレーションとコンテナーツールを使用して、複雑な環境のセットアップとメンテナンスを簡素化する方法をご紹介します。

記事を読む

法的通知と免責事項

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/を参照してください。

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況はさまざまであると考えられます。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

© Intel Corporation