パブリック・クラウド・コンピューティングでスピードと俊敏性を獲得

パブリック・クラウド・ソリューションは、ビジネスにコンピューティング・リソースへの迅速かつ容易なアクセスを提供します。

Software as a Service (SaaS) から仮想化インフラストラクチャーまで、パブリック・クラウド・サービス・プロバイダーは、多額の初期費用なしでコンピューティングおよびストレージリソースへのアクセスを支援します。

パブリック・クラウド・サービスは、何らかの形で、あらゆる規模の企業にとって必要不可欠なものとなっています。クラウドベースの CRM アプリケーションや開発者プラットフォームなど、多くの場合、すでに組織はパブリック・クラウド・リソースを組み合わせて使用しています。選択肢と、ビジネスニーズを適切なサービスに一致させる方法を理解することで、ROI を最大化し、より効果的に作業することができます。

パブリッククラウドは、クラウド導入モデルの 1 つです。プライベート・クラウドではユーザーが所有するインフラストラクチャーを基盤とする一方、パブリッククラウドでは、Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud、Microsoft Azure などのクラウド・サービス・プロバイダーからインターネット経由でリソースを提供します。パブリッククラウドは、ベアメタルから仮想化されたコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングまで、さまざまなサービスを提供します。これにより、必要な量のサービスを購入できるクラウドリソース共有環境が提供されます。このマルチテナント・アーキテクチャーでは、多くのユーザーが同じハードウェア・リソースを利用することができます。ただし、データにアクセスできるのはその組織のユーザーに限られます。

パブリッククラウドの利点
パブリック・クラウド・サービスはいつでもアクセスでき、拡張が容易なため、ビジネスにスピードと俊敏性を提供できます。これにより、迅速な市場への投入や、新しいアプリケーションやサービスを評価するための試験が可能になります。

初期費用の面では、最小限の投資で開始できます。サービスの料金は使用量に応じて設定されるため、必要に応じて容量を追加購入できます。これは、ワークロードの拡張性の面で朗報です。また、IT チームがハードウェアを管理する必要がないため、パブリック・クラウド・サービスの保守コストは比較的低くなります。

短時間のみ必要とされるワークロードでは、パブリッククラウドが特に適しています。例えば、何カ月も待つ余裕のないスタートアップ企業は、パブリッククラウドを導入して、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージをニーズに合わせて迅速に拡張できます。

ただし、特定のデータやアプリケーションのオフプレミスへの移行に懸念がある場合は、まずクラウド・サービス・プロバイダーに問い合わせて、提供されるセキュリティーを確認することが重要です。また、一部の地域の規制により、機密データをオンサイトまたは自国内に保管することが義務付けられている場合があります。このような場合は、プライベート・クラウドが最適な選択肢となります。

「Google Cloud Platform を使用することで、機械学習のトレーニング時間が 20 % 短縮され、実験やイノベーションにリダイレクトできる処理能力が 1 / 5 増加しました。150 の 64 コアインテル® Xeon® Skylake プロセッサーで構成される Kubernetes クラスターをわずか 15 分で構築することができました。」— Alpha Vertex、CTO 兼共同創設者、Michael Bishop

パブリッククラウドのユースケース
クラウド・サービス・プロバイダーが提供する幅広いオプションにより、パブリッククラウドをニーズに最適な方法で購入および利用できます。例えば、Infrastructure as a Service (IaaS) モデルでは、ハードウェア・リソースのインスタンスを購入して、IT チームに OS、データベース、データを管理させることができます。これにより、仮想リソースを使用して仮想化環境を構築できます。

または、保守コストを可能な限り抑えたい場合は、CRM ソフトウェアや給与計算などのアプリケーションに Software as a Service (SaaS) を選択することもできます。IT チームが管理できる量に応じて、これらの中間のレベルのほかのサービスを利用することもできます。

パブリッククラウドの OpEx 重視の構造は、特に AI アプリケーションにおいて有益な場合があります。これは、AI プロジェクトは多くの場合、実験から始まり、長期的なビジネス価値を実証する時間が必要なためです。そのため、多くの場合、CapEx 投資は理想的ではありません。

インテル® テクノロジーを搭載したパブリック・クラウド・ソリューション
パブリッククラウドに最適なワークロードもあれば、プライベート・インフラストラクチャーにより適したワークロードもあります。ほとんどの組織では、ハイブリッドまたはマルチクラウド・アプローチを採用することで、最適な成果を得ることができます。インテルは、VMware (インテル Virtualize ASAP)、Red Hat、Microsoft などのエコシステム・パートナーや、AWS、Google Cloud、Microsoft Azure などのクラウド・サービス・プロバイダー (CSP) と連携して、パブリック・クラウド・リソースとプライベート・クラウド・リソースの最適な組み合わせを利用可能にしています。

インテルは、オンプレミスとクラウドの両方で、クラウド・コンピューティングの強力な基盤を提供します。10 年以上前にクラウド・コンピューティングが導入されて以来、インテルはクラウド・サービス・プロバイダーやエコシステム内のほかの企業と協力して、ワークロードに最適化されたパフォーマンスを発揮する、知名度の高い共同開発ソリューションを最適化および提供してきました。インテルは、クラウドサービスをサポートする数百万個の CPU をグローバルに展開しています。どのクラウド・サービス・プロバイダーを選択しても、一貫した強力なパフォーマンス、拡張性、アプリケーションの互換性を提供するため、インテルの製品が舞台裏で性能を発揮しています。その結果として、クラウドサービス間を再テストや再検証はほとんど不要でシームレスに移動できる、独自の機能が生まれました。

パブリッククラウド開発者向けリソース
大規模なパブリック・クラウド・サービス・プロバイダーでは、開発者フレームワークやインテル® 統合開発環境 (インテル® IDE) ツールスイートを提供して、開発者の迅速かつより効率的な作業を支援しています。これは、選択プロセスにおいて重要な検討事項となる場合があります。さらに、インテルはクラウド・サービス・プロバイダーと連携して、プロバイダーのオンライン・マーケットプレースで利用可能なクラウドサービスに最適化された、統合フレームワークとライブラリーを提供しています。

クラウド・サービス・プロバイダーを選択する際には、各プロバイダーに特化したサービスを評価し、イノベーションを促進するためのビジネスニーズに一致させることが重要です。例えば、現在、多くのクラウド・サービス・プロバイダーが、Database as a Service やデータ・レイク・サービスなどの分析をサービスとして提供しています。

パブリッククラウドによる前進
クラウドリソースの組み合わせを微調整する際には、各アプリケーションを個別に検討することが重要です。すべてのワークロードを同じパブリック・クラウド・プロバイダーに配置する必要はありません。マルチクラウド・アプローチでは、制御性と柔軟性が最も高く、各ワークロードを予算、技術要件、その他のビジネスニーズに一致させることができます。

クラウド導入モデルを比較

クラウド・コンピューティング導入の様々なモデについて、およびお客様の組織にどのオプションが最適化を説明します。

パブリック・クラウド

インテル搭載のパブリック・クラウドは、イノベーションの速度を上げるための追加的な能力を提供します。

詳細情報

プライベート・クラウド

インテル®テクノロジー搭載のプライベート・クラウドは、きわめて重要なワークロードや安全性のために、コントロール機能と高可用性を提供します。

詳細情報

ハイブリッド・クラウド

ハイブリッド・クラウドは、プライベートとパブリックのクラウドリソースを統合することにより双方のメリットを提供します。

詳細情報

マルチクラウド

一貫性、高性能、安全性におけるお客様のビジネスニーズに対応するハイブリッド、マルチクラウドなアプローチのメリットについて説明します。

詳細情報

その他のリソースおよびソリューション

クラウド・コンピューティングの概要

柔軟性の向上、コストの最適化、効率性の向上を実現する最新のクラウド・コンピューティング戦略をご覧ください。

詳しくはこちら

クラウド・サービス・プロバイダー

クラウド・サービス・プロバイダー (CSP) が、インテル® アーキテクチャー上に構築された、データ量の大きい重要なワークロードをどのように実行しているかをご覧ください。

クラウド・サービス・プロバイダー (CSP) のテクノロジーを見る

法的通知と免責事項

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/を参照してください。

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況はさまざまであると考えられます。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

インテル・ソフトウェア製品のパフォーマンスと最適化に関する詳細については、https://software.intel.com/en-us/articles/optimization-notice を参照してください。

Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

© Intel Corporation