インテル® Speed Select テクノロジー (インテル® SST)

よりきめ細かい制御が、より最適なパフォーマンスを実現。

インテル® Speed Select テクノロジー (インテル® SST) を紹介します。CPU パフォーマンスのきめ細かい制御を可能にし、総保有コストを最適化する、さまざまな機能が集約された新しいパワフルなコレクションです。インテル® SST があれば、1 台のサーバーを最大限に活用できます。ほかにも多彩な機能が備わっています。

多様なワークロードや、使用方法に対するニーズの変化、予測不能な需要。複数のサーバーを稼動すれば、周波数のニーズに応じて優先順位をつけることができない標準的な CPU 1 つでも、こういった要件すべてに対応できるのでしょうか?複雑さと TCO の増大を覚悟しない限り、難しいようです。しかし、それは誰も望んでいません。

これが、CPU パフォーマンスのより積極的かつ繊細な制御を可能にするために設計された新しい機能ファミリー、インテル® SST を開発した理由です。これこそ、まさに必要とされていたものです。

全く新しい制御をぜひ体験してください。

インテル® SST — パフォーマンス・プロファイル (PP): 変化するワークロードに合わせて CPU を構成

このファミリーで初めて採用された素晴らしい機能であるインテル® SST-PP は、変動するワークロードに対応できる単一サーバー (複数ではなく) の構成を可能にすることにより、サーバー使用率を向上させ、設定費用を削減します。柔軟性に優れた 1 台のサーバーで複数の構成が可能になり、結果として当然の流れで TCO を最適化できます。

クラウド・サービス・プロバイダーの現行インフラストラクチャー

インテル® SST-PP を採用したクラウド・サービス・プロバイダーのインフラストラクチャー。1 台のサーバーで複数構成が可能

インテル® SST — 基本周波数 (BF): 必要な場所により多くのパワーを集中

しかも、必要なタイミングで集中できます。インテル® SST-BF 機能により、基本周波数の制御および方向付けが可能になるため、最も重要なワークロードに対して、最も重要なタイミングで「パワーアップ」できるのです。このようにパフォーマンスを細かく割り当てることで、全体のパフォーマンスが大きく向上します。

インテル® Speed Select テクノロジー — 基本周波数 (インテル® SST-BF)

専用 SKU がより繊細に微調整

特定のニーズにより綿密に対応するために、専用 SST CLX SKU はインテル® Speed Select テクノロジーの機能を活用して、制御とパフォーマンスをさらに高いレベルへ引き上げます。

ネットワーク / NFV 専用 SKU—このタイプの SKU は、ネットワークとネットワーク機能仮想化 (NFV) のワークロードに最適化されているため、通信サービス・プロバイダーは特に、拡張可能なより高度なパフォーマンスを 2 つの方法で提供できるようになります。

1 つ目が、ネットワークおよび NFV ワークロード用に定義された基本周波数です。2 つ目が、優先度の高いワークロードへ周波数を多く割り当て、必要に応じて仮想ネットワーク機能 (VNF) のパフォーマンスを向上させる SST-BF 機能です。

Speed Select SKU —
このタイプの SKU には SST-PP 機能が備わっています。コストやデータセンターの複雑さを軽減するために設計されたインテル® Speed Select SKU は、CPU SKU の統合を可能にし、テストや検証に必要なシステム数を抑えて、プラットフォームの設定費用を削減します。

現行のネットワーク機能仮想化

インテル® SST-BF を使用したネットワーク機能仮想化

関連情報

インテルと Velcom がネットワーク仮想化で連携
Velcom がインテルとの連携により、どのようにコア・ネットワークを仮想化し、顧客に新サービスをより迅速に展開しているかご覧ください。

ビデオを見る ›

IMS の仮想化により競争力を強化
通信サービス・プロバイダーが、どのように俊敏性を高め、イノベーションを推進し、新しいサービスを迅速かつ低コストで展開できるかを説明します。

ソリューション概要を読む ›