安全なショッピングの実現方法

Sensormatic は、ビデオベースの人工知能ソリューションを活用して、小売業者が安全に開店できるよう支援しています。

重要なポイント:

  • Sensormatic Solutions は、同社のソリューションを既存店舗のインフラストラクチャーおよびカメラに内蔵することで、コロナ禍にあって店舗を安全に再開できるよう支援しています。

  • インテル® ビジョン・プロダクトを使用して、店舗は混雑状況をトラッキングし、ソーシャル・ディスタンスを監視し、健康と安全に関するリアルタイムのアラートを受け取ることができます。

  • インテル® ビジョン・プロダクトと Sensormatic Solutions、そして同社のインテリジェント・オペレーティング・プラットフォームである Sensormatic IQ を合わせることで、小売店は新たな課題を解決できます。このソリューションは AI とコンピューター・ビジョンを活用することで成り立っており、顧客インサイト、エンゲージメント測定、在庫追跡その他の用途でも利用が広がっています。

author-image

By

ショッピングは、カジュアルな出入り、発見のチャンス、あるいは日常生活の単なる一部といったように、多くの人々にとって様々な意味を持っていました。しかし今やこのパンデミックの中で、ショッピングは不安に満ちた任務となることもあります。買い物客を安心させるため、企業は店舗の混雑状況を自動的に把握し、ソーシャル・ディスタンスの順守を監視することで、より安全で快適な環境を作り出そうと試みています。Sensormatic Solutions はインテルと連携して、店内カメラやセンサーの人工知能を強化し、店舗が安全に運営できるよう支援しつつ、パンデミックを超えてさらなるイノベーションの基盤を構築しています。

トラッキング技術における実績

1990年代半ばから、ShopperTrak は幾多もの店舗にセンサーを設置して、来店客のモニタリングとコンバージョン率分析を導入しました。その結果、カスタマージャーニーに関する新たな知見が得られるようになり、またビジネスの設計方法と店舗の人材確保方法に永続的な変化がもたらされるようになりました。それから数十年後、Sensormatic Solutions は、コロナ禍にあって運営のルールが目まぐるしく変化する中、店舗がこの課題を乗り越えていくことをどのように支援すべきか検討しました。そして、一つの理解に達しました。ソーシャル・ディスタンスや混雑状況のルールを監視するためにスタッフを利用する費用とリスクを考えれば、これらのプロセスを自動化することが人命を救い、不安を減らし、この困難な中においても利益を守ることにつながるのではないかということです。

人工知能が安全な店舗体験を実現する方法

店舗が既存のセンサーやカメラ・プラットフォームを活用して、より複雑なタスクを達成できるよう、Sensormatic Solutions はインテルと速やかに連携しました。複雑な分析を用いることで、お互いが近い距離にある家族のグループと、知らない人同士が近くで行うやりとりとの間にある違いを認識して、店舗がソーシャルディスタンスを追跡できるようになりました。
インテル® と Sensormatic Solutions は、すでにビデオ AI ソリューションにおいて 18 カ月間協力して取り組んでいましたが、パンデミックにより開発の時間を加速化しました。両者は店内で AI モデルを集約、分析、実行するように設計されたインテル® ビジョン・テクノロジーとインテル® プロセッサーを活用しました。これにより、リアルタイムの店舗インサイト、人材配置の提案、顧客行動の予測といった機能を備えた、Sensormatic IQ プラットフォームが実現したのです。
設定が完了すると、このテクノロジーは店内が最大収容人数に達したときに、従業員に重要な通知を送信できます。Sensormatic IQ プラットフォームは、混雑状況の変化に応じて、例えば混雑を制御するため従業員をドア付近に配置すべき時間を示すなど、人材配置に関する具体的なインサイトを提供できます。

買い物客が抱く新たな期待

人の接触に慎重になった世界において、利便性と安全性が常に最優先事項となる中で、「新しい生活様式」が現れました。小売店は、透明性の高い店内の安全性、非接触決済、迅速な人材配置、便利な受注処理などといった新たなテクノロジーを採用しています。用心深い顧客は、秩序と安全の維持について、店舗側があらゆる措置を講じることを期待しています。消費者調査によると、回答者の 68% が、生活が正常に戻るには時間がかかるだろうと述べています。1 これはつまり、店舗は長期間にわたり不安を抱く買い物客を受け入れることになるということです。そのため、リアルタイムの混雑状況監視およびソーシャル・ディスタンスのソリューションは不可欠となっています。

新型コロナウイルスにより小売店が新たな現実に直面する中、業界は消費意欲の回復に向けて取り組み始める必要があり、そしてそれは、安全な店舗環境を作り出せるよう支援することから始まると私たちは考えています。

Sensormatic Solutions、VP of Engineering、Subramanian Kunchithapatham

危機から回復への移行

デパート、家庭用品店、家具店、さらには通信プロバイダーにいたるまで、このテクノロジーを熱心に採用する人々がすでに殺到しています。Sensormatic Solutions は、最初は生活必需品を扱う店舗に焦点を当てていましたが、現在では再開と回復を願っている事業を幅広く支援できるよう取り組んでいます。公共安全のモニタリングへの需要は、小売店だけにとどまりません。スポーツ複合施設からカジノ、図書館、学校に至るまで、Sensormatic Solutions はあらゆる人々から問い合わせを受けています。Sensormatic Solutions の製品への関心は幅広いものがありますが、しかし同社は忠実な顧客がスマートで安全なソリューションを生み出せるためどのように役立てるかということを重視しています。

Sensormatic Solutions の vice president of engineering である Subramanian Kunchithapatham は次のように述べています。「新型コロナウイルスにより小売店が新たな現実に直面する中、業界は消費意欲の回復に向けて取り組み始める必要があり、そしてそれは、安全な店舗環境を作り出せるよう支援することから始まると私たちは考えています。インテル® Movidius™ ビジョン・プロセシング・ユニットからインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーおよびインテル Xeon® プロセッサー・ファミリーに至るインテル® Vision Portfolio と、インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットのおかげで、私たちはビジネスに不可欠な決断を下し、安全に消費意欲を高めるために、小売店が適切なテクノロジーとリアルタイムのインサイトを備えるために役立つソリューションをカスタマイズすることができています」

店舗内 AI による有望な未来

人数計測とソーシャル・ディスタンスは、単なる始まりに過ぎません。各場所にインテル製品を搭載した、AI 対応のスマートハブが設置されることにより、買い物客のエンゲージメント、棚補充、ファストフード・レストラン、カーブサイド・ピックアップの待ち時間など、時が経つに従って生まれる新たな用途をビジネスに活用できます。店内で AI が活用されることにより、小売店の状況は引き続き変化し進展していきます。買い物の方法は、より安全かつスマートなものになっていくでしょう。
安全でスマートな買い物方法を生み出すことは素晴らしいものです。そして、インテルが Sensormatic などのパートナーと共に成してきたのは、とても素晴らしいことなのです。
Sensormatic Solution の新型コロナウイルス小売テクノロジーに関する詳細については、こちらをクリックしてください。また、Sensormatic Solutions のインテリジェント・プラットフォームである Sensormatic IQ については、こちらをクリックしてください。

免責事項

インテルはサードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、ほかのソースを参照する必要があります。インテルのテクノロジーを使用するには、対応したハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。

コストと結果は状況によって異なります。インテルは人権を尊重し、人権侵害の発生を回避するように尽力しています。インテルの世界の人権の原則をご覧ください。インテル® 製品とソフトウェアは、国際的に認められている人権を侵害しない、または侵害の原因とならないアプリケーションに使用されることを目的としています。© Intel Corporation.Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。