デジタル油田の未来を切り開く

インテル® テクノロジーは、エッジからクラウドまで完全に相互運用が可能なスケーラブルなソリューションで、油田の運用を最適化します。

油田で活用できるインテリジェンスを構築する

  • 石油・ガス会社は現在、コストの管理と新たな価値の創出に向けて OT と IT の最新化を進めていますが、

  • デジタル油田は、テクノロジー、情報、人員およびプロセスを統合することにより、企業の生産ライフサイクル全体におけるアセットのパフォーマンスと価値の最大化に役立ちます。

  • デジタル油田を正しく導入するには、パワフルで柔軟性のある標準ベースのコンポーネントとソリューションが不可欠です。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

インテルの IoT テクノロジーとソリューションは、石油・ガス業界に必要とされる柔軟性、標準化、革新を提供し、運用効率と資本効率の両方を向上します。

石油と同じように、データは非常に価値あるリソースであり、成長と収益性の向上に向けて計り知れないチャンスを創出します。石油・ガス会社にとっての課題は、多種多様な分散ソースから大量のデータを効率的に収集、分析、視覚化して、運用上のインサイトとビジネス価値を創出しながら、投資収益率を改善するところにあります。

デジタル油田は、オペレーターが生産関連の情報をリアルタイムで統合、解釈、処理し、現場の運用を最適化するのに役立つ有望なソリューションを提供します。しかし、その見込みを実現するためには、石油・ガス会社はデジタル・テクノロジーと機器の適切な組み合わせに対して投資を行い、探索、開発、生産といった資産のライフサイクルにおけるすべてのフェーズをサポートする必要があります。

デジタル油田とは

デジタル油田は、技術、情報、人、プロセスを統合し、石油やガスの生産ライフサイクル全体にわたって資産のパフォーマンスや価値を最大化します。デジタル油田またはスマート油田のソリューションの目的はシンプルです。統合ワークフローを通じて生産を最適化し、運用効率を向上させ、生産性を高めることです。

何百もの技術やシステム、そして測定があらゆる油田で使用されています。スマートデジタル油田との違いは、資産のオペレーションに関連するすべてのデータとプロセスが接続されている点です。これには、機器のモニタリングとリーク検出のための高速ループ処理、リフト最適化のための中速ループ処理、貯水池最適化のための低速ループ処理も含まれます。

デジタル油田ソリューションの中核には膨大な量のデータがあり、3 次元地震探査、坑井ログ、生産と安全システムなどのソースからデータを収集、分析、視覚化する必要があります。そのためには、相互接続されたインテリジェンスが組込まれたデバイスに加え、最大限の制御、柔軟性、可視性を提供するサポート・ネットワークとクラウド・インフラストラクチャーが必要です。

インテリジェントな油田ソリューションの特長

予測分析、ディープラーニング・モデル、そのほかのデータ分析手法を通じて、デジタル油田により石油・ガス会社は次のことが行えるようになります。

  • 生産の最適化: 油井や生産設備でスケーラブルなエッジ・コンピューティングを使用することで、資産の状況をより適切に把握できるため、運用、生産、回収を最適化できます。
  • 運用効率の向上: リアルタイム制御、分散分析、自動ワークフローなどの機能により、現場での運用コストを削減し、資産のパフォーマンスと信頼性を向上させ、予定外のメンテナンスを排除できます。
  • チーム間でのコラボレーション: 自動化エンジニアからデータ・サイエンティストまで、チームや分野を横断してデータを統合することで、デジタル油田は、より優れたコラボレーションやコミュニケーションを実現し、より速やかに情報に基づく意思決定を行えるようにします。
  • 健康と安全の強化: リモート操作、現場訪問の削減、データに基づいた安全プロセスを通じて、デジタル油田は、可能な限り安全な方法で生産できるよう支援します。
  • 環境コンプライアンスの改善: 効率性の高い現場運用、詳細なセンサー・インテリジェンス、AI ベースの予測により、石油・ガス会社が環境要件を満たす、またはそれを超えることができるようにサポートします。

デジタル油田またはスマート油田のソリューションの目的はシンプルです。統合ワークフローを通じて生産を最適化し、運用効率を向上させ、生産性を高めることです。

デジタル油田の未来

インテルは自社のテクノロジー、サービス、エコシステムにおけるリーダーシップで、デジタル油田の未来を切り開いています。生産ライフサイクル全体にわたって実装をより簡単に、より効果的に、そしてより経済的にすることを目的として設計されたソリューションを提供します。

  1. 探索: インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを使用することで、オペレーターはパフォーマンスの高い並列処理を活用し、遅延を抑えて新しい埋蔵場所を探すことができます。
  2. 開発: 高性能コンピューティング向けのインテル® スケーラブル・システム・フレームワーク (インテル® SSF) は、拡張性の高い処理、強力なワークステーション、最新のソフトウェア・コードを組み合わせて、石油・ガス会社がより正確な貯留池シミュレーションを実行し、計算時間を短縮して、資本効率を最大化できるようにします。
  3. 生産: リモート資産のモニタリングから回収の最適化まで、インテル® アーキテクチャー・ベースの IoT ソリューションとサービスは、生産を加速する目的で設計されています。インテル® IoT ゲートウェイ・テクノロジーとそのほかのデジタル油田ソリューションは、エッジでリアルタイムの制御と分析を提供し、極めて優れた石油回収と投資収益を実現します。

油田全体における標準化

リファレンス・アーキテクチャーを中心に標準化することで、石油・ガス会社はカスタマイズされた独自のコンポーネントから商用オフザシェルフ (COTS) ソリューションに移行できます。新世代の標準化された相互運用が可能なインテル® アーキテクチャー・ベースの産業用 PC を統合することで、システム統合とデータ分析が可能になり、運用効率を向上できます。

インテルと共に次の IoT プロジェクトを実現しましょう


インテル® のテクノロジーを使ったソリューションで皆様のお役に立てるよう、IT プロジェクトのニーズについて詳しくお知らせください。

免責事項および注意事項

インテル® のテクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況はさまざまであると考えられます。インテルはいかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。© Intel Corporation.