クラウド導入モデルの概要

パブリッククラウド、プライベート・クラウド、およびハイブリッド・クラウドのユースケースと利点をご紹介します。

クラウド導入モデルは、ビジネスに合わせた比類なき価値をもたらします。パブリッククラウド、プライベート・クラウド、およびハイブリッド・クラウドの利点を理解することで、ワークロードの配分を最適化し、ROI を最大化できます。

今日の企業は、IT サービスとアプリケーションの複雑なエコシステムに依存しており、それぞれにプライバシー、可用性、およびコストに関する独自の要件があります。過去 10 年において、企業はプロセスの効率性を向上し、ユーザーが必要とする時にいつでも提供される、柔軟かつスケーラブルなコンピューティング・リソースを迅速に市場投入する方法として、クラウドを採用してきました。しかし、このクラウドをどのように使用するかが、利点を得るための真の鍵となります。

まず、クラウド・コンピューティングでの導入では、さまざまなモデルから選択できます。クラウド・インフラストラクチャーと各ワークロードの配置は、ビジネスニーズによって異なります。このビジネスニーズの例としては、短期的なコストと長期的な総保有コスト (TCO) のバランスの維持、データガバナンス規制への対応、ミッション・クリティカルなアプリケーションの稼働率の確保があります。

クラウド導入戦略を策定する際には、企業が使用する各アプリケーションまたはサービスの配置に対する、コスト、プライバシー、および可用性による影響を考慮します。

パブリック・クラウド

多額な先行投資を必要としないコンピューティング・リソースに迅速にアクセスする必要がある企業にとって、パブリック・クラウド・サービスが最適な選択肢となります。パブリッククラウドでは、企業はクラウド・サービス・プロバイダーが提供する公共のインターネット経由で、仮想化されたコンピューティングやストレージ、ネットワーキング・サービスを購入します。これにより、市場投入までの時間の短縮、迅速な拡張、および俊敏性の獲得が可能となるため、新しいアプリケーションやサービスを素早く試すことができます。

パブリック・クラウド・サービスは従量制として設定されているため、導入に必要な投資は最小限です。必要に応じて容量を追加購入できるため、拡張も簡単です。パブリック・クラウド・サービスは、短期間実行するワークロードの場合に特に便利です。例えば、実行可能性を実証するために数カ月も費やす余裕がない導入の場合、必要な期間のみ、必要なコンピューティングを適量分だけ購入できます。また、IT チームはハードウェアを保守する必要がありません。

現在の大手クラウド・サービス・プロバイダーには、Amazon Web Services*、Microsoft* Azure*、Alibaba Cloud*、Google Cloud*、IBM* などがあります。大小さまざまなプロバイダーがあり、それぞれ独自のサービスメニューを提供しています。

ただし、移行が困難またはリスクが発生する可能性のあるレガシー・アプリケーションなど、パブリッククラウドでは機能しないワークロードもあります。そのため、プライベート・クラウドは依然として、クラウド戦略の重要な要素となっています。

プライベート・クラウド

リソースとデータを最も効率的に管理する方法、および長期的に最もコスト効率が高いソリューションをお探しの場合は、プライベート・クラウドが最適な選択肢となります。

プライベート・クラウドはデータセンターでホストされ、IT チームによって管理されます。組織がハードウェアを購入してインストールするため、多額な設備投資が必要となります。また、継続的な管理と運用コストも必要です。一方、プライベート・クラウド上でワークロードを実行すると、より少ない物理ハードウェアでより多くのコンピューティング能力を提供できるため、TCO を削減できます。また、パブリッククラウドに移行できないレガシー・アプリケーションもサポートします。

独自のプライベート・クラウドを使用することで、データの共有および保存方法を制御することもできます。データガバナンスを管理し、すべての規制の遵守を徹底、価値ある知的財産を保護できるため、クラウド・セキュリティーが懸念となる場合は、これが多くの場合、最適な選択肢となります。

これに加えてプライベート・クラウドは、オンデマンドのデータ可用性を提供し、ミッション・クリティカルなワークロードの信頼性とサポートを確保します。また、リソースの使用方法を制御できるため、変化するワークロードのニーズに迅速に対応できます。

ハイブリッド・クラウド

ハイブリッド・クラウドでは、パブリッククラウドとプライベート・クラウドの環境を組み合わせて、データとアプリケーションを共有できます。これにより、企業は自社のインフラストラクチャーとパブリッククラウド間で切り替えて、サービスをシームレスに拡張できます。

マルチクラウド

それぞれに独自の要件を持つさまざまなタイプのワークロードが存在するため、多くの企業では、自社のプライベート・クラウド・リソースを含む複数のクラウド・サービス・プロバイダーのサービスを組み合わせて使用することが多くあります。これは、マルチクラウド・アプローチと呼ばれます。

マルチクラウドでは、さまざまな価格帯、サービス、機能、および地理的な場所から選択できるため、より優れた柔軟性があります。慎重に計画することで、マルチクラウド戦略では、利用するサービスを問わず、組織全体で一貫性を保つことが可能です。マルチクラウドでは、Google Cloud* の Anthos* など、クラウド環境全体に管理とオーケストレーションを提供するためのソフトウェア・レイヤーが必要となります。

つまり、マルチクラウドのハイブリッド・クラウド・アプローチは、プライベート・クラウドとパブリッククラウドの両方の利点を提供し、ワークロードを最適な場所で実行できる柔軟性を備えています。

クラウド導入モデルの選択

IT 部門の意思決定者は、1 つのアプローチですべてに対応するのではなく、ワークロードごとにクラウド導入モデルを選択する必要があります。まず、アプリケーションのニーズと依存関係、およびビジネス目標とその推進力を考慮した評価を実施します。目標を変更する必要がある可能性も考慮します。例えば、ワークロードによっては、市場投入までの時間を短縮する必要があるためにクラウドで導入し、制御能力と TCO を最大化するためにプライベート・クラウドに移行することがあります。

導入のための一般的なガイドラインをいくつか紹介します。

プライベート・クラウド - プライベート・クラウドは、次のような場合のユースケースに最適です。

  • 知的財産などの機密情報の保護
  • データ主権またはコンプライアンス要件の適合
  • 高可用性を確保したい

パブリッククラウド - パブリッククラウドは、次のような要件があるユースケースに最適です。

  • 迅速に拡張して、市場投入までの時間を短縮したい
  • 短期的にワークロードを実行したい
  • 先行費用を管理したい
  • IT リソースの需要を軽減したい

各アプリケーションの要件を満たし、ワークロードを最適化するには、多くの場合パブリッククラウドとプライベート・クラウドを組み合わせて導入する必要があることに注意してください。

概要ビデオを見る ›

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーでクラウドを強化

ハイブリッド・クラウドおよびマルチクラウド・アプローチでは、アプリケーションの互換性とパフォーマンスが重大な考慮事項となります。インテルは、お客様がプライベート・クラウドとパブリッククラウドを自由に組み合わせて使用し、インテル® プラットフォーム上で揺るぎないパフォーマンスを確信いただけるよう、取り組んでいます。これらのプラットフォームには、ワークロードの携帯性と拡張性を確保するバーチャライゼーション・テクノロジーが搭載されています。

インテルは、大手パブリック・クラウド・サービス・プロバイダーと緊密に協力して、データセンターにインテル® テクノロジーを統合して最適化し、アプリケーションとツールの互換性、ワークロードに最適なパフォーマンス、およびセキュリティー機能を実現しています。クラウドでのインテル® アーキテクチャーにより、同じインスタンス内で大量のデータを処理するワークロードから AI のワークロードに拡張できます。インテル® ディープラーニング・ブースト (インテル® DL ブースト) などの AI 対応テクノロジーにより、アプリケーションをワンランク上に高められます。この結果、クラウドの使用方法を問わず、卓越した価値とパフォーマンスを確実に提供します。

インテルは、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー、ネットワーキング・コンポーネント、ソリッドステート・ドライブ (SSD) に加え、さまざまなテクノロジーを実現する豊富なポートフォリオ、導入しやすいクラウド・ソリューション、幅広く選択できる業界パートナー企業の協力でクラウドを強化します。インテルのクラウド・サービス・プロバイダー・エコシステムへの取り組み、継続的な最適化、オープンソース・コミュニティーへの貢献により、クラウドの構築やクラウドサービス購入時の幅広いサポートと選択肢を提供しています。また、インテルのパートナーが提供するさまざまなインテル® Select ソリューションでは、迅速かつ簡単な導入が可能となります。

適切に統合された環境では、ユーザーは、クラウドのタイプにかかわらず、必要なサービスを利用できます。その結果、企業は生産性、リソース使用率、およびコスト効率を最大化できます。

クラウド導入モデルを比較

クラウド・コンピューティング導入の様々なモデについて、およびお客様の組織にどのオプションが最適化を説明します。

パブリック・クラウド

インテル搭載のパブリック・クラウドは、イノベーションの速度を上げるための追加的な能力を提供します。

詳細情報

プライベート・クラウド

インテル®テクノロジー搭載のプライベート・クラウドは、きわめて重要なワークロードや安全性のために、コントロール機能と高可用性を提供します。

詳細情報

ハイブリッド・クラウド

ハイブリッド・クラウドは、プライベートとパブリックのクラウドリソースを統合することにより双方のメリットを提供します。

詳細情報

マルチクラウド

一貫性、高性能、安全性におけるお客様のビジネスニーズに対応するハイブリッド、マルチクラウドなアプローチのメリットについて説明します。

詳細情報

その他のリソースおよびソリューション

クラウド・コンピューティングの概要

柔軟性の向上、コストの最適化、効率性の向上を実現する最新のクラウド・コンピューティング戦略をご覧ください。

詳しくはこちら

卓越した競争力をもたらすクラウド・ソリューション

パブリック / プライベート / ハイブリッド・クラウドは、企業の規模にかかわらず、今日の複雑な技術的課題に役立つ IT サービスと機能を提供します。

詳しくはこちら

最適なワークロード配置戦略

クラウド・ホスティングの決定においてワークロードのパフォーマンス、セキュリティー、統合、データ量が非常に重要であることを説明します。

詳しくはこちら

法的通知と免責事項

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/を参照してください。

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況はさまざまであると考えられます。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルマークは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。

その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

© Intel Corporation