人工知能 (AI) のスペシャリストが語る、データサイエンスと AI が持つ世界を変革する力

Andy Veluswami 氏 Change.org データサイエンス・分析ディレクター

このビデオでは、インテルの AI スペシャリストである Change.org の Andy Veluswami 氏が、データサイエンスと AI が組み合わさることで世界を変える力を持つことと、これからの AI の可能性について説明します。

ビデオの音声スクリプトを読む:
データサイエンスにはとてつもない可能性を感じます。まるでパズルを解くようですが現実の世界に密接に関り、Change.org のように世界を変える力になります。

Change.org ...はオンラインで署名を集められる世界最大のプラットフォームです。データサイエンスを活用してユーザーの声を広め、変化のムーブメントに加わろうとする世界中の人々の声をすくい上げます。コミュニケーションには、メールを使います、これは"アクションアラート"と呼ばれています。ユーザーが過去に署名したものと類似性のある署名活動を知らせます。

Change.org では、多くの署名活動が賛同者を集めることに成功し目標数を達成しています。アルゴリズムを使ったおかげで、関心がありそうなユーザーを見つけるのがより容易になったためです。それは芸術的な、データサイエンスの一端です。5 年前だったらできなかったと思います、コンピューティングのパワーがなければ不可能です。要求水準はますます高くなり拡張性や効率化も求められます。ユーザーがより大きなことに取り組めるようにしたいのです。

今後、データサイエンスが新たなステージへ進んでいくためには、高速な演算能力を超えた何かが必要です。機械に何かを教えるとき、計算の仕方は教えられましたが"節度ある振る舞い"を教えることはできていません。子供にだって、礼節を教えずに算数だけ教えることはありません。今、実現しようとしているのは、頭の回転が速いだけでなく、思慮深く状況に沿って判断できる機械です。その取り組みはもう始まっています、大きな成果を期待してください。

人工知能の時代が到来


インテルのテクノロジーとプログラムが人工知能 (AI) の可能性を解き放ちます。