タイミング・アナライザーの最大および最小遅延コマンド

author-image

By

最小遅延

set_min_delay コマンドを使って、指定したパスの絶対最小遅延を指定できます。次のリストに、set_min_delay コマンドと利用可能なオプションを示します。

set_min_delay
     [-from <from list>]
     [-to <to list>]
     [-thru <thru list>]
     <delay value>

表 1 に set_min_delay コマンドのオプションを示します。

表 1.set_min_delay コマンドのオプションの説明

オプション 詳細
-from <from list> <from list> は、デザイン内のオブジェクトのコレクションまたはリストです。<from list> は、パスの開始ポイントとして機能します。
-to <to list> <to list> は、デザイン内のオブジェクトのコレクションまたはリストです。<to list> は、パスの終了ポイントとして機能します。
-thru <thru list> <thru list> は、デザイン内のオブジェクトのコレクションまたはリストです。<thru list> は、パスのスルーポイントとして機能します。
<delay value> 遅延値を指定します。

ソースまたはデスティネーションのノードがクロック処理されている場合は、クロックパスが考慮され、データパスの遅延をおおよそ許容します。ソースまたはデスティネーションのノードに入力または出力の遅延がある場合、その遅延も最小遅延チェックに含まれます。オブジェクトがタイミングノードの場合、最小遅延は 2 つのノード間のパスにのみ適用されます。オブジェクトがクロックの場合、最小遅延は、ソースノード (-from の場合)またはデスティネーション・ノード (-to の場合) がクロックによってクロック処理されるすべてのパスに適用されます。

set_output_delay 制約を使用していない出力ポートには、set_min_delay コマンドの例外を適用できます。この場合、セットアップ・サマリーとホールド・サマリーは、これらのパスのスラックを報告します。出力ポートに関連するクロックがないため、これらのパスにはクロックが報告されず、Clock 列は空になります。この場合、これらのパスのタイミングを報告することはできません。

注: set_min_delay コマンドで出力パスにクロックフィルターを使用してタイミングを報告するには、出力ポートに set_output_delay コマンドを使用して値を 0 にする必要があります。set_output_delay コマンドでは、デザイン上の既存クロックや仮想クロックをクロック・リファレンスとして使用できます。

最大遅延

set_max_delay コマンドを使って、指定したパスの絶対最大遅延を指定できます。次のリストに、set_max_delay コマンドと利用可能なオプションを示します。

set_max_delay
     [-from <from list>]
     [-to <to list>]
     [-thru <thru list>]
     <delay value>

表 2 に set_max_delay コマンドのオプションを示します。

表 2 set_max_delay コマンドのオプションの説明

オプション 詳細
-from <from list> <from list> は、デザイン内のオブジェクトのコレクションまたはリストです。<from list> は、パスの開始ポイントとして機能します。
-to <to list> <to list> は、デザイン内のオブジェクトのコレクションまたはリストです。<to list> は、パスのエンドポイントとして機能します
-thru <thru list> <thru list> は、デザイン内のオブジェクトのコレクションまたはリストです。<thru list> は、パスのスルーポイントとして機能します。
<delay value> 遅延値を指定します。

ソースまたはデスティネーションのノードがクロック処理されている場合は、クロックパスが考慮され、データパスの遅延をおおよそ許容します。ソースまたはデスティネーションのノードに入力または出力の遅延がある場合、その遅延も最大遅延チェックに含まれます。

オブジェクトがタイミングノードの場合、最大遅延は 2 つのノード間のパスにのみ適用されます。オブジェクトがクロックの場合、最大遅延は、ソースノード (-from の場合) またはデスティネーション・ノード (-to の場合) がクロックによってクロック処理されるすべてのパスに適用されます。

set_output_delay 制約を使用していない出力ポートには、set_max_delay コマンドの例外を適用できます。この場合、セットアップ・サマリーとホールド・サマリーは、これらのパスのスラックを報告します。出力ポートに関連するクロックがないため、これらのパスにはクロックが報告されず、Clock 列は空になります。この場合、これらのパスのタイミングを報告することはできません。

注: set_max_delay コマンドで出力パスにクロックフィルターを使用してタイミングを報告するには、出力ポートに set_output_delay コマンドを使用して値を 0 にする必要があります。set_output_delay コマンドでは、デザイン上の既存クロックや仮想クロックをクロック・リファレンスとして使用できます。