タイミング・アナライザー GUI の特殊機能

author-image

By

タイミング・アナライザーは、直感的で使いやすいグラフィック・ユーザー・インターフェイス (GUI) を備えており、デザインの制約や分析を効率的に行うことができます (図 1 を参照)。

図 1.タイミング・アナライザー GUI。

[ビュー] ペイン

[ビュー] ペインは、タイミング分析の結果を表示するメインの表示エリアです。[ビュー] ペインを使って、サマリーレポート、カスタムレポート、ヒストグラムを表示できます。図 2 に、[レポート] ペインからサマリー (セットアップ) レポートを選択した後の [ビュー] ペインを示します。

図 2.サマリー (セットアップ) レポート。

[ビュー] ペイン: 分割

タイミングの結果を適切に分析するためには、複数のレポートを比較することが非常に重要です。複数のレポートを見やすくするために、[ビュー] ペインはウィンドウの分割をサポートしています。ウィンドウ分割では、[ビュー] ペインを複数のウィンドウに分割し、異なるレポートを並べて表示できます。

[ビュー] ペインの右上にある分割アイコンを使って、[ビュー] ペインを複数のウィンドウに分割できます。アイコンをさまざまな方向にドラッグすると、[ビュー] ペインに追加のウィンドウビューが生成されます。

ビューウィンドウを水平に分割

例えば、分割アイコンを下にドラッグすると、[ビュー] ペインでは、現在のウィンドウの上に新しいウィンドウが作成されます (図 3 を参照)。

図 3.[ビュー] ペインを横に分割します。

[ビュー] ペインを左に分割

分割アイコンを左にドラッグすると、[ビュー] ペインでは、現在のウィンドウの右側に新しいウィンドウが作成されます (図 4 を参照)。

図 4.[ビュー] ペインを左に分割します。

[ビュー] ペインを斜めに分割

分割アイコンを斜めにドラッグすると、[ビュー] ペインに 3 つの新しいウィンドウが作成されます (図 5 を参照)。

分割アイコンを下にドラッグすると、現在のウィンドウの真下に新しいウィンドウが作成されます。

図 5.[ビュー] ペインを斜めに分割します。

分割した [ビュー] ペインの削除

分割アイコンを使って [ビュー] ペインで作成したウィンドウは、ウィンドウの境界線を削除したいウィンドウの上方にドラッグすることで削除できます。

図 6.分割した [ビュー] ペインを削除します。

[タスク] ペイン

[タスク] ペインを使って、ネットリスト・セットアップ・レポート生成などの一般的なコマンドにアクセスできます。

一般的な 2 つのコマンドは、タスクペイン内にある [プロジェクトを開く] と [SDC ファイルを書き出す] です。その他のコマンドは以下のフォルダ内にあります。

注: [タスク] ペインの各コマンドには、等価のツールコマンド言語 (Tcl) コマンドがあり、コマンドの実行時に [コンソール] ペインに表示されます。

[プロジェクトを開く] と [SDC ファイルを書き出す]

タイミング・アナライザーでプロジェクトを開くには、[プロジェクトを開く] タスクをダブルクリックします。Quartus® II ソフトウェア GUI からタイミング・アナライザーを起動した場合、プロジェクトが自動的に開きます。

タイミング・アナライザーが最初の Synopsys® Design Constraints (SDC) ファイルを読み込んだ後に、制約をタイミング・ネットリストに追加したり、そこから削除したりできます。ファイルが読み込まれた後、最初の SDC ファイルは、タイミング・アナライザーの制約と比較して古くなります。[SDC ファイルの書き出し] コマンドを使用して、最新の SDC ファイルを生成し、タイミング・アナライザーの制約の現在の状態を反映させます。

ネットリスト・セットアップ・フォルダー

ネットリスト・セットアップ・フォルダーには、タイミング分析用のタイミング・ネットリストをセットアップするためのタスクが含まれています。このフォルダー内にある 3 つのタスクを表 1 に示します。

表 1.ネットリスト・セットアップ・フォルダーのコマンド

ネットリスト・セットアップ・タスク 詳細
タイミング・ネットリストの作成 タイミング・アナライザーがスタティック・タイミング分析を行う際に使用するネットリストを作成します。このネットリストは、タイミング・アナライザーによるタイミング分析にのみ使用されます。 (1)
SDC ファイルの読み込み タイミング・ネットリストに制約を適用します。デフォルトでは、Read SDC File コマンドは、<current revision>.sdc ファイルを読み込みます。 (2)
タイミング・ネットリストの更新 制約を入力した後、タイミング・ネットリストを更新します。制約をデザインに追加したり、デザインから削除したりする場合、このコマンドを使用します。

注:

  1. タイミング・アナライザーでスタティック・タイミング分析を行う前に、必ずタイミング・ネットリストを作成してください。
  2. デザインの現在のリビジョンに関連付けられていない SDC ファイルを読み込むには、read_sdc コマンドを使用します。

レポートフォルダー

レポートフォルダーには、スタティック・タイミング分析結果のタイミング・サマリー・レポートを生成するコマンドが含まれています。このフォルダーにある 9 つのコマンドを表 2 にまとめました。

表 2.レポートフォルダーのコマンド

タスクのレポート 詳細
セットアップ・サマリーのレポート デザイン内のすべてのクロックのクロック・セットアップ・サマリー・レポートを生成します。
ホールドサマリーのレポート デザイン内の全クロックのクロック・ホールド・サマリー・レポートを生成します。
リカバリーサマリーのレポート デザイン内の全クロックのリカバリー・サマリー・レポートを生成します。
削除サマリーのレポート デザイン内の全クロックの削除サマリーレポートを生成します。
クロックのレポート デザイン内で作成された全クロックのサマリーレポートを生成します。
クロック転送のレポート デザイン内で検出された全クロック転送のサマリーレポートを生成します。
最小パルス幅のレポート デザイン内のすべての最小パルス幅のサマリーレポートを生成します。
SDC のレポート SDC ファイルから読み込んだ制約のサマリーレポートを生成します。
制約を受けないパスのレポート デザイン内の制約のないすべてのパスのサマリーレポートを生成します。

マクロフォルダー

マクロフォルダーには、タイミング・アナライザー・ユーティリティー・パッケージで利用可能なカスタムタスクを実行するコマンドが含まれています。これらのコマンドを表 3 に示します。

表 3.マクロフォルダーのコマンド

マクロタスク 詳細
すべてのサマリーのレポート セットアップ・サマリーのレポート、ホールドサマリーのレポート、リカバリーサマリーのレポート、削除サマリーのレポート、最小パルス幅の各コマンドを実行して、すべてのサマリーレポートを生成します。
トップ・フェイリング・パスのレポート 失敗した上位パスのリストを含むレポートを生成します。
すべてのクロック・ヒストグラムの作成 [スラック・ヒストグラムの作成] コマンドを実行して、デザイン内のすべてのクロックのクロック・ヒストグラムを生成します。

[コンソール] ペイン

[コンソール] ペインは、タイミング・アナライザーのメッセージセンターであると同時に、インタラクティブな Tcl でもあります。これには、[コンソール] タブと [履歴] タブの 2 つのタブがあります。すべてのメッセージ (情報や警告メッセージなど) はこのペインに表示されます。

[コンソール] タブでは、SDC や Tcl のコマンドを入力および実行できます。また、[タスク] ペインで実行したすべてのコマンドの Tcl バージョンが表示されます。

[履歴] タブには、実行されたすべての SDC および Tcl コマンドが記録されます。

注: タイミング・ネットリストの更新後に [履歴] タブ内のコマンドを実行するには、コマンドを右クリックして、[再実行] をクリックします。

[コンソール] タブや [履歴] タブから Tcl コマンドをコピーして Tcl スクリプトを簡単に生成して、タイミング分析を実行できます。

[レポート] ペイン

[レポート] ペインを使って、[タスク] ペインから生成されたすべてのレポートや、任意のカスタム・レポート・コマンドにアクセスできます。[レポート] ペインでレポートを選択すると、[ビュー] ペインのアクティブなウィンドウに表示されます。

注: レポートが現在の制約に対して古くなっている場合は、レポートの横に [?] アイコンが表示されます。

[制約] メニュー

[制約] メニューを使って、よく使う制約、例外、コマンドにアクセスできます。[制約] メニューには以下のコマンドがあります。

  • クロックの作成
  • 生成されたクロックの作成
  • クロック遅延の設定
  • クロック不確実性の設定
  • クロックの削除

例えば、[クロックの作成] ダイアログボックスを使って、デザイン内にクロックを作成できます。

図 7.クロック・ダイアログ・ボックスを作成します。

以下のコマンドは、タイミング例外を指定するもので、[制約] メニューでも利用できます。

  • フォルスパスの設定
  • マルチサイクル・パスの設定
  • 最大遅延の設定
  • 最小遅延の設定

タイミング制約やコマンドの例外を指定するためのダイアログボックスには、すべて SDC コマンドフィールドがあります。このフィールドには、[OK] をクリックしたときに実行される SDC ファイル制約が含まれます。

注: タイミング・アナライザーのユーザー・インターフェイスで作成されたすべてのコマンドと制約は、[コンソール] ペイン内でエコーされます。

[制約] メニューコマンドで指定された制約は、現在の SDC ファイルに自動的には保存されません。制約を保存するには、[SDC ファイルの書き出し] コマンドを実行する必要があります。以下の SDC コマンドは、タイミング・アナライザーの [制約] メニューで利用できます。

  • QSF から SDC ファイルを生成
  • SDC ファイルの読み込み
  • SDC ファイルの書き出し

[QSF から SDC ファイルを生成] コマンドは、QSF ファイルのクラシック・タイミング・アナライザー制約をタイミング・アナライザー用の SDC ファイルに変換する Tcl スクリプトを実行します。このコマンドを実行すると、<現在のリビジョン>.sdc ファイルが作成されます。

ネーム・ファインダー

タイミング・アナライザー GUI で制約や例外のターゲットを選択するには、[ネーム・ファインダー] ダイアログボックスを使用します。[ネーム・ファインダー] では、コレクション、フィルター、およびフィルターオプションを指定できます。[ネーム・ファインダー] ダイアログボックスの [コレクション] フィールドで、選択する名前のタイプを指定できます。タイプを選択するには、[コレクション] リストで、目的のコレクション・アプリケーション・プログラム・インターフェイス (API) を選択します。以下に例を示します。

  • get_cells
  • get_clocks
  • get_keepers
  • get_nets
  • get_nodes
  • get_pins
  • get_ports
  • get_registers

注: 各種コレクション API の詳細については、コレクションを参照してください。

[フィルター] フィールドでは、ワイルドカード文字を含む独自の基準に基づいて名前をフィルタリングできます。以下のフィルターオプションを使用して、さらに結果を絞り込むことができます。

  • 大文字と小文字を区別しない
  • 階層型
  • 互換モード

[ネームファインダー] ダイアログボックスには、現在選択されている名前検索コマンドを表示する SDC コマンドフィールドが用意されています。このフィールドから値をコピーして、他の制約ターゲットフィールドに使用できます。[ネームファインダー] ダイアログボックスを図 8 に示します。

図 8.ネーム・ファインダー・ダイアログボックス。