モバイルインテル®プロセッサー・パッケージ・タイプ

ドキュメント

製品情報 & ドキュメント

000006761

2018/05/11

マイクロ micro-fcpga
micro-fcpga (フリップチップ・プラスチック・グリッド・アレイ) パッケージは、有機基板上に、ダイ・フェース・ダウンを配置したもので構成されています。エポキシ材料は、滑らかで、比較的明確なフィレットを形成し、ダイを囲む。パッケージは2.03 ミリメートルの長さと直径32ミリメートルである478ピンを、使用しています。利用可能ないくつかのマイクロ micro-fcpga ソケットの設計がありますが、それらのすべては、ゼロ挿入力の除去とプロセッサの挿入を可能にするように設計されています。マイクロ・ PGA とは異なり、マイクロ micro-fcpga はインタポーザを持たず、ボトム側にコンデンサが含まれています。

写真の例
(フロント側)(裏側)


マイクロ FCBGA
表面実装基板用の FCBGA (フリップチップボールグリッドアレイ) パッケージは、有機基板上にダイ配置されたフェースダウンから成ります。エポキシ材料は、滑らかで、比較的明確なフィレットを形成し、ダイを囲む。ピンを使用する代わりに、パッケージはプロセッサの接点として機能する小さなボールを使用します。ピンの代わりにボールを使用する利点は、ベンドするリードがないことです。パッケージは、直径78ミリメートルである479ボールを、使用しています。マイクロ-PGA とは異なり、マイクロ micro-fcpga は、上面にコンデンサが含まれています。

写真の例
(フロント側)(裏側)


マイクロ BGA2 パッケージ
BGA2 パッケージは、有機基板上にダイ配置されたフェースダウンで構成されています。エポキシ材料は、滑らかで、比較的明確なフィレットを形成し、ダイを囲む。ピンを使用する代わりに、パッケージはプロセッサの接点として機能する小さなボールを使用します。ピンの代わりにボールを使用する利点は、ベンドするリードがないことです。ペンティアム® III プロセッサーは495ボールを含む BGA2 パッケージを使用しています。

写真の例
(フロント側)(裏側)


マイクロ fc-pga2 パッケージ
マイクロ fc-pga2 は、小さなピンを持つインターポーザに実装された BGA パッケージで構成されています。ピンは長さ 1.25 mm、直径 0.30 mm です。利用可能ないくつかのマイクロ fc-pga2 ソケットの設計がありますが、それらのすべては、モバイルペンティアム III プロセッサのゼロ挿入力の除去と挿入を可能にするように設計されています。

写真の例
(フロント側)(裏側)


MMC-2 パッケージ
モバイルモジュールカートリッジ 2 (MMC-2) パッケージには、モバイル Pentium® III プロセッサーと、スモールサーキットでのホストブリッジシステムコントローラ (プロセッサバスコントローラ、メモリコントローラ、および PCI バスコントローラで構成) があります。400ピンコネクタを介してシステムに接続します。MMC-2 パッケージでは、サーマル転送プレート (TTP) は、プロセッサおよびホストブリッジシステムコントローラからの放熱を提供します。

写真の例
(フロント側)(裏側)