アクティブ・シリアル・コンフィギュレーション

アクティブ・シリアル(AS)コンフィギュレーション手法は、1ビット・データ幅 (AS x1) または4ビット・データ幅 (AS x4) をサポートしています。AS x4 手法は、Stratix® V デバイスでのみサポートされます。AS コンフィギュレーションは、アルテラのシリアル・コンフィギュレーション(EPCS)デバイス、または、クワッド・シリアル・コンフィギュレーション (EPCQ) を使用して実行できます。AS コンフィギュレーションの実行中、アルテラの FPGA はコンフィギュレーション・マスタ、EPCS または EPCQ デバイスはコンフィギュレーション・スレーブとなります。このとき FPGA は DCLK ピン上でクロックを出力し、データ・ピン上の EPCS または EPCQ からコンフィギュレーション・データを受信します。

各アルテラ・デバイスの対応については、コンフィギュレーション・ハンドブック の関連するアルテラ・デバイスのコンフィギュレーションの章を参照してください。

コンフィギュレーション方法

  • EPCQ デバイスの使用
  • EPCS デバイスの使用


エンベデッド・ソリューション


アプリケーション・ノート


ユーザーガイド


関連資料