インテル® NUC M15 Laptop の自宅でのコラボレーション

Bluetooth® テクノロジーとは何ですか?

Bluetooth テクノロジーの基本と、過去、現在、未来のインテルの役割について説明します。

重要な事実

  • Bluetooth 短距離無線テクノロジーにより、2 つのデバイスがネットワーク・インフラストラクチャーなしで通信できます。

  • PC とモバイルデバイスは、Bluetooth テクノロジーを使用して、ワイヤレス・ヘッドフォン、キーボード、マウス、スピーカー、カーナビゲーション、エンターテインメント・システム、さらには医療機器などの周辺機器に接続します。

  • インテルは、Bluetooth テクノロジーの初期段階から重要な役割を果たし、全ての Wi-Fi アダプターで内蔵 Bluetooth 機能を提供しています。

author-image

投稿者:

Bluetooth テクノロジーとは何ですか?

Bluetooth 短距離無線テクノロジーにより、ワイヤレス・ルーターまたはアクセスポイントなどのネットワーク・インフラストラクチャーによるサポートがなくても 2 つのデバイスの通信が可能です。今日、Bluetooth テクノロジーは、ワイヤレス・ヘッドフォン、キーボード、マウス、スピーカーなどのデバイスを PC とモバイルデバイスの両方に接続するために、世界中の人が最も一般的に使用しているものです。

Bluetooth テクノロジーは、2.40GHz の周波数帯で動作します。現在使用されている 2 つの Bluetooth 規格は次の通りです:

  • Bluetooth Classic は、Basic Rate (BR) とEnhanced Data Rate (EDR) という 2 つの別個のデータレートに対応しています。
  • Bluetooth Low Energy (LE) は、低消費電力向けに最適化され、主にバッテリー持続時間に制約を受けるアプリケーションに使用されています。Bluetooth LE は、一般的に大量のデータの交換には使用されませんが、Bluetooth Classic よりも高い音質と多様なリスニング・オプションに対応します。

規格団体であるBluetooth Special Interest Group (SIG) は、Bluetooth テクノロジーの開発とライセンスを監督しています。インテルは、Bluetooth SIG の創立メンバーであり、テクノロジーの進化と普及に重要な役割を果たしてきました。実際、1997年に 10 世紀のスウェーデンの Herald Bluetooth 王からインスピレーションを得て Bluetooth という名称を提案したのは、インテルの Jim Kardach でした。

初期の頃、多くの PC は外部ドングルに依存しており、USB ポートを使用して Bluetooth 周辺機器に接続していました。このアプローチは、基本的な Bluetooth 機能を提供しましたが、エンドユーザーにはしばしば煩雑なものでした。今日、ほとんどの PC は、Wi-Fi と Bluetooth 機能を備えた組込みネットワーク・カードを搭載しています。これらは、両方の無線機能におけるパフォーマンスと連携を向上させ、干渉を防止し、適切なデータ転送速度を確保します。

インテルはテクノロジー・リーダーとして、2011年以降、Bluetooth 5.3 接続への対応も含め、Wi-Fi カードに組込み Bluetooth 機能を搭載しています。インテルは、OEM、アクセサリー・メーカー、エコシステム・パートナーとも引き続き緊密に連携し、理想的な Bluetooth 仕様を定義し、実環境のデバイスとアプリケーションへの実装をサポートしています。インテルの目標は、PC ユーザー向けに魅力的な価格でシンプルでハイパフォーマンスな Bluetooth 接続を実現することです。

Bluetooth テクノロジーは何のために使用されていますか?

Bluetooth テクノロジーは、主に周辺機器をモバイル電話、デスクトップ PC、ノートブック PC にワイヤレスで接続するために使用されています。最も一般的な Bluetooth アクセサリーには、マウス、キーボード、スピーカー、ヘッドフォンなどがあります。多くのゲーム用コントローラーもワイヤレス接続のために Bluetooth テクノロジーを使用しています。

さらに、Bluetooth テクノロジーは、カメラ、テレビ、さらには冷蔵庫やオーブンといった家電製品など、消費者向け電子機器でも一般的になってきています。グルコース・センサーやペースメーカーなどの医療デバイスは、Bluetooth 接続に依存しています。最新の車載インフォテインメント・システムも、Bluetooth テクノロジーを使用して音楽をストリーミングしたり、ドライバーの電話から指示を受けたりします。

Bluetooth テクノロジーを介してユーザーが接続したいデバイスの数に対応するために、多くの最新のデバイスは、複数の Bluetooth 接続を同時にサポートするように構築されています。例えば、現代の在宅勤務シナリオでは、ユーザーはキーボードやマウスなどのデバイスを複数の PC と同時に同期して、ボタンを押すだけでシームレスにスイッチできます。

Bluetooth テクノロジーで接続

2 つの Bluetooth デバイスを接続することは、しばしばペアリングと呼ばれるシンプルなプロセスです。多くの最新の Bluetooth デバイスは、最初に電源を入れると自動的にペアリング・モードになります。その他の場合は、手動でペアリング・モードをアクティブにする必要があります。

Bluetooth デバイスでは、ペアリングは連絡先情報を交換するようなものです。まず、各デバイスが、セキュリティー・キーなどの相手のペアリング情報を登録します。この情報は両方のデバイスに保存されるため、最初の Bluetooth ペアリング・プロセスを繰り返すことなく、自動的に簡単に接続または再接続できます。

デバイスによっては、最初のペアリング・プロセスに、適切な接続を行ったか確認するため、両方のデバイスに表示される数字の文字列を比較する場合、あるいは、1 つのデバイスからもう 1 つのデバイスに PIN を入力する場合があります。これらの考慮事項は、ユーザーが間違ったデバイスと誤ってペアリングしたり、望まない第三者が ユーザーの Bluetooth デバイスにアクセスしたりすることを防止するために設定されています。

Bluetooth テクノロジーの制約と範囲

物理的なデバイスの配置と周辺の状況が Bluetooth のパフォーマンスにとって重要です。Bluetooth テクノロジーは、互いに 10 メートルから 100 メートル以内のデバイスを接続するために使用できます。ユーザーのデバイスの Bluetooth の範囲は、環境、干渉、伝送電力などの要素によって異なります。古い PC、タブレット、電話、Wi-Fi ネットワーク、さらに電子レンジやベビーモニターなど、2.40GHz のスペクトルで動作するテクノロジーは、Bluetooth のパフォーマンスに干渉する可能性があります。

主に、Bluetooth テクノロジーは、容量の小さいデータパケットで低レイテンシーの、デバイス間のバーストベースの通信に使用されます。しかし、Bluetooth テクノロジーはデータレートが 2Mbps に限られるため、大容量ファイルの転送には向きません。

Bluetooth のセキュリティー

ほかの全てのワイヤレス接続と同様、Bluetooth 技術者とユーザーにとってセキュリティーは最大の考慮事項です。Bluetooth テクノロジーの長期使用を通じて、セキュリティー機能はパフォーマンスの向上とユースケースの拡大と共に進化してきました。Bluetooth の仕様は、Bluetooth SIG が監督しており、セキュリティーの強化と問題の未然防止のために定期的に更新されます。

転送中データの安全を保つため、Bluetooth テクノロジーは暗号化と認証テクノロジーに依存しています。PIN 入力などのペアリングのプロセスも、不要なアクセスや接続からの保護に役立ちます。Bluetooth Classic に比較して、Bluetooth LE は、LE Secure Connections と呼ばれる強化されたセキュリティー機能を提供します。これは、セキュリティー・キーの高度なアルゴリズム生成を含み、悪意のある行為者によるデバイスへのアクセスがより困難になります。

インテル® Bluetooth ソリューション

インテル® Bluetooth ソリューションは、テクノロジーへのインテルの長年の投資を反映しています。インテルは、あらゆる場所の PC ユーザーにストレスフリーな接続をシームレス、シンプルで簡単なテクノロジーにすることに専念しています。

Bluetooth テクノロジーは日常生活のさらに不可欠な部分として進化し続けており、インテルは今後も全ての人により優れた体験をもたらす技術的イノベーションを提供していきます。

例えば、インテルでは基本的な Bluetooth 音声処理機能 (ワイヤレス・ヘッドフォンを有効化するために使用される機能など) を CPU からインテルの低電力オーディオ・デジタル・シグナル・プロセッサーにオフロードする取り組みを行いました。これは、CPU が音声信号のエンドユーザーへの提供に縛られないため、より頻繁により深いスリープ状態に入ることができ、最終的に PC の消費電力を削減し、バッテリー持続時間を延長することができます。

真に卓越した接続体験を求めている場合は、インテルとインテルの業界パートナーとの緊密なコラボレーションの結果である、インテル® Evo™ ノートブック PC をご覧ください。これらのデバイスは、インテルの Bluetooth のエキスパートが決定する要求の厳しい仕様に準拠して構築されており、業界最先端の体験を提供します。

Bluetooth テクノロジーはこれからも使用されます

Bluetooth テクノロジーは、現代の接続した生活に不可欠です。Bluetooth SIG は、テクノロジーの進化と未来へ向けた管理に尽力しています。Bluetooth テクノロジーが向上し、ユースケースが拡大し続ける中、インテルは PC ソリューションと Bluetooth SIG への深い関わりの両方を通じて、今後も開発において重要な役割を果たします。

将来には、新しいイノベーションがテクノロジーに適用され、周波数帯、パフォーマンス、信頼性全体にわたって、Bluetooth の向上が期待できます。ワイヤレスで接続されている世界が成長と変化を続ける中、Bluetooth テクノロジーはその重要な部分であり続けるでしょう。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

Bluetooth 短距離無線接続テクノロジーは、ネットワーク・インフラストラクチャーなしで 2 つのデバイスを直接接続します。

Bluetooth テクノロジーは、互いに約 10 メートルから 100 メートル以内にあるデバイスを接続できます。ユーザーのデバイスの範囲は、環境、干渉、送信パワーを含む要素によって異なります。

Bluetooth テクノロジーは、PC やモバイル電話を、マウス、キーボード、スピーカー、家電製品、医療デバイス、車載インフォテインメント・システムなど、幅広い周辺機器に接続するために使用されています。Bluetooth テクノロジーのデータ転送帯域幅が限られているため、一般的に大容量ファイルの転送ではなく、低レイテンシー、バーストベースのアプリケーションに使用されます。