ビジネス・コンピューティングに最適なプラットフォーム

第 12 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のインテル® vPro®

author-image

By

現在、企業はテクノロジーに対してこれまで以上に多くのものを求めています。リモート作業が一般的になった今では、ユーザーはどこにいても生産性を高めるコンピューティング体験を必要としています。さらに、テクノロジーの意思決定者は、これらの新しい職場のトレンドを促進し、自信を持って導入および保守できるプラットフォームを必要としています。第 12 世代インテル® Core™ プロセッサー搭載のインテル® ヴィープロ® プラットフォームは、テクノロジーの要求に対応し、あらゆる規模の企業をサポートする幅広いコンピューティング・オプションを提供しています。

新しいインテル® vPro® プラットフォーム・ポートフォリ

第 12 世代インテル® Core プロセッサー向けの新しい製品です。インテルは、次のようにプラットフォーム・ポートフォリオを拡張しています。

  • インテル® vPro® Enterprise (Windows 向け) プラットフォームは、大企業および管理されたビジネスに焦点を当てたフル機能の商用プラットフォームです。企業がセキュリティーの脅威を先回りして抑えるために役立つ、包括的なテクノロジー一式を備えています。さらに、インテル® vPro® Enterprise for Windows は、正式な PC 購入慣行を持つビジネスに最適な完全な最新のマネジメント機能およびプラットフォームの安定性を提供します。
  • インテル® vPro® Essentials プラットフォーム は、従来は大企業をターゲットにしていたセキュリティーおよびデバイス管理機能を、中小規模ビジネスのセグメントにまで広げたものです。中小規模ビジネスにおいてもデバイス、アプリケーション、データを保護する必要があるため、インテル® vPro Essentials プラットフォームでもインテル® ハードウェア・シールドの機能を組み込んでおり、Windows オペレーティング・システムを搭載したプラットフォームの保護に役立ちます。さらに、インテル® vPro® エッセンシャルは、インテル® スタンダード・マネージャビリティーによってパートナー対応のデバイス・マネジメントをサポートします。
  • インテル® vPro® Enterprise (Chrome 向け) プラットフォームは、ビジネスが求めるパフォーマンス、安定性、およびセキュリティー技術を備えた、ビジネス環境向けの新しいクラスの Chromebook を生み出します。この新たなプラットフォームにより、意思決定者は適切なデバイスを適切なユーザーに割り当てることがさらに容易になります。
  • 最後に、インテル® vPro® Evo™ デザインデバイスは、インテル® vPro® およびインテル® Evo™ デザイン基準両方を満たしており、モバイルビジネス環境に説得力のあるユーザー体験をもたらすノートブック PC を特定します。

ビジネス生産性のリード

第 12 世代インテル® Core™ プロセッサーは、シングルスレッドおよびマルチスレッド・ソフトウェア環境で優れているパフォーマンス・コアと効率的なコアで構成された新しいアーキテクチャを備えています。1このアーキテクチャーによって、ユーザーは、特にマルチタスクやコラボレーションのために PC からより生産的かつ高いパフォーマンスを引き出せます。パフォーマンスは、オペレーティング・システムと連携し、適切なタスクを適切なコアに割り当てるインテル® スレッド・ディレクターにより、リアルタイムで最適化されます。2このレベルの高度な洗練化により、ビジネス PC は、ユーザー・アプリケーションと IT ソフトウェアを含む要求の厳しいワークロードを実行できます。

また、新しい第 12 世代インテル® コア™ プロセッサー ファミリーは、さまざまなコア数と電力製品を備えたモバイルおよびデスクトップ・プロセッサーの広範なポートフォリオによって、あらゆる労働者のコンピューティング・ニーズに対応します。インテルのポートフォリオの特定のプロセッサーは、インテル® vPro® のさまざまなバージョンの対象です。

第 12 世代インテル® Core™ プロセッサーは、DDR5 および LPDDR5 メモリーのサポートによって、さらに強化されます。インテル® vPro® エンタープライズ・ワークステーションは、対応するインテルのチップセットにより ECC メモリーをサポートします。

インテルは、より完全なプラットフォームを構築するネットワーキングと I/O ソリューションを提供します。第 12 世代インテル® Core™ プロセッサーは、インテル® Wi-Fi 6E Gig+ を統合し、モバイル・プラットフォームは、ビデオ会議などの一般的なユースケース向けにワイヤレス性能を最適化する新しいインテル® Connectivity Performance Suite も備えています。3また、モバイルユーザーは、Thunderbolt™ 4 ドッキング・ソリューションを採用し、よりエレガントなワークスペースのため単一のケーブルを通じて PC に周辺機器を接続することができます。インテル® vPro® は引き続き、1Gbps および 2.5Gbps イーサネット標準向けに従来の有線接続をサポートします。

包括的なプラットフォーム・セキュリティー

インテル® vPro® は、ハードウェア、ファームウェア、オペレーティング・システム、およびアプリケーションを含むコンピューティング・スタック全体の保護を支援する包括的なセキュリティ・テクノロジー・セットを備えています。

Windows デバイス

Windows PC 向けについては、インテル® ハードウェア・シールドは引き続き、Microsoft Secured-core 要件を満たしています。インテル® vPro® エッセンシャルとインテル® vPro® Enterprise プラットフォームの両方において、インテル® ハードウェア・シールドは、ダイナミックな信頼ルート、OS レポート、システム管理モード (SMM) 操作の保護用の拡張ポリシーセットをサポートします。

第 11 世代インテル® Core™ プロセッサーからモバイル向けに提供されているインテル® Control-Flow Enforcement Technology (インテル® CET) が、第 12 世代インテル® vPro® プラットフォームで初めてデスクトップ・プロセッサーに搭載されました。インテル® CET は、PC メモリー実行中のアプリケーションへの悪意のあるコード挿入から保護します。

また、第 12 世代インテル® Core™ プロセッサーでは、インテル® スレット・ディテクション・テクノロジー (インテル® TDT) が異常な動作の検知でアップグレードされ、インテル® TDT に対応したアンチウイルス・ソフトウェアがより効果的に脅威を阻止できるようにアップグレードされました。

最後に、インテル® トータル・メモリー・エンクリプション - マルチキー (インテル® TME-MK) とインテル® リダイレクト保護付きバーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT-rp) により、インテル® vPro® エンタープライズ・プラットフォームは OS 仮想化の新しいハードウェア・サポートを提供します(予想される将来の OS リリースで有効にするかは保留中)。

Chrome デバイス

新しいインテル® vPro® Enterprise for Chrome プラットフォームで構築されたシステムは、デバイスへの物理的な攻撃から保護するためのインテル® TME-MKと、暗号化キーを保護するためのインテル® キー・ロッカーを搭載しています。これらの機能とその他のプラットフォーム要件を組み合わせることで、企業がモバイル生産性デバイスを考慮する上での Chromebook の水準を引き上げます。

最新のデバイスマネジメント

職場のトレンドは、リモート・デバイス・マネジメントの需要を刺激しています。キー 0: 物理的なコールドブート攻撃から保護するために DRAM を暗号化します。キー 1 から 15 は、OS の指示に従って DRAM のセクションを暗号化できます(有効にするかは保留中)。

インインテル® vPro® Enterprise は引き続き、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) で機能のスーパーセットをサポートします。インテル® AMT は、デバイスのキーボード・ビデオ・マウス(KVM)リモート・コントロールや、一部の OEM PC におけるデバイスのサニタイズとリカバリのための新しいライフサイクル管理機能を追加しています。

インテルのデバイス管理機能は、インテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタント (インテル® EMA) コンソールおよびインテル® EMA を統合したサードパーティ管理ソフトウェアでサポートされています。

ビジネス継続の推進

インテル® vPro® Enterprise for Windows とインテル® vPro® Enterprise for Chrome はどちらも、5 四半期にわたるデバイス導入期間にわたってプラットフォームを変更しないことを狙いとしたインテル® ステーブル IT プラットフォーム・プログラム (インテル® SIPP) をサポートします。インテル® SIPP は、プラットフォームにおける主要なインテル® ハードウェアおよびソフトウェアをカバーし、プログラムにはサポートされているオペレーティング・システム向けのエンタープライズ・クラス・プラットフォーム検証が含まれています。インテル® SIPP は、コンピューティングにおける混乱を最小限に抑え、デバイス認定を簡素化し、予定されたデバイス購入および導入慣行を採用します。

Windows デバイス向けに、インテル® vPro® エッセンシャルとインテル® vPro® Enterprise は、失敗したファームウェアの更新の自動化された再起動と回復によって信頼性の高い更新をサポートしています。このケイパビリティーは、UEFI/BIOS およびインテル® Management Engine Firmware 両方をカバーし、Windows PC のライフサイクル全体にわたってファームウェアの更新を容易にします。

あらゆるビジネスニーズに応える

インテル® vPro® は、デバイスの保護と管理を支援する包括的な機能により、プロフェッショナル・パフォーマンスを提供します。第 12 世代インテル® Core™ プロセッサーを搭載したインテル® vPro は、あらゆる規模のビジネスにおいて、ほぼすべてのタイプの労働者向けにコンピューティング・ソリューションを備えた完全なプラットフォーム・ポートフォリオを提供します。コンピューティング・リソースのために、リモート・コラボレーション、マルチタスク、およびユーザーと IT アプリの増加により、インテル® vPro は従業員の生産性を実現し、ビジネス継続性を維持するために不可欠となっています。

詳しくは、www.intel.com/vpro を参照してください。

Windows 対象プロセッサー向けインテル® vPro® エンタープライズ
モバイル
U9 U15 P28 H45
i7-1260U i7-1265U i7-1280P i9-12900H
i5-1240U i5-1245U i7-1270P i7-12800H
i5-1250P i5-12600H
デスクトップ PC
35W 65W 125W
i9-12900T i9-12900 i9-12900K
i7-12700T i7-12700 i7-12700K
i5-12600T i5-12600 i5-12600K
i5-12500T i5-12500
インテル® vPro® エッセンシャル対象プロセッサー
モバイル
U9 U15 P28 H45
i7-1250U i7-1255U i7-1260P i9-12900HK
i5-1230U i5-1235U i5-1240P i7-12700H
i5-12500H
デスクトップ PC
35W 65W
i9-12900T i9-12900
i7-12700T i7-12700
i5-12600T i5-12600
i5-12500T i5-12500
Chrome 対象プロセッサー向けインテル® vPro® エンタープライズ
U9 U15 P28
i7-1260U i7-1265U i7-1270P
i5-1240U i5-1245U i5-1250P

第 12 世代インテル® vPro® 機能の概要

機能 利点
インテル® ハードウェア・シールド4 インテル® vPro® エッセンシャルおよびインテル® vPro® Enterprise プラットフォームの Windows PC を保護するためのセキュリティ技術のスイートです。
インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT-x / VT-d) OS セキュリティー・サービス向けにハイパーバイザーおよび仮想マシン・スイッチングを加速します。
インテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー4 Windows またはその他のシステム・ソフトウェア向けに、ダイナミックな信頼のルートを提供します。
インテル® システム・セキュリティー・レポート4 Windows OSに低レベル・セキュリティー・コンフィグレーションを通信します。
インテル® システム・リソース ・ディフェンス4 Microsoft Secured-core PC コンプライアンスに必要な構成可能なシステム・マネジメント・モード (SMM) 保護。
インテル® VT-rp5 OS バーチャライゼーション向けのハードウェア支援型保護 (今後有効にするかは保留中)。
インテル® Total Memory Encryption – Multi-Key (インテル® TME-MK)6 キー 0: 物理的なコールドブート攻撃から保護するために DRAM を暗号化します。キー 1 から 15 は、OS の指示に従って DRAM のセクションを暗号化できます(有効にするかどうかは保留中)。
インテル® プラットフォーム・トラスト・テクノロジー TPM 2.0 をサポートする、インテル® SOC 内のインテグレーテッド・トラステッド・プラットフォーム・モジュール。
インテル® ブートガード Windows のセキュリティーに関するベストプラクティスで推奨されているように、暗号論的に検証されたブートをサポートします。
インテル® BIOS ガード 不揮発メモリーに存在するファームウェアを保護します。
インテル® Threat Detection Technology アンチウィルス・ソフトウェアなどのセキュリティ・アプリケーション向けにハードウェア・アシストを提供します。
インテル® Control-Flow Enforcement Technology PC メモリー実行中のアプリケーションへの悪意のあるコード挿入など、メモリー・セーフティー攻撃に対するハードウェア支援型保護。
インテル® ステーブル IT プラットフォーム・プログラム6 最初の可用性から、次世代のリリースまで、15 か月間ハードウェア変更ゼロを目指しているプラットフォーム・バリデーション。
インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー5 イーサネット、Wi-Fi、およびサポートしている Thunderbolt™ 4 ドックサポート、効率的で積極的かつ反応型のシステム・メンテナンス向けのリモート・アウトオブバンド管理。キーボード・ビデオ・マウス (KVM) リモート・コントロールをサポートします。
インテル® スタンダード・マネージャビリティー 企業ファイアウォール外のデバイス向けのクラウド管理機能をサポートしている、イーサネットおよび Wi-Fi 上で DASH スタンダードベース・アウトオブバンド管理。キーボード・ビデオ・マウス (KVM) リモート・コントロールをサポートしています。
インテル® ワンクリック・リカバリー5 無効なコンピューティング・エンドポイントのファスト・リモート・リカバリー。
インテル® リモート・プラットフォーム・イレース5 ディスクの削除、TPM のクリーニング、インテル® コンバージド・セキュリティー・マネジメント、エンジン (インテル® CSME)、UEFI/BIOS のリセットによってコンピューター・システムを再利用する方法。
インテル® キー・ロッカー7 一部の Chrome デバイスで使用され、AES-NI 暗号化で使用されるキーを保護します。

通知および免責事項

インテル® vPro® プラットフォームのすべてのバージョンは、このプラットフォームを規定している管理機能用途、セキュリティー機能、システム性能および安定性を提供するために必要な、対象となるインテル® Core™ プロセッサー、対応オペレーティング・システム、インテル® LAN または WLAN シリコン、ファームウェアの強化、およびその他のハードウェアとソフトウェアを備えている必要があります。詳細については、intel.com/performance-vpro (英語) を参照してください。

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、https://edc.intel.com/content/www/jp/ja/products/performance/benchmarks/overview/ を参照してください。

免責事項

1

プロセッサー・コア (P+E) 高性能ハイブリッド・アーキテクチャーは、高性能コア (P コア) と高効率コア (E コア) という 2 つの新しいコア・マイクロアーキテクチャーを単一のプロセッサー・ダイ上で組み合わせたものです。一部の第 12 世代インテル® コア™ プロセッサー・ファミリー (特定の第 12 世代インテル® コア™ i5 プロセッサーおよびそれ以下) はパフォーマンス・ハイブリッド・アーキテクチャーをサポートしてしておらず、P-cores のみが搭載されています。

2

プロセッサー・スレッド [f: ハードウェアに内蔵されているインテル® スレッド・ディレクターは、第 12 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーの高性能ハイブリッド・アーキテクチャー構成でのみ提供されています。OS の有効化が必要です。利用可能な特徴や機能は OS によって異なります。]

3

インテル® Connectivity Performance Suiteは、Windows OSでのみ利用できます。

4

インテル® vPro® Essentials およびインテル® vPro® Enterprise でサポートされています。

5

インテル® vPro® Enterprise でのみサポートされています。

6

Windows 向けインテル® vPro® Enterprise および Chrome 用インテル® vPro® Enterprise でサポートされています。

7

Chrome 用インテル® vPro® Enterprise でのみサポートされています。