製品概要: 第 10 世代インテル® Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリー

インテルは第 10 世代インテル® Core™ i9-10900K プロセッサーで世界最速のゲーム用デスクトップ PC の強化を可能にします。1 2

周波数、コア数、スレッド数の最適なバランス、最先端のチューニング・サポート、
そして超高速の接続性を備えた第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーはデスクトップ PC をパワーアップさせ、競争力を高める最高水準のパフォーマンスを実現します。パフォーマンスの壁を打ち破り、没入型 4K エンターテインメントの領域に入り、最新のゲームタイトルをこれまでにない感覚でプレイできます。あるいは、より高度なコラボレーションと生産性を可能にする最新ビジネス生産性アプリケーションを強化することで、作業に必要な時間を短縮できます。必要なのが最高のパフォーマンスをすぐ実現することでも、オーバークロックでさらなる性能を引き出すことでも、新しい第 10 世代インテル® Core™ プロセッサーはお客様のニーズに対応できます。

一流のパフォーマンス

インテルから登場した第 10 世代インテル® Core™ i9-10900K プロセッサーは最速のゲーム用プロセッサーです。仕事でもゲームでも競争力を高めることができます。これまでにない発想力の向上、驚くような PC ゲームプレイと体験の共有、作業時間の短縮が期待できます。

デスクトップ PC では、速度が速すぎて困ることはありません。プロセッサーの処理速度が高いと、もっと最新ゲームプレイを楽しめ、最新の生産性アプリの効率も上がります。インテルのエンジニアがインテル® サーマル・ベロシティー・ブースト (インテル® TVB) を開発したのもそのためです。1 プロセッサーを開封してすぐに最大 5.30GHz という動作周波数を得られるため、目的は何であれ、高速性能を発揮できます。

4K 動画編集のトランスコーディングやインストールした新しいゲームの初回起動など、PC の処理速度を追加でブーストしたい場合があります。このようなときは、インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 により、軽度にスレッド化されたアプリケーションで、自動的にパフォーマンスを向上させることができます。さらに、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー) が第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーに搭載されたため、どのインテル® Core™ プロセッサーを選択しても、安定したマルチタスクで同時により多くの処理ができます。

PC が期待通りの性能を発揮するには、搭載コンポーネントが適切に連動する必要があります。特にシステム RAM は、PC のスムーズで応答性の高いパフォーマンスを左右します。一部のプロセッサーでサポートされている最新の DDR4-2933 RAM の速度なら3 4、デスクトップ PC 全体が並外れた応答性を発揮できるので安心です。

200 社以上の独立系ソフトウェア・ベンダーとの共同作業を通じ、インテルのエンジニアは現在特に人気の高いゲーム、ゲームエンジン、ミドルウェアの多くがインテル® プロセッサー搭載デスクトップ PC で問題なく動作し、最高水準のゲーム体験を実現できるように確かめました。高フレームレート、ビジュアルの忠実な再現性、滑らかなゲームプレイなどに注力することで、インテルは卓越したゲーム体験の提供に向けて継続的に取り組んでいきます。デスクトップ PC でゲームをプレイしようとお考えなら、インテルを選択すれば最高のパフォーマンスで楽しむことができます。

第 10 世代インテル® Core™ i9-10900K プロセッサー

インテル最速のゲーム用プロセッサー

オーバークロックで驚異的なパフォーマンスを実現

オーバークロック対応第 10 世代インテル® Core™ プロセッサーを使用した場合

シームレスな接続性と驚異的なビジュアル体験

クラス最高の接続性、臨場感あふれるエンターテインメントと強化されたストリーミングでより多くをこなす柔軟性を解き放ちましょう。

1Gb イーサネットにより 2 倍以上になったネットワーク速度5 6 でサイズの大きいファイルを高速転送できます。しかもケーブルを新しくする必要はありません。新しい第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー搭載デスクトップは、最新のインテル® イーサネット・コネクション I225 をサポートしています。また、インテル® Wi-Fi 6 AX201でワイヤレスへの移行も簡単です。

インテル® Wi-Fi 6 (Gig+) を搭載した PC では、多数のデバイスが同時接続しているときでも、Wi-Fi 6 ネットワークが卓越したパフォーマンスを発揮します。5 6

インテル® Wi-Fi 6 (Gig+) により、長い待機時間、頻繁に発生するバッファリング、ゲームの誤作動などに悩まされることがなくなり、複数の機器が接続されるホーム・ネットワークにおいても高速な Wi-Fi パフォーマンスを実現します。

スムーズなストリーミングと HD 画質のエンターテインメントにより臨場感のあるフルスクリーン 4K と 360° の視聴が可能になります。PowerPoint の編集、Lightroom で写真の修正、Netflix のお気に入りの番組のストリーミングなど、必要なときに期待通りのパフォーマンスが得られるので安心です。

最新世代のギガビット Wi-Fi に対応しているので、オンラインでの卓越した応答性、ファイル転送、3 倍近く高速なダウンロード、安定した接続が期待できます。自宅やオフィス、どこでも柔軟に接続できる自由をお楽しみください。5 6

最先端のチューニング・サポート

オーバークロック対応の新しい第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーに実装された機能では、プロセッサーや主要システム・コンポーネントのオーバークロック設定時に精密な制御が可能です。ゲームや処理要求の厳しい生産性アプリケーションの実行時にパフォーマンスの限界に挑戦したいユーザーには、オーバークロックがパフォーマンス向上の近道です。オーバークロック対応第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーには、ゲーマーやコンテンツ・クリエーター、オーバークロックのエンスージアスト向けに設計された、新しい精密なオーバークロック設定制御機能が搭載されており、正確な微調整を行ってさらなる性能を引き出すことができます。7

新しく強化された電圧周波数制御機能により、ユーザーは精密に制御しながらパフォーマンスの限界に挑戦することができます。工場出荷時のデフォルト設定以上にプロセッサーの動作周波数を設定するときは、プロセッサーの GHz を選択します。

新しい PCIe* オーバークロック設定では、ディスクリート・グラフィックスのパフォーマンスをビジュアル性能の限界以上に押し上げることができます。新しいコアごとのハイパースレッディング制御機能では、オーバークロック設定経験の豊富なユーザーがコアごとにハイパースレッディングのオン、オフを切り替えて、よりきめ細かい制御をすることができます。

最先端のチューニング・サポートを活用してオーバークロックを設定する準備ができたら、プロセッサー・ナンバーに「K」が含まれていることを確認します。これはオーバークロック対応であることを示しています。

目的に合った第 10 世代インテル® Core™ プロセッサーを選択する

「オーバークロック対応」第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

オーバークロック対応の第 10 世代インテル® Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリーは、驚異的なオーバークロック設定機能を活用して新しいプロセッサーのパフォーマンスを最大限に引き出したいエンスージアスト・ゲーマー、オーバークロックするユーザー、本格的なコンテンツ・クリエーター向けに最適化されています。周波数、コア数、スレッド数の最適なバランス、最先端のチューニング・サポート、超高速の接続性を備えたオーバークロック対応第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーがデスクトップ PC をパワーアップさせ、競争力を高めます。7

オーバークロック対応プロセッサーを最大限に活用するには、インテル® パフォーマンス・マキシマイザー (インテル® PM) をダウンロードしてください。このインテル専用のソフトウェア・アプリケーションは、プロセッサーの個別のパフォーマンス DNA を評価して、システムが最適なパフォーマンスを発揮できるよう動的に調整します。また、ユーザーが自分で調整したい場合はインテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (インテル® XTU) をご利用ください。直接プロセッサーの設定を調整してオーバークロックを実行できます。Intel® Performance Tuning Protection Plan (Intel® PTPP) を選択すれば、オーバークロックによる損傷など望まない結果が生じても無料で交換用プロセッサーを申請できるので、安心してオーバークロックに挑戦できます。

「オーバークロック非対応」第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは一般的なデスクトップ PC ユーザーに最適です。このプラットフォームは、主流のゲームやコンテンツの作成、生産性アプリケーションなどで驚異的なパフォーマンスを発揮します。周波数、コア数、スレッド数の最適なバランスと高速な接続を提供する第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、デスクトップ PC と一体型 (AIO) PC に最上級のパフォーマンスをもたらします。

ディスクリート・グラフィックスを別途必要とする第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

第 10 世代インテル® Core™ デスクトップ・プロセッサーの「KF」と「F」シリーズは、同じ第 10 世代の革新的機能と仕様、パフォーマンスを備えたゲーマーおよびクリエイター向けのプロセッサーですが、プロセッサー・グラフィックス機能は内蔵していません。結果として、CPU のパフォーマンスが最優先される場合に、付加価値を提供することができます。周波数、コア数、スレッド数の最適なバランス、最先端のチューニング・サポート、超高速の接続性7を備えた第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーがデスクトップ PC をパワーアップさせ、競争力を高める最高水準のパフォーマンスを実現します。プロセッサー・ナンバーに「KF」が含まれるプロセッサーは、オーバークロック機能を備えています。

第 10 世代インテル® Core™ プロセッサーを活用する

目的が最新ゲームやエンターテインメントを心置きなく楽しむことでも、コンテンツの作成や最新ビジネス生産性アプリケーションの実行時の効率性を高めることでも、インテルの最新デスクトップ・プロセッサーの製品ラインナップはユーザーの生産性を高めるパワフルな機能を提供しています。

概要

機能
メリット
インテル® サーマル・ベロシティー・ブースト・テクノロジー1
ゲーマーやクリエーターは開封してすぐに 5.30GHz という高速なパフォーマンスを堪能できます。
インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0
軽度にスレッド化されたアプリケーションで、自動的にパフォーマンスを向上させます。
DDR4-2933 メモリーまでサポート4
スムーズなゲームプレイ、臨場感あふれる映像体験、高速なマルチタスク、作成時の生産性向上を実現します。
インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー)
エントリーレベルのインテル® Core™ i3 プロセッサーから驚異的なインテル® Core™ i9 プロセッサーまで、全プロセッサー・モデルにおいて利用できるようになりました。
Thunderbolt™ 3 テクノロジー対応
Thunderbolt™ 3 テクノロジー対応外付け SSD に増え続けるゲームライブラリーとファイルを保存すれば、簡単に持ち運べて、本格的なゲームもできます。Thunderbolt™ 3 ポートは最速の USB-C で利用可能なので、Thunderbolt™ 3 テクノロジー対応 SSD を LAN パーティーに持ち出し、サイズの大きいファイルでも超高速のデータ転送を通じてゲームをプレイできます。
インテル® Optane™ テクノロジー対応2
コンピューターの応答性の向上に役立つスマートメモリーおよびストレージ・テクノロジーです。コンピューターで頻繁に使用するドキュメント、写真、ビデオ、アプリケーションに素早くアクセスできるので、少ない待機時間で作成、ゲーム、制作を行うことができます。
インテル® イーサネット・コネクション I225
既存のケーブルを使って 1Gb イーサネットにより 2 倍以上のネットワーク転送速度を実現します。5 6
インテル® Wi-Fi 6 AX201
優れた応答性のあるゲームプレイ、約 3 倍高速なダウンロード、信頼性に優れた接続を実現するほか、クラス最高のワイヤレス体験を提供し、自宅またはオフィスのどこにいてもゲームや制作をする自由と柔軟性をもたらします。5 6
インテル® UHD グラフィックス
最高の鮮明度で 4K UHD ビデオを再生でき、写真の細部まで表示、編集でき、最新のゲームも余裕でプレイできます。
インテル® クイック・シンク・ビデオ
優れたビデオ会議機能、高速のビデオ変換、オンライン共有、高速のビデオ編集およびオーサリング機能を提供します。

第 10 世代インテル® Core™ デスクトップ・プロセッサーの比較8

  Core i9 Core i7 Core i5 Core i3
最大基本動作周波数 (GHz) 3.70 3.8 4.1 3.8
インテル® サーマル・ベロシティー・ブースト・テクノロジーのシングル / 全コアターボ周波数 (GHz) 最大 5.30/4.90 N/A N/A N/A
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 3.0 最大 5.20 最大 5.10 N/A N/A
インテル® シングルコア・ターボ周波数 最大 5.10 最大 5 最大 4.80 最大 4.60
最大コア数/スレッド数 最大 10/20 最大 8/16 最大 6/12 最大 4/8
インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー
インテル® スマートキャッシュのサイズ (MB) 最大 20 最大 16 最大 12 最大 8
対応するメモリータイプ4 DDR4-2933 まで DDR4-2933 まで DDR4-2666 まで DDR4-2666 まで
メモリーチャネル数 2 2 2 2
インテル® UHD グラフィックス 630 630 630 630
グラフィックスのダイナミック周波数 (MHz) 最大 1200 最大 1200 最大 1200 最大 1200
インテル® クイック・シンク・ビデオ
プロセッサー・コア/グラフィックス/メモリーのオーバークロック性能7 インテル® Optane™ メモリーのサポート2 ○ (一部の SKU 限定) ○ (一部の SKU 限定) ○ (一部の SKU 限定) ○ (一部の SKU 限定)
インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT)
インテル® AES New Instructions (インテル® AES-NI)
インテル® トランザクショナル・シンクロナイゼーション・エクステンション (インテル® TSX)
インテル® AVX2
インテル® ソフトウェア・ガード・エクステンションズ (インテル® SGX)
インテル® BIOS ガード
インテル® ブートガード
インテル® OS ガード
インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー (インテル® IPT)

第 10 世代インテル® Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリーには、インテル® 400 シリーズ・チップセットを搭載したマザーボードが必要です。

第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー


詳細情報9 10 11 12 13

FTC 開示情報: 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.com/benchmarks (英語) を参照してください。
© Intel Corporation.Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel Optane、Thunderbolt および Thunderbolt ロゴ、その他のインテルのマークは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

免責事項

1

第 10 世代インテル® Core™ i7 および i9 デスクトップ・プロセッサーでのみ利用可能。

2

インテル® Optane™ メモリーは特定のハードウェアおよびソフトフェア構成が必要です。構成要件については、http://www.intel.co.jp/OptaneMemory/ (英語) を参照してください。

3

対象の SKU ナンバーのついたプロセッサーで利用できます。

4

DDR4 の最大スピードサポートは、UDIMM では 1 DPC と 2 DPC ですが、SODIMM では 1 DPC のみです。DDR4 2DPC UDIMM 2933 もしくは 2666 は、各チャネル内に同じ UDIMM パーツナンバーがある場合に使用可能です。

5

インテル® Wi-Fi 6 AX201 は特定のハードウエア構成を必要とします。チップセットで利用可能なディスクリート型のインテル® Wi-Fi 6 AX200 は、接続統合に対応していません。

6

およそ 3 倍のワイヤレス速度: 802.11ax 2x2 160MHz は、IEEE 802.11 無線規格の仕様に記載されているとおり、理論上の最大データレート 2402Mbps を実現するものであり、標準の 802.11ac 2x2 80MHz (867Mbps) と比較して約 3 倍 (2.8 倍) 高速です。同様の構成の 802.11ax ワイヤレス・ネットワーク・ルーターを使用する必要があります。

7

オーバークロック免責事項: アンロック機能は対象のチップセットとプロセッサーの組み合わせで利用できます。クロック周波数または電圧を改変すると、プロセッサーやほかのシステム・コンポーネントの故障または耐用年数の減少を引き起こしたり、システムの安定性やパフォーマンスが低下したりするおそれがあります。仕様の枠を超えてプロセッサーを動作させた場合、製品保証の対象外となることがあります。詳細については、システムおよびコンポーネントのメーカーにお問い合わせください。

8

インテル® テクノロジーには、有効化されたハードウェア、特定のソフトウェア、またはサービスのアクティベーションが必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

9

このツールは https://www.intel.co.jp からダウンロードする必要があります。

10

統合グラフィックスを搭載した第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーのみで利用可能。

11

インテル® サーマル・ベロシティー・ブースト (インテル® TVB) 機能は、70°C 以下かつターボ機能に割り当てられる電力がある場合に最適に機能します。周波数の上昇値とその持続時間は、ワークロード (バースト性があるワークロードに最適)、個々のプロセッサーの性能、冷却ソリューションに応じて変動します。動作周波数は時間とともに低下する可能性があります。長時間のワークロードでは、最大値で開始しても、プロセッサーの温度が上がるにつれて低下します。

12

インテル® インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション (インテル® AVX) は、特定の整数および浮動小数点演算で高いスループットが得られるように設計されています。処理能力特性の違いにより、AVX 命令を使用しても、a) 一部の演算が定格周波数より遅くなる場合があり、b) インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 3.0 による一部の演算では、任意のターボ周波数や最大ターボ周波数に達しない場合があります。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。*インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンションは、インテル® AVX、インテル® AVX2、またはインテル® AVX-512 を指します。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 3.0 の詳細については、http://www.intel.co.jp/go/turbo を参照してください。

13

可能な場合はゲーム内のベンチマーク・モードのパフォーマンスにより測定 (スコアまたはフレーム数 / 秒)、ベンチマーク・モードがない場合はフレーム数 / 秒で測定。比較した PC ゲーミング・プロセッサー: 第 10 世代インテル® Core™ i9-10900K プロセッサー、インテル® Core™ i9-9900KS プロセッサー、AMD Ryzen™ 9 3950X。比較した製品の価格は異なります。構成: グラフィックス: Nvidia GeForce RTX 2080 Ti、メモリー: 4x4GB DDR4 (2666、2933、または 3200 のうち対応するプロセッサーの最高速度に応じて選択)、ストレージ: インテル® Optane™ SSD 905P、OS: Windows* 10 Pro 1909 v720 19H2 (RS6)。結果: 第 10 世代インテル® Core™ i9-9900K プロセッサーがテストした 25 以上のゲームタイトルのほとんどでより高いスコアを記録。