VR が切り開く最先端ビジネス・ソリューション

新たなコンピューティング・テクノロジーにより、開発者は VR に対応する素晴らしい商用アプリケーションを作成できます。

  • VR はゲームやエンターテインメントに最適であるだけでなく、ビジネス向けの創造的なソリューションも提供しています。

  • 多くの場合、グラフィカル・プロセッサー・ユニット (GPU) が VR システムの要と考えられているが、CPU も非常に重要な役割を果たしている。

  • VR により、企業は業務を効率化できるため、さまざまな専門家が VR テクノロジーをワークフローに組み込み始めている。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

ほとんどの人がゲームやエンターテインメント向けだと認識している VR ですが、ビジネス向けの効果的かつ創造的な VR によるソリューションも数多く提供されています。

競争の激しい業界において、企業は VR のリアルなデジタル・シミュレーションにより業務を効率化することができます。

最近のコンピューティング・ハードウェアのイノベーションにより、さまざまな業界や専門家が VR テクノロジーをワークフローに組み込み始めています。

小売、建築、医学教育、自動車といった業界にすでに影響を与えており、今後 VR はさらに多くの専門分野にメリットをもたらすと考えられています。

「インテルは、初期段階でそのアイデアに価値があるとインテルが認めたさまざまな企業と協力、提携をしています。パートナー各社が VR のアイデアをビジネスに応用する方法について不明な点があれば、インテルは、その答えを得られるようにパートナーを支援しています」と話すのは、インテル コーポレーションのクライアント・コンピューティング・グループ担当副社長兼 e スポーツ & ゲーム担当ジェネラル・マネージャーのジョン F. ボニーニです。

このような企業の 1 つが、元レーシングドライバーのドミニク・ドブソン氏によって設立された VR Motion 社です。ドブソン氏は長年にわたってインディ 500 に参戦してきましたが、険しいロッキー山脈での難しい公道レースとして有名なパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは一度も完走したことがありませんでした。ところがコースの仮想シミュレーションでトレーニングを重ねた結果、50 代になって初めて同レースで優勝に輝いたのです。

ドブソン氏は、この成功後まもなくインテルと提携して、自動車業界向けの VR Driver Training シミュレーターの開発に乗り出しました。車両の加速、ブレーキ、ステアリングを正確に表現するテクノロジーは、多くの商用アプリケーションで採用されています。

2017 年、VR Motion 社は自動車メーカーのホンダと提携し、公開イベントで見込み客が Civic Si* に仮想的に試乗できるようにしました。

VR Driver Training などのアプリケーションにより、VR は自動車業界を変革しつつありますが、これは VR シミュレーションの用途の 1 つにすぎません。VR は非常に汎用性が高いため、多くの商用環境に適応できます。

例えば、InContext Solutions のマーチャンダイジング・ソフトウェアを使用すると、小売企業は VR で棚スペースや店舗レイアウトを最適化できます。InContext Solutions は Walgreens などの全国規模の小売チェーンと協力し、LiDAR 測量技術を使用して、コンピューター・シミュレーション内で小売スペースの 3D モデルを構築しています。

このプロセスにより、マーチャンダイザーは多数の店舗にテンプレートを展開するというコストのかかる決定を下す前に、VR で新しい店舗デザインを体験できます。ビジュアル・マーチャンダイジングにより、効率が向上するだけでなく、小売企業は新規顧客を惹きつけ、販売を促進するうえで重要と言える斬新な店舗レイアウトを試すこともできます。

オンライン・ショッピングの登場により、「実店舗小売企業は、顧客を確保するためにコンシューマーの体験を見直す必要があります」と、InContext Solutions CEO のマーク・ハーディ氏は語ります。「小売企業にとっての課題は、自己改革の方法です」

ビジネスの強力なツールとなる VR ですが、VR システムには高性能のハードウェアが必要となります。多くの場合、グラフィカル・プロセッサー・ユニット (GPU) が VR システムの要と考えられていますが、これは誤解です。VR の使用には、グラフィックス・カードだけでなく、プラットフォーム全体が関与します。

インテルのプラットフォームは、VR システムで非常に重要な役割を果たします。インテルは、プロセッサー、メモリー、I/O などの水平ソリューションによる VR のサポートに力を注いでいます。

これはインテル® Core™ i7 プロセッサーから始まります。このコンポーネントが、VR システムでの大量タスクを処理する役割を担うためです。まず第一に、シミュレーションでユーザーの手や体の位置を判断できるように、CPU が位置決定を行います。

また、ユーザーの仮想環境内の移動に合わせオーディオキューをユーザーの動作と同期する、空間オーディオを制御する役割も CPU が担います。同様に、CPU が複雑な物理的現象を管理するので、シミュレーション内のオブジェクトの動作にリアリティーが生まれます。こういったタスクはすべて、GPU 情報を提供してアセットを描画するという CPU の役割の上に積み重ねられています。プロセッサーがこの役割をすべて遂行できることがますます重要となっています。

VR をスムーズに実行するには、その他のインテル® テクノロジーも不可欠です。1 インテル® WiGig テクノロジーにより、コンピューターからヘッドセットに大量のデータをストリーミングできるので、VR ユーザーはかさばるケーブルから解放され、ヘッドセットを着用したまま、邪魔されずに動き回ることができます。

さらに、インテル® Optane™ テクノロジーにより、シミュレーションの次の部分の読み込み中に、ユーザーが文字どおり暗闇で待たされることが多い非インタラクティブな読み込み画面を軽減できます。

このような細部への配慮は過剰に思われるかもしれませんが、滑らかさ、リアル感、真実味などの要素は体験の全体を通じて極めて重要です。ドブソン氏によると、完全没入によって記憶力が最大 30% 向上します。VR シミュレーションでトレーニングを受けた従業員の場合、VR が優れているほど仕事の業績が上がります。

教育を目的とする Blausen Medical のような企業では、シームレスな VR シミュレーションの重要度が特に高くなります。Blausen では、受賞歴のある医療用アニメーション・ライブラリーのライセンスを大学に供与しています。これらのアニメーションは、将来の医師に人体の複雑な構造について教えるために使用されています。同社が最初に手掛けた VR では、ユーザーが原子の大きさにまで縮小されるので、学生は分子やタンパク質を膨大な規模で体験できます。

VR テクノロジーにより、企業はこれまで不可能だったレベルに到達できます。インテル® プラットフォームの支援によって、VR は企業が成長するための新境地を切り開きます。

免責事項

1

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。