第 10 世代インテル® Core™ モバイル・プロセッサー・ファミリー

第 10 世代は、最高速のモバイル・プロセッサーを提供します。1

新しい第 10 世代インテル® Core™ モバイル・プロセッサー・ファミリー。

新機能

  • 最大 5.30GHz を実現する初のインテル® Core™ i9 モバイル・プロセッサー2 ターボと 8C/16T
  • 最大 5.10GHz を実現する初のインテル® Core™ i7 モバイル・プロセッサー2 ターボと 8C/16T
  • DDR4-2933 までのメモリーに対応 
  • インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 
  • Intel® Speed Optimizer – シンプルかつ瞬時にオーバークロックする手法3
  • 内蔵型のインテル® Wi-Fi 6 AX201 (Gig+) 対応4で、最高のワイヤレス・パフォーマンスを実現
  • 2.50G Intel® Ethernet Connection I225 対応。

販売にかかる時間は...

30 秒: 8C/16T と 5.30GHz で、ゲーマーやクリエーター向けのパフォーマンス基準を引き上げる2。内蔵型のインテル® Wi-Fi 6 AX 201 (Gig+)、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 3.0 や、シンプルかつ瞬時にオーバークロックを設定する新しい Intel® Speed Optimizer など、追加された新しい機能の利点を体験。3

5 秒:

  • 最大 5.30GHz を実現する初のインテル® Core™ i9 モバイル・プロセッサー2 ターボ
  • 最大 44% 高いシステム全体のパフォーマンス10
  • インテル® Core™ i7 プロセッサーでは最大 8C/16T
  • 新しい Intel® Speed Optimizer
  • 内蔵型 Wi-Fi 6 AX201 (Gig+)
  • インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0

第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー H シリーズ (エンスージアスト向け)

  インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサー インテル® Core™ i7-10875H プロセッサー インテル® Core™ i7-10850H プロセッサー インテル® Core™ i7-10750H プロセッサー インテル® Core™ i5-10400H プロセッサー インテル® Core™ i5-10300H プロセッサー

ベースクロック周波数 (GHz)

 

2.40 2.30 2.70 2.60 2.60 2.50
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 によるシングルコア最大ターボ周波数 (GHz) 5.30 5.1 5.1 5 4.60 4.50
コア数 / スレッド数 8 / 16 8 / 16 6/12 6/12 4/8 4/8
熱設計電力 45 45 45 45 45 45
インテル® サーマル・ベロシティー・ブースト × ×
アンロック対応 × 一部対応 × × ×
インテル® スマート・キャッシュ 16 MB 16 MB 12 MB 12 MB 8 MB 8 MB
対応メモリー 2 チャネル DDR4-2933 2 チャネル DDR4-2933 2 チャネル DDR4-2933 2 チャネル DDR4-2933 2 チャネル DDR4-2933 2 チャネル DDR4-2933
インテル® Optane™ メモリー対応

免責条項

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。

SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks/ (英語) を参照してください。

パフォーマンス実績は構成情報に記載された日に実施したテストに基づくものであり、公開中のアップデートがすべて適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル® マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化のなかにも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

結果は推定 / シミュレートされています。

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。

© Intel Corporation​. Intel、インテル、Intel ロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

システム構成

発売製品:

プロセッサー: インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサー (CML-H) PL1=45W TDP、8C16T、メモリー: 32 GB DDR4-2666 DDR4 SDRAM、ストレージ: Samsung SSD 970 EVO Plus 500GB、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: Microsoft Windows* 10 Pro 10.0.18363.476、グラフィックス・カード: NVIDIA RTX 2080 Super、グラフィックス・ドライバー: 26.21.14.4174 - NVIDIA Detonator 41.74 を生産開始前の MSI システムで測定

プロセッサー: インテル® Core™ i7-10750H プロセッサー (CML-H) PL1=45W TDP、6C12T、メモリー: 32 GB DDR4-2666 DDR4 SDRAM、ストレージ: Samsung SSD 970 EVO Plus 500GB、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: Microsoft Windows* 10 Pro 10.0.18363.476、グラフィックス・カード: NVIDIA GeForce RTX 2070 Super、グラフィックス・ドライバー: 26.21.14.4174 - NVIDIA Detonator 41.74 を生産開始前の MSI システムで測定

第 7 世代

プロセッサー: インテル® Core™ i7-7820HK プロセッサー (KBL-H) PL1=45W TDP、4C8T、メモリー: 16 GB DDR4-2400 DDR4 SDRAM、ストレージ: Samsung SSD 970 EVO Plus 500GB、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: Microsoft Windows* 10 10.0.18363.657、グラフィックス・カード: NVIDIA GeForce GTX 1080、グラフィックス・ドライバー: 23.21.13.8863 - NVIDIA ForceWare 388.63 41.74 を MSI GT75VR TITAN PRO システムで測定

プロセッサー: インテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサー (KBL-H) PL1=45W TDP、4C8T、メモリー: 32 GB DDR4-2400 DDR4 SDRAM、ストレージ: Samsung SSD 970 EVO Plus 500GB、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: Microsoft Windows* 10 Home 10.0.18363.657、グラフィックス・カード: NVIDIA GeForce GTX 1070、グラフィックス・ドライバー: 24.21.13.9901 - NVIDIA ForceWare 399.01 を MSI GE73VR Raider VR Ready Gamer Notebook GTX 1070 システムで測定

Blender (RUG 1013) ワークロードは、Gooseberry Project のシーン 2472 をレンダリングするのにかかる時間を測定します。Gooseberry Project は、Blender* Foundation がベンチマーク用に提供する 230MB のファイルです。Blender は、無償のオープンソース 3D 作成スイートです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、コンポジティングおよびモーション・トラッキングなど 3D パイプラインの全工程に加え、ビデオ編集とゲーム作成までをサポートします。

今すぐ登録


インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラムに登録して、製品プロモーション、トレーニング、マーケティング素材などを含むメンバーシップの特典をご活用ください。

プログラム契約条件を見る ›

免責事項

1インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサーで実現可能な最大ターボ周波数は 5.30GHz で、2020年4月時点ではほかのあらゆるモバイル製品を超える値です。インテル® サーマル・ベロシティー・ブースト (インテル® TVB) の使用も含みます。ワークロードによってユーザー体験は異なります。
2インテル® サーマル・ベロシティー・ブースト (インテル® TVB) の効果が含まれます。これは、プロセッサーの動作温度が最高限度を下回る度合いとターボ機能に割り当てられる電力の有無に基づき、シングルコアとマルチコアのインテル® ターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数以上に、プロセッサーのクロック周波数を自動的に上昇させる機能です。周波数の上昇幅とその持続時間は、ワークロード、プロセッサーの性能、冷却ソリューションによって異なります。
3動作周波数または電圧を改変すると、プロセッサーやほかのシステム・コンポーネントの故障または耐用年数の減少を引き起こしたり、システムの安定性やパフォーマンスが低下するおそれがあります。仕様の枠を超えてプロセッサーが動作している場合、製品保証は適用されません。詳細については、システムおよびコンポーネントのメーカーにお問い合わせください。
4インテル® WiFi 6 AX201 には特定のハードウェア構成が必要です。
5PUBG メガタスク処理ワークロードで測定し、インテル® Core™ i7-10750H プロセッサーとインテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサーを比較した結果です。PLAYER UNKNOWN'S BATTLEGROUNDS (PUBG) メガタスク処理ワークロードでは、「Erangel」マップで「SOLO | TPP」ゲームモードを用いて作成したリプレイを利用し、OBS による Twitch へのストリーミングおよび OBS によるゲームプレイの録画を実行しながら、ゲームのパフォーマンスを評価しました。OBS で使用したのは「ソフトウェア (x264)」および「veryfast」プリセットです。FPS は PresentMon を使用して記録されます。当該ワークロードの報告内容: 1. PresentMon が報告するゲームプレイの平均 FPS a. 当該ワークロードを利用して PresentMon で 5 分間のゲームプレイをキャプチャーします。 2.使用された PUBG および OBS Studio 双方のバージョン番号。PUBG は、100 名のプレイヤーが生き残りをかけてお互いと対戦するバトルロイヤルゲームです。物資を集め敵を出し抜いて、最後の生存者になってください。
6 レッド・デッド・リデンプション 2 で測定し、インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサーとインテル® Core™ i7-i7-7820HK プロセッサーを比較した結果です。レッド・デッド・リデンプション 2 は、Rockstar Games が開発、販売する 2018年のアクション・アドベンチャー・ゲームです。このゲームは、レッド・デッド・シリーズの 3 作目で、2010年のゲーム、レッド・デッド・リデンプションの過去を描く作品です。
7約 3 倍高速: 最大 3 倍高速: インテル® Wi-Fi 6 に関する記述は、インテル社内で実施したテストで、3m の距離において Wi-Fi 6 (160MHz) の平均スループットが 1521Mbps なのに対し、802.11ac (80MHz) の平均スループットが 541 となり、2.8 倍の高速化が認められた結果に基づいています。68m の距離で実施したテストでは、802.11ac (80MHz) の平均スループット 102Mbps に対し Wi-Fi 6 (160MHz) の平均スループットは 432Mbps となり、4.2 倍の高速化が実現しました。スループットは、インテルのラボで、Windows* 10 稼働の Dell* Latitude 5491 を回転台に載せ (1 分につき 1 回転)、複数のテストを実施してそのスループットの平均を計測しました。使用したアクセスポイントは、Asus* AX88U FW: 3.0.0.4.384_5640 (Wi-Fi 6) と Asus* AC66U FW: 3.0.0.4.382_50470 です。Wi-Fi 6 による高速化には、同等の構成の Wi-Fi 6 ネットワーク・ルーターを使用する必要があります。
8 Power Director 4K ビデオ・エクスポート・ワークロード RUG 1006 で測定し、インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサーとインテル® Core™ i7-7820HK プロセッサーを比較した結果です。PowerDirector PiP Encode (RUG 1006) は、PowerDirector 365 を使用して 4K 360 ビデオを含むプロジェクトをエクスポートするのにかかる時間を測定します。エクスポートされたビデオは、4K、HEVC、30p、.MP4 @ 37Mbps で、使用したのは CPU のみです。レンダリングの完了にハードウェア・アクセラレーションは使用されません。該当のソース素材は、Nikon KeyMission 360 カメラで撮影した 4K 360° ビデオ映像で、HEVC/H.265 1080P 2D PIP 動画に編集されたものです。2D PIP ビデオは、360° ビデオの時間相関のある 2 つの異なる部分を表示するのに理想的な方法で、視聴者にとって興味深いものになります。
9Adobe Lightroom Classic のワークロード RUG 1010 で測定し、インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサーとインテル® Core™ i7-7820HK プロセッサーを比較した結果です。Adobe Lightroom Classic (RUG 1010) ワークロードは、Adobe Lightroom Classic を使用して、ファイルサイズを縮小した JPEG 形式で写真 50 枚をエクスポートするのに必要な時間を測定します。ワークロードは、Nikon D800 カメラで撮影した、サイズが 11.30 MB 〜 29.80 MB の 50 枚の .jpeg 写真で構成されています。
10SYSMark*2018 で測定し、インテル® Core™ i9-10980HK プロセッサーとインテル® Core™ i7-7820HK プロセッサーを比較した結果です。SYSmark* 2018 は BAPCo* コンソーシアムのベンチマークで、Windows* プラットフォームのパフォーマンスを測定します。SYSmark* は、生産性、創造性、応答性の 3 つの使用シナリオをテストします。SYSmark には、Microsoft* や Adobe* などの独立系ソフトウェア・ベンダーから提供された実際のアプリケーションが含まれています。