インテル® テクノロジー・プロバイダー 契約条件

2018年7月1日更新

1. 定義
2. パートナーと代理店に関する免責事項
3. プログラムレベル
4. プログラム用語
5. メンバーシップに関する貴社の義務
6. プログラム特典とサービス
7. 秘密情報
8. 期間、変更、終了
9. その他の条件および通知
10. 一般規定

インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム (「プログラム」) のメンバー資格が付与されると、下記の契約条件 (「契約条件」) は Intel Corporation およびその子会社 (「インテル」) と貴社との間の法的な契約事項として発効します。「貴社」とは貴殿または貴殿の雇用者または該当する場合に貴殿がその利益のために行動するその他の事業体を指します。貴社が会社またはその他の法人に代わって本契約条件を受諾することにより、当該法人に対して本契約条件を締結する法的権限を貴社が有することを表明および保証し、その場合「貴社」または「貴社の」は、当該事業体を表すものとします。

以下に記載する本契約条件をよくお読みください。貴社の情報の使用方法および取り扱い方を説明したインテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラムのプライバシー・ステートメント (https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/privacy/program-privacy-statement.html) もお読みください。

貴社が本契約条件に同意する場合には、「同意する」をクリックしてください。貴社が同意しない場合には、「同意しない」をクリックしてください。

貴社が本契約条件に同意した場合でも、貴社のプログラムへの加入をインテルが義務付けられるわけではありません。ただし、メンバーとしての資格を得るためには、本契約条件への同意、また該当する場合には、チャネル商標使用許諾契約 (CTLA) への同意を行い、必要事項をすべて記入した入会申込用紙を提出した上で、会員資格をすべて満たさなければなりません。

1. 定義

1.1 「販売者」とは、認定インテル® ディストリビューター、オリジナルデザイン製作者、オリジナル機器製作者、チャネル・サプライヤー、およびチャネルリセラーを含むがこれに限定されない純正インテル製品、もしくは純正インテル製品を搭載する最終製品の流通その他販売を行うインテルが認可した事業体をいいます。

1.2 「発効日」とは、インテルが貴社をプログラムのメンバーとして承認する旨を書面により貴社へ通知した日をいいます。

1.3 「インテル」とは、インテル コーポレーションおよびその指定子会社および関連会社をいいます。

1.4 「本件製品 (複数の場合を含みます)」とは、販売者により販売された、純正インテル製品、または純正インテル製品が搭載された最終製品を意味します。

1.5 「売上高」とは、販売者またはその他の第三者データソースによりインテルに対して報告された本件製品の売上を意味します。

1.6 「プログラム特典」とは https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/technology-provider/about-the-program/overview.html に記載される特典を意味し、貴社の現在のメンバーシップ・レベルに応じて適用されます。この特典は、インテルの単独裁量で随時変更される場合があります。

1.7 「会員資格」とは https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/technology-provider/membership/tiers-overview.html に記載されるメンバーシップを取得するための条件を意味し、貴社の現在のメンバーシップ・レベルに応じて適用されます。この条件は、インテルの単独裁量により随時変更される場合があります。

1.8 「試用期間」とは、すべてのプログラム特典またはその一部が利用できない 90 日間をいいます。詳細については、本契約の第 8.3 条および 8.4 条をご参照ください。

1.9 「制限付き資格」とは、一部のプログラム特典を利用できない 9 カ月の期間をいいます。詳細については、本契約の第 8.5 項および 8.6 項をご参照ください。

2. パートナーと代理店に関する免責事項

貴社は、テクノロジー業界において「パートナー」という用語がパートナー関係以外では関連のない企業間のマーケティング関係を指す一般的な用語であり、この一般的な用法に従って本契約条件で使用されていることを認めます。本契約条件および本書面での「パートナー」という用語の使用は、当事者間における提携、代理関係、流通、ジョイントベンチャー、またはその他同様の取り決めの成立を意図したものではなく、これらの成立とみなしてはならないものとします。一方の当事者の従業員、代理人または代表者を、相手方の従業員、代理人または代表者とみなしてはならないものとします。各当事者は、独立した請負者と見なされ、互いに他を拘束する権限を持ちません。貴社、インテルのいずれも、互いに相手方の代理として明示的または黙示的に何らかの義務を発生させる権限を持ちません。上記を制限することなく、貴社は、プログラム資料における「パートナー」という用語の使用が、当事者間における法的提携もしくは受諾信任関係を構成するものではないこと、また、それらを暗に意味するものでもないことを認めます。

3. プログラムレベル

プログラムには、3 種類のメンバーシップ・レベルがあります。これらのレベルの会員資格については、www.intel.co.jp/reseller/ または www.intel.co.jp/technologyprovider/ をご覧ください。

(i) プラチナ・パートナー
(ii) ゴールド・パートナー
(iii) レジスタード・パートナー

プログラムの名称、仕組み、および特典は、国によって異なる場合があります。

4. プログラム用語

貴社は、プログラムのメンバーとして、以下の方法による場合のみ、文書または発言においてプログラム名および貴社のレベル名を使用できます。

4.1 本プログラムを指す場合:
 

インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム
(省略形式として ITPP を使用しないでください)

4.2 貴社のメンバーシップ・レベルを指す場合:
 

プラチナ・パートナー
ゴールド・パートナー
レジスタード・パートナー

4.3 本プログラムとレベルを一緒に指す場合:

インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム、プラチナ・パートナー
インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム、ゴールド・パートナー
インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム、レジスタード・パートナー

または

インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム—プラチナ・パートナー
インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム—ゴールド・パートナー
インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラム—レジスタード・パートナー
(注意: ハイフンを使用せず、ロングダッシュを使用してください)

4.4 貴社のメンバーシップ・レベルを指す場合 (文書内で初出の場合):
 

インテル® テクノロジー・プロバイダー・プラチナ・パートナー
インテル® テクノロジー・プロバイダー・ゴールド・パートナー
インテル® テクノロジー・プロバイダー・レジスタード・パートナー

4.5 適切な使用例:
 

次の使用例: 「私はプラチナ・パートナーなので、…が得られます」

4.6 不適切な使用例 (使用不可):
 

いかなる場合においても「インテルパートナー」、「インテルのパートナー」、「インテルとのパートナー」、「テクノロジー・プロバイダー」などは使用しないでください。

5. メンバーシップに関する貴社の義務

5.1 本契約条件および CTLA の遵守: 貴社は、本契約条件、および当該チャネル商標使用許諾契約 (CTLA) などの、インテル® テクノロジー・プロバイダー・プログラムの一環として、または本プログラムに関連してインテルが提示する適用可能な一切の商標使用許諾契約を常に遵守することに同意します。

5.2 本書類の記入およびインテルへの提出:

入会申込書
チャネル商標使用許諾契約 (CTLA)
 

5.3 研修: プログラムの一定のレベルでは、メンバーおよびその従業員がインテル製品およびテクノロジーに関する研修を受ける必要があります。貴社のメンバーシップ・レベルに対応する具体的な研修要件についての詳細は、会員資格を参照してください。

5.4 プロフィール情報: 貴社は、少なくとも年 1 回、または本プログラムのレベルに変更があった場合はいつでも、インテルに登録されている貴社のプロフィール情報 (商号、主たる担当および副担当、役職名、電子メールアドレス、事業所の住所 (所在地および郵送先)、郵便番号、電話番号、ファクス番号が含まれますが、これらに限定されるものではありません) (以下「プロフィール情報」) の確認および更新を行わなければなりません。インテルがその事業に関連してこれらの情報を使用する場合があることに貴社は同意します。

5.5 購入: 貴社は、インテルの売上高情報およびデータを直接または当該データの供給会社を通じて提供することに同意します。当該データは、インテルがその事業に関連して使用します。本プログラムのメンバーシップの特典およびサービスに対する貴社の資格は、インテルが、売上高情報などに基づいて、貴社のメンバーシップ・レベルに応じて適切に決定するものとします。

5.6 製品統合: プラチナ・パートナーの場合のみ、貴社は、販売者から購入したインテル製品またはインテル搭載製品の少なくとも 70% を、最終製品として、または購入したコンポーネントを搭載した統合製品として販売していることを表明します。製品統合/最終製品の確認は、特定のメンバーシップ・レベルの要件となる場合があります。インテルは、自己申告された売上情報またはシステムが作成した売上情報を監査する権利を留保します。

5.7 自己申告収益: インテルは、貴社が前暦年に販売した、インテル CPU 搭載のシステムの数を自己申告するよう貴社に要求する場合があります。インテルは、この自己申告情報が正しいことを確認する権利を留保します。インテルは、貴社の施設の実際の訪問および検査までを含む、貴社の記録を監査および調査する権利を有します。当該監査は、インテルの判断によりまたは貴社からの書面による要求に応じて、インテルの費用で、少なくとも貴社への 10 営業日前までの通知をもって、独立した第三者が行います。当該監査の結果は、監査人により極秘に保管され、第三者が監査を行った場合には、貴社の本契約条件の義務の遵守不履行のみが、インテルに報告されるものとします。

5.8 接続性: 貴社は、以下に同意します。
(i) 貴社の主たる担当の有効な電子メールアドレス、および会員階層基準の一部として本プログラムに関与するその他全員の従業員の有効な電子メールアドレスを維持する。
(ii) プログラムのウェブサイトへのアクセス能力を維持する。貴社のログイン ID およびパスワードが 18 カ月を超えて利用されない場合、インテルは貴社の個別のログイン ID を削除して再割り当てし、貴社のチャネル商標使用許諾契約 (CTLA) を終了する場合があります。
(iii) プログラムのウェブサイトにアクセスする際に使用するパスワードを安全に保管し、貴社自身による当該ウェブサイトへの正当なアクセスにのみ使用する。
(iv) ニュースレターおよびメッセージの受信設定にかかわらず、インテルがプログラムまたは会員資格に関して、貴社および本プログラムに関与する従業員に対して送信する公式なプログラム通知をすべて確認する。
(v) インテルが貴社の社名、住所、およびメンバー資格を公開ウェブサイト上に掲載し、インテルが貴社のウェブサイトの内容に対して責任を負わない旨の免責事項とともに、貴社のウェブサイトへリンクを貼ることを許可する。

6. プログラム特典とサービス

6.1 ポイント: 販売者から正規インテル製品を購入した、プログラム内のメンバーシップ・レベルに応じた現行のメンバー (以下、「適格プログラム会員」) に対してインテルが提供する、自己の判断で使用できる獲得特典です (以下、「ポイント」)。認定インテル® ディストリビューター、認定インテル® サプライヤー、インテル製コンポーネント・サプライヤーには、ポイント獲得資格がありません。ポイントは、また、インテルが定義するその他の非購入活動 (以下、「非取引活動」) を完了した適格プログラム会員にも提供されることがあります。 本契約の付属書 A に、ポイントに関する補足条件を記載しています。

6.2 プログラム特典とサービス: インテルは、適宜、プログラムのメンバーに対し、本契約条件に記載された特典またはサービスに加えて、それ以外の特典またはサービスを提供する場合があります。特典またはサービスには、それぞれ別個のガイドライン、規則その他の諸条件が適用されます。特定の特典またはサービスに適用されるガイドライン、規則または諸条件は、当該特典またはサービスに適用されます。メンバーは、特定のガイドラインを満たす場合、複合的プログラムに参加する資格が得られます。しかしながら、そのプログラムからの金銭的な特典は組み合わせられません。

7. 秘密情報

貴社がインテルと企業間秘密保持契約 (以下「CNDA」と称します) を締結している場合、インテルと貴社間でやり取りされる (CNDA で定義する) 秘密情報には、CNDA の条件が適用されるものとします。

貴社が CNDA を締結していない場合は、以下を適用するものとします。

インテルの「秘密情報」に含まれるものは、次のとおりです。
(i) インテルの有形情報で、"confidential" または "Intel Confidential" の表示があるもの
(ii) 口頭で伝達される情報で、「confidential」または「Intel Confidential」の表示がある有形資料に関連するもの、あるいは当該資料に具体化されるもの。

秘密情報を所有する権原または権利は、常時インテルに帰属します。秘密情報は、研修行事の際またはその他の手段により、貴社へ開示されることがあります。一部のプログラムの特典には、参加条件としてさらなる守秘義務条件が要求されることがあります。以下に記載する条件は、プログラムにより開示されるインテルの秘密情報に適用され、本契約条件もしくは貴社のメンバーシップの終了または満了後も存続します。貴社は、以下の諸条件を遂行および遵守することに同意するものとします。

a.秘密情報の維持管理。少なくとも貴社が貴社の秘密および専有情報を保護する場合と同等の注意を払って秘密情報を保持してください。ただし、その注意は当該状況下で合理的な水準を下回らないものとします。

b.開示の禁止。自らの職務を遂行するために秘密情報を知る必要がある貴社の従業員を除き、第三者に秘密情報を開示してはなりません。貴社の従業員に秘密情報を開示する前に、当該情報に関する契約上の守秘義務について当該従業員に訓練を施し、これらの義務の遵守に関して当該従業員の同意を得てください。貴社は、貴社の従業員による契約上の当該義務の履行について責任を負います。

c.コピー。機密情報は、当該情報を知る必要のある貴社の従業員用として必要な場合を除き、複製を作成しないこと。複製にはいずれも「Intel Confidential (インテル機密)」と表示しなければなりません。

d.期間。機密情報は、当該情報が貴社に開示された日から少なくとも 5 年間はその機密性を保持すること。ただし、以下の情報はこの限りでありません。
(i) 合法的に公知とされている情報
(ii) 守秘義務を負うことなしに第三者から合法的に受領した情報
(iii) インテルから受領する前に、その使用、あるいは開示について何ら制限を受けることなく貴社が合法的に知ることとなった情報
(iv) その開示について制限を設けることなくインテルから他者に対して一般的に提供されている情報

e. 貴社は、インテルから要求があった場合、すべての秘密情報またはその一部、ならびにそれらの複写すべてを返却あるいは破棄するとともに、かかる要求に従って実際に返却または破棄したことを確認することに同意するものとします。

8. 期間、変更、終了

8.1 有効期間: 本契約条件は発効日に発効となり、ここに記載されているとおりに終了しない限り継続されます。いったん貴社のメンバーシップが発行されると、本契約条件は、貴社がこれを遵守することを条件として、各暦年の初日に自動的に更新され、発効となります。インテルは、該当する暦年内に貴社のメンバーシップが有効となることを明記した書面または電子形式による通知を貴社に送付します。 貴社がゴールドまたはプラチナ・パートナーである場合、貴社の階層資格は、以下の本プログラム契約条件に従って期限前に終了しない限り、当該暦年の最終日に期間満了となるものとします。インテルは、毎年、貴社の階層資格を見直し、1 年間、期間を延長することがあります。ただし、貴社は、本プログラムの階層レベル資格の条件を満たしており、その他の点でも、本契約条件を遵守しなければなりません。 貴社がレジスタード・パートナーである場合、貴社のメンバーシップは本プログラム契約条件に従って終了となるまで継続します。

8.2 プログラムの変更: インテルは、貴社への通知後は随時以下の行為を行うことができます。
 
(i) プログラムの新しいレベルを追加する、
(ii) プログラムのレベルのすべてもしくはいずれかを取り消す、または
(iii) プログラム、その特典またはサービスの全部あるいはその一部を変更、修正または中止する。

少なくとも年 1 回、またはその前にインテルが貴社に本契約条件の変更を通知した場合、本契約条件の見直しを行うことは貴社の責任です。貴社は、何らかの変更または修正後に貴社がプログラムへの参加を継続したり、同プログラムを利用した場合、貴社が修正後の本契約条件を了承したものとみなされることに同意します。

8.3 試用期間: インテルは、貴社が本契約条件、当該 CTLA、またはインテルのロゴの使用ガイドラインに従わなかった場合、貴社に試用期間を適用する場合があります。 「試用期間」は最長 90 日間で、同期間中は本プログラムの特典を受けられないことがあります。この期間中、貴社は指摘を受けた不備な点を是正するために何らかの措置を講じなければなりません。不備な点が試用期間終了時点で是正されなかった場合、貴社のプログラムは終了となることがあります。インテルは、終了の日から少なくとも 6 カ月を経過するまでは、プログラムへの再入会の申請を検討しません。プログラムへの再入会は、インテルの単独裁量により認められるものとします。

8.4 制限付き資格: 貴社が上記第 5.4 項で義務付けられた貴社のプロフィール情報の確認および更新を怠った場合には、インテルは、貴社の資格を制限付き資格とすることがあります。 貴社がそのプロフィール情報を年 1 度の 3 カ月の年次更新期間内に更新しなかった場合、制限付き資格状態が開始されます。「制限付きステータス」は最長 9 カ月間であり、この間、貴社はポイントを含め、自らのプログラム特典を行使できません (ただし、ポイントはこの期間中も引き続き発生します)。本期間中、貴社はそのプロフィール情報を更新するために何らかの措置を講じなければなりません。制限付きステータス期間の終了時に貴社のプロフィールが更新されていない場合、貴社のプログラムは終了となることがあります。インテルは、終了の日から少なくとも 6 カ月を経過するまでは、プログラムへの再入会の申請を検討しません。プログラムへの再入会は、インテルの単独裁量により認められるものとします。

8.5 メンバーシップの終了またはメンバーシップ・プログラムの変更―インテルによる場合: インテルは、随時、貴社へ通知を行うことにより、インテルの単独裁量で、プログラムにおける貴社のメンバーシップを終了または貴社のメンバーシップを別のレベルに変更することがあります。解約の原因となる場合がある行為には以下のものがありますが、これらに限定されるものではありません。
 
(i) プログラムのプロフィールの設問を含め、メンバーシップの申請時に不正な情報または虚偽の情報を提出する
(ii) 欺まん的、詐欺的、あるいはその他の違法な手段を通じて特典またはサービスを獲得するか、あるいは獲得しようと試みる
(iii) リマーク、偽造、改造、不正変更または再梱包されたインテル製品の作成、販売または販売の申し出を行い、またインテルによる交換を目的としてそのような製品を提出した場合
(iv) 複数のまたは重複した会員アカウントの維持または申請を行う
(iii) アクセス権取得条件のいずれかを満たしていない
(vi) 本契約条件の規定を遵守していない
(vii) CTLA またはロゴ使用許諾契約に含まれる規定を遵守していない (該当する場合)
(viii) インテルのチャネル保証プログラム (CWP) 要件の違反を含め、プログラム会員としての貴社に適用される、あるいはプログラムメンバーである貴社に提供される特典に適用されるその他の規定を遵守していない

8.6 メンバーシップの終了―プログラムパートナーによる場合: 貴社は、プログラムの管理者へ書面で通知することにより、プログラムのその会員資格を随時自ら終了することができます。

8.7 契約終了の効果: 契約終了とともに、本契約条件ならびに CTLA を含め適用される一切の商標使用許諾契約に基づき貴社に付与されたすべての権利は直ちに停止され、貴社は、本契約条件とその他の適用される契約に規定されるすべての終了義務に直ちに従うものとします。

8.8 アップグレード: インテルは、貴社の会員資格をレジスタードからゴールド、またはゴールドからプラチナへアップグレードするために、貴社の資格を適宜評価するものとします。すべてのアップグレードは、その時点で有効な新規メンバーシップ・レベルに関する会員資格基準に従い、インテルによる承認を要します。プラチナレベルへのアップグレードには、手作業の検証を要します。よって貴社がプラチナ・パートナーとして稼動するまでに数カ月かかることがあります。

8.9 ダウングレード: 毎年、貴社が当該時点でのメンバーシップ・レベルに対して最低限必要な基準を満たしていない場合、その会員資格は更新されず、貴社は、予告なく、条件を満たす他のメンバーシップ・レベルの割り当て (ダウングレード) を受けることになります。貴社は、新しいレベルの要件を満たす必要があります。(ただし、本契約条件または CTLA (該当する場合) に関して改めて同意する必要はありません)。

9. その他の条件および通知

9.1 無保証: 貴社は、貴社が提供する製品またはサービスの品質についてインテルが貴社に代わって何らの保証も行うものではないことに同意するものとします。貴社の製品またはサービスについてインテルが保証する旨を貴社が表明することは一切許されません。

9.2 メンバー用ウェブサイトおよびパスワード: プログラムのウェブサイトには、パスワードを設定しなければ利用できない部分があります。貴社はご自分のパスワードを安全な場所に秘密情報として保管し、貴社が認められているプログラムのウェブサイトにアクセスする場合にのみ、そのパスワードを使用するものとします。貴社は、ご自分のパスワードを使用したすべての行動について一切の責任を負います。ご自分のパスワードが実際に不正使用された、あるいはその疑いがある場合には、インテルに対して速やかにその旨を通知してください。インテルは、貴社のパスワードが不正使用されたことから生ずるいかなる結果についても責任を負いません。貴社のパスワードまたはウェブサイトに関する疑問やトラブルについては、www.intel.co.jp/reseller または www.intel.co.jp/technologyprovider/ までご連絡ください。

9.3 偽造品およびリマーク品: 貴社は、インテル製品の機能の変更、クロックアップ、あるいはリマークを行ってはなりません。リマークされ、または変造、偽造されたインテル製品の購入、使用、販売、仲介、あるいは販売促進なども行ってはなりません。インテルに返却された製品で、インテルが不正に変更されたと判断したものは、告訴のため捜査当局に引き渡す場合があります。貴社は、インテル製品またはインテル製品用の包装が施されたいかなる製品も再販売用にリパッケージしてはならず、またインテル製品用のいかなる包装も、これを変造し、あるいは改造するなどの行為を行ってはなりません。

9.4 インテルのウェブサイトで提供されるコンテンツおよびソフトウェア: インテルはプログラムのウェブサイトを維持管理しています。同ウェブサイト上の「使用条件」リンクに記載される規定は、インテルのウェブサイトの制作物に適用されます。インテルのウェブサイトからダウンロードされるソフトウェアは、インテルまたはインテルのサプライヤーの著作物です。貴社は、適用されるソフトウェア使用許諾契約の条件に従ってかかるソフトウェアを使用することに同意するものとします。

9.5 プログラムのプライバシー・ステートメント: 一定の時期に、インテルは、ほかのテクノロジー・エコシステム・ベンダーと連携して、プログラムのメンバーへ新たなプログラムおよび価値を提供することがあります。貴社は、参加するエコシステム・ベンダーから購入したインテルおよびエコシステム・ベンダーの製品の数量および種類に関する情報 (以下「購入情報」) をインテルが収集すること、ならびに貴社のプロフィール情報および購入情報を、インテルが参加ベンダー、参加ディストリビューター、または前記のプログラムを支援し、プログラムのメンバーにその他の特典を提供している第三者サービス・プロバイダーと使用もしくは共有することに同意します。

(i) 銀行情報:インテルは、貴社にプログラムの金銭的報奨を受ける資格がある場合、貴社の口座に直接支払うために、口座情報を収集することがあります。かかる情報は支払処理のみに使用されます。

(ii) 認定インテル® ディストリビューターおよびその他の販売者:インテルは販売者から販売データを収集し、その情報を使用して、プログラムにおける貴社のステータスを評価します。また、貴社が当該する金銭的特典、カスタマー・サポート・プログラム、その他のプログラム特典、サービスを判定するために使用します。インテルは、貴社にプログラムのメンバー特典やサービスを提供するために、販売者プログラムの関連情報 (ポイントの資格、残高および有効期限を含むがそれに限定されない) を提供することができます。販売者およびその従業員は、インテルから得た情報を、インテルが指示した以外の目的に使用することを禁じられています。またインテルは、販売者がインテルに代わってお客様の情報を適切に保護するようにしかるべき措置を講じます。

(iii) サードパーティー・サービス・プロバイダー: インテルは、電子メール版ニュースレターの配信やコンテストの賞品の配送、カスタマー・サポート・サービスの提供、ウェブサービスのホスティング、トレーニングなどのイベント登録の処理、アンケート、調査、プロモーション、コンテストの実施、金銭的特典の支払処理、統計分析の実施など、プログラムのマーケティングおよびロジスティクス・サービスをインテルに代わって提供するサードパーティー・サービス・プロバイダーに限定的に委託することがあります。インテルは、インテルに代わって特典やサービスを提供するために必要な情報をこのようなサードパーティ・サービス・プロバイダーに提供します。サードパーティー・サービス・プロバイダーおよびその従業員は、インテルから得た情報を、インテルが指示した以外の目的に使用することを禁じられています。またインテルは、サードパーティー・サービス・プロバイダーおよびその従業員がインテルに代わってお客様の情報を適切に保護するようにしかるべき措置を講じます。

9.6 第三者のコンテンツおよびウェブサイト: プログラムのウェブサイトには、第三者によるコンテンツを含んでいる、また第三者によるウェブサイトとリンクしている場合があります。貴社は、かかる第三者のウェブサイトで提供されるいかなる記載事項、広告、またはその他のマーケティング制素材について、インテルが一切責任を負わないことを認め、これに同意します。

9.7 免責事項: プログラム、プログラムのウェブサイト (これには同ウェブサイト上の情報、テキスト、グラフィック、リンク、その他の項目、ならびに同ウェブサイト上または同ウェブサイトを介して提供される特典およびサービスが含まれますが、これらに限定されるものではありません) は、インテルおよびインテルのサプライヤーからの保証が一切ない形で提供されます。インテルは、同プログラムおよびウェブサイトに関し、ならびに同プログラムとウェブサイト上または同プログラムとウェブサイトを通じて提供される特典、制作物およびサービスに関し、明示、黙示その他を問わず、一切の保証 (商品適格性、満足のいく品質、特定目的への適合性、または権利非侵害に関する保証を含みます) を放棄します。また、インテルは、プログラムのウェブサイトへの継続的、連続的なアクセス、プログラムのウェブサイトの運営、機能または利用可能性、プログラムのウェブサイトがウィルスに感染していないこと、またはプログラムのウェブサイト内の瑕疵が修正されることについて一切保証しません。

9.8 責任の制限: いかなる場合も、インテルまたはそのサプライヤーは、逸失利益、データの損失、事業の中断、代替品またはサービスの調達費用を含むがそれに限定されず、契約上の理論、不法行為 (過失を含み)、厳格責任の有無を問わず、参加している販売者からまたはプログラムのウェブサイトを通じてコンポーネント、ソフトウェア、またはサービスを購入するためのプログラム、プログラムのウェブサイトまたはプログラムのウェブサイトの使用と何らかの関連で生じた損害にも、間接的、特殊、必然的損害にかかわらず、インテルがそのような損害の可能性を知らされていた場合でも、貴社に対して一切の責任を負いません。また、プログラムおよびプログラムのウェブサイトと関連または関係するインテルの貴社に対する総合的な累積責任は (契約、不法行為、またはその他の法的理論に基づく請求を問わず)、プログラムに基づいてインテルによって支払われる特典または支払われる金額の合計を超えることはありません (存在する場合)。一部の法域では、付随的または派生的損害に関する責任の制限が認められていないため、上記の制限が貴社に適用されない場合があります。

9.9 汚職行為防止: 貴社は、汚職行為防止に関するすべての適用法を遵守していること、また過去から将来にわたり、いずれの汚職防止法にも違反しないことを表明し、保証します。これには米国海外腐敗行為防止法、英国贈収賄法、および貴社の法域の汚職防止法が含まれますが、これらに限定されるものではありません。上記を制限することなく、貴社は、貴社、その従業員、代理人、および代表者が直接、間接を問わず金銭、贈り物または価値あるいかなる物をも以下の者に対して提供、支払い、提供の約束、またその支払いへの許可を行っておらず、今後もそうしないことを表明し保証します。(i) 政府官僚 (国有もしくは国営企業および公共の国際機関、政党もしくはその職員、または政治家の候補者を含む政府機関のために公的な立場で行動する役人、従業員、または個人と定義) または (ii) 政府官僚に対し、そのような金銭、贈り物または価値ある物のすべてまたはその一部について、直接、間接を問わず以下の目的で、提供の申し出、支払い、提供を行おうとしている個人またはその疑いがある個人 (1) 政府官僚の公的な立場における行為もしくは決定に不適切に影響を与える目的 (2) 政府官僚をその法的な義務に違反して、ある行為を行わせるかまたは行わせないよう不適切に誘導する目的 (3) 不適切な利益を確保する目的、または (4) インテルまたはその関連会社のいずれかが事業を得るかまたは保持するのを支援するために、政府官僚がその支配力を行使して政府機関の行為または決定に影響を及ぼすよう不適切に誘導する目的。貴社が FCPA または貴社の法域における同様の法規制に違反したと合理的に考えられる場合、インテルは正当な理由で本契約を直ちに終了します。

10. 一般規定

10.1. 国による相違: プログラムの実施および管理は、国ごとに異なる場合があります。

10.2. 譲渡: 貴社のプログラムの会員資格は移転、譲渡することはできません。インテルは、自社の権利および義務のすべて、あるいはその一部を、本契約条件に基づいて、直接的または間接的にインテルが完全所有する自社の子会社に譲渡、ないしは委譲することができます。

10.3. 優先順位: 本契約条件書の英語版は、その他の翻訳版に優先するものとします。CTLA の条件は、CTLA の対象に関して、本契約条件より優先するものとします。インテルの販売に関する一般的な契約条件 (適時更新される時点の) は、インテルによる製品の販売に適用されます。インテルの販売に関する一般的な契約条件は、必要に応じ、インテル・ビジネス・リンク・ポータルから入手できます。

10.4. 権利放棄: 本契約条件の権利行使を怠っても、それ自体はかかる規定に関する権利放棄とは見なされず、またかかる権利行使の可能性にも影響を及ぼしません。

10.5 修正: 本契約条件は、当事者双方の正式に授権された代表者による署名を付した書面で行われる場合を除き、その修正は認められません。上記の規定にかかわらず、インテルは自らの単独裁量に基づき、プログラムおよびプログラム特典並びに本契約条件の変更あるいは削除を行うことができ、その効力発生の日が別途指定される場合を除き、その旨の通知が行われ次第、その効力が発生するものとします。プログラムのウェブサイト上への変更などの掲載、およびその旨を通知する電子メールの送信は、貴社に対するかかる変更などの十分な通知と見なされます。

10.6 法の遵守: 貴社は、自己の負担の下に、プログラムおよび本契約条件に基づく貴社の義務の履行に適用される政府機関および官公庁などのすべての法規、規制事項、規則、条例および命令を遵守します。

10.7 可分性: 本契約条件のいずれかの規定が、管轄権を有する裁判所によって、無効、違法または執行不能と判定される場合、その裁判所はその権限に従いかかる規定を本契約条件から削除します。本契約条件の規定の変更または削除は、引き続き効力を有する本契約条件のほかの規定の有効性または強制力に影響を及ぼしません。

10.8 完全合意: 本契約条件、および本契約条件で言及されるその他の文書は、プログラムに関する貴社とインテル間での完全な合意を含み、当事者間での同じ対象に関する以前または同時に行われた口頭または書面によるすべての提案、合意、理解、交渉、表明、保証、条件、連絡を併合し、それらに優先します。

10.9. 準拠法および裁判地: 本契約条件、プログラム、その制作物、またはそのウェブサイトにおいてまたはその関連で生じたいかなる請求も、CTLA においてまたはその関連で生じた請求を除き、以下の法廷で司法判断を受け、以下の法律が適用されるものとします。(1) 貴社が米国、カナダおよびメキシコを含む中南米を本拠とする場合、適用される法廷はデラウェア州の裁判所であり、適用される法律は抵触法の原則にかかわらず米国およびデラウェア州の法律とします。(2) 貴社がアジア太平洋地域を本拠とする場合、適用される法廷はシンガポールの裁判所であり、適用される法律はシンガポールの法律とします。(3) 貴社が日本を本拠とする場合、適用される法廷は東京地方裁判所であり、適用される法律は日本の法律とします。(4) 貴社が欧州およびその他の地域を本拠とする場合、適用される法廷は英国裁判所であり、適用される法律は英国およびウェールズの法律とします。

10.10 輸出規制: 貴社は、本件製品の輸出、再輸出、輸入、譲渡、流通、使用およびサービスを管理する米国その他の国々の法規制のすべてを遵守しなければなりません。特に、貴社は以下のことを行ってはなりません。すべての適用法で義務付けられている許可の一切を事前に取得した場合を除き、(a) 制裁下にある国または米国政府その他該当する政府が公表する輸出拒否リストに掲載される事業体へ本件製品を販売または譲渡すること、(b) 核兵器、ミサイル、化学兵器もしくは生物兵器の開発、設計、製造または生産のため、または米国政府その他該当する政府が禁止するその他の目的のために本件製品を使用、販売または譲渡すること。輸出に関する義務の詳細については、http://www.intel.com/content/www/us/en/legal/export-compliance.html?wapkw-export/ をご覧ください。

10.11 独占契約の否定: プログラムで提供される特典は、独占的または市場シェアに関する誓約を条件としていません。さらに、本契約に含まれるいかなる条項も、いずれかの当事者が第三者と同様の協定を締結することを妨げないものとします。

付属書 A: ポイントに関する補足条件

1.参加:

1.1 獲得および使用規則は、プログラムのメンバーシップ・レベルに応じて異なることがあります。現行の規則は、プログラムのウェブサイトのポイントページ (以下、「ポイントページ」) で参照できます。ポイントへの参加は、本契約条件とポイントに関する補足条件 (合わせて「契約条件」) を遵守することを条件とします。プログラムの有効な会員資格のない会員は、ポイントを受ける資格がないものとします。貴社には、ポイントに参加し、またインテル製品を購入する義務はありません。

1.2.1 ポイントに関する主たる担当: インテルは、アクセスレベルおよび情報源として、インテル・プロファイル・センター内の主たる担当指定を使用します。貴社は、貴社に代わってポイントを管理する主たる担当を特定する必要があります。主たる担当は、本契約条件、ポイントに関するあらゆる側面、商品、およびサービスの管理、履行、処分に対して責任を負うことが必要となるものとします。

2.資格要件を満たした購入、活動、およびプロモーションへの参加:

2.1 ポイントページで指定されているインテル製品、活動、およびプロモーションのみがポイント獲得の対象となります。ポイントが付与されるその他の非取引活動には、指定のオンライン・トレーニングの完了、インテルによって認可された指定の調査への参加が含まれますがこれに限定されません。

2.2 購入活動は、ポイント算出のため、販売者から正確に報告されなければなりません。インテルは、販売者が報告する売上高データに基づく購入獲得データ、つまり利益の正価を使用してポイントの獲得を計算します。獲得ポイントは、ポイントページの適格プログラム会員のポイントアカウントに掲示されるものとします。販売者以外から購入されたインテル製品については、ポイントを受ける資格がなく、そのような購入は、ポイントの処理がされないものとします。

2.3 適格プログラム会員が金融会社を利用して、正規インテル製品を自己の代理として購入した場合、適格プログラム会員は、販売者に、適格プログラム会員の有効なビジネス ID を適格プログラム会員名および金融会社名とともにインボイスの「請求書送付先」欄に記載するよう指示しなければなりません。

2.4 ポイントページで指定されている購入と活動のみが報告され、適格プログラム会員の特典概要に提示されるものとします。

3.特典価値:

3.1 インテルは、自己の単独裁量にて、それぞれの適格購入、活動またはプロモーションへの参加に対するポイント獲得を決定します。インテルは、随時、事前の通知なしに、ポイントの価値の額を変更でき、適格な製品、活動もしくはプロモーションへのポイント付与を中止する場合があります。ポイントの価値は、地理および会員資格の階層レベルにより、またはインテルの裁量で他の要因により、変更することがあります。インテルは、自己の単独の裁量で、ポイントの最小開始時点または上限を置き、これを実施し、また特定期間、一定の提供するポイント量を制限する権利を留保します。ある購入または活動が特典に基づくポイント獲得を受ける資格があるかどうかに関して、インテルの決定は最終的なものとします。ポイントの更新は、ポイントページに提示します。

3.2 正規インテル製品の購入で獲得したポイントを成立させるために使用する日付は、請求書の日付であり、注文日ではありません。

3.3 非取引活動で獲得したポイントを成立させるために使用する日付は、参加日または履行日となります。

3.4 インテルは、特別なプロモーション、オファー、キャンペーンに対してもポイントを付与する場合があります。特別なプロモーションに関する規則は、プログラムメンバーへの通常の連絡方法 (電子メールまたはポイントページへのポイント条件に関する掲示を含むがこれに限定されない) で適格プログラム会員へ通知されるものとします。

4.ポイント獲得:

4.1 適格プログラム会員による正規購入で、販売者がインテルに正しく報告した場合、インテルはその製品ごとに、製品および発送日に関連する記載額に相当するポイントを付与するものとします。適格プログラム会員が行い、正しく報告された適格非取引活動については、インテルは、同活動および発生日に対して記載額に相当するポイントを付与するものとします。

4.2 インテルは、販売者が報告する販売量に基づいて該当するポイント獲得を処理し、ポイントページのポイント収支報告書欄に掲載するものとします。適格プログラム会員は、自己のポイント収支を定期的に確認する責任があります。販売者による不正確な報告が原因で、掲示されたポイント残高に相違がある場合、適格プログラム会員は、各自の販売者に通知し、元の購入日から 6 カ月以内に、報告した誤りをインテルに申請するよう要請しなければなりません。ポイントの相違が、適格プログラム会員および販売者との間で解決できなかった場合、獲得額に関してインテルによる決定が最終的なものとなります。認定インテル® ディストリビューターと解決できなかった相違については、Local Intel Support Team に連絡してください。(https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/technology-provider/buying-and-support/overview.html)

4.3 インテルは、適格プログラム会員による購入を販売者が正しく報告した場合にのみポイントを発行します。販売者は以下の項目をインテルに報告しなければなりません。

•  ビジネス ID (インテルが保有しているビジネス ID と完全に一致しなければなりません)

•  企業名 (インテルが保有している企業名と完全に一致しなければなりません)

•  住所 1 行目 (インテルが保有している住所と完全に一致しなければなりません)

•  住所 2 行目 (インテルが保有している住所と完全に一致しなければなりません)

•  住所、市町村名 (インテルが保有している市町村名と完全に一致しなければなりません)

•  住所、県名 (インテルが保有している県名と完全に一致しなければなりません)

•  住所、国名 (インテルが保有している国名と完全に一致しなければなりません)

適格プログラム会員は、販売者が報告する自己の企業名および住所の詳細が、インテルに提供しインテルが保有する企業名および住所の詳細と完全に確実に一致するようにしなければなりません。

5.ポイントの使用:

5.1 ポイントは、適格プログラム会員のアカウントに付与された後直ちに使用可能となり、ポイントページを通じて入手できる履行オプションと交換することができます。ポイントには、現金と同等の価値はありません。

5.2 適格プログラム会員は、入手可能な履行オプションを閲覧することができます。これは、階層および立地基準を条件とすることがあります。各履行品目は、対応するポイントの価値を表示するものとします。これは、関連する手数料をすべて含んでいます。適格プログラム会員は、利用可能なポイント残高内でのみ品目の交換ができ、アカウントには、履行が提示される前に十分なポイントが残っていなければなりません。ポイントの履行はすべて、会員のポイントアカウント内での、必要なポイント額のデビット取引となります。ポイントは、ポイント履行時に、アカウントから直ちに引き落とされるものとします。

5.3 履行オプションは、特定の国または地域内のすべての国の適格プログラム会員に提供されます。

5.4 履行オプションによっては、固有の条件または規則が適用される場合があります。そのような規則が存在する場合、その品目の説明とともに同規則が通知されるものとします。当該品目の履行を提示することにより、適格プログラム会員は、当該条項への同意を確認します。

5.5 履行請求の取り消しまたは履行オプションの返品があった場合は、これが認められた場合、履行に固有な条項を条件として、適格プログラム会員のアカウントには、対応するポイント額が再び付与されるものとします。

5.6 インテルは、適宜、適格プログラム会員へ特別な履行を提供する場合があります。履行の提供規則は、プログラムメンバーへの通常の連絡方法 (電子メールまたはポイントページへの更新されたポイント条件の関する掲示を含むがこれに限定されない) で適格プログラム会員へ通知されるものとします。

5.7 インテルは、随時、事前の通知なくまた適格プログラム会員に対して何ら責任を負うことなく、履行オプションを変更する権利を留保します。

6.ポイント有効期限:

6.1 ポイントは、適格プログラム会員のアカウントに付与された日付から 12 暦日間有効とします。ただし、(i) 特別な獲得機会により、異なる期間が通知されている場合、または (ii) ポイントが下記第 13 条に従って失効された場合は、この限りではありません。

6.2 ポイントの喪失: ポイントは、以下の方法で喪失することがあります。(1) 適格プログラム会員が自らポイント特典を得ることを見合わせるか、または第 13 条に従って終了する。(2) 公表されているポイント期間満了規則により、期限切れとなったポイント。(3) 適格プログラム会員がポイント特典を得ることを見合わせる。(4) プログラム会員資格レベルのダウングレード。適格プログラム会員がもはやポイントを受ける資格がない場合、自己のポイント収支報告書にアクセスし、残りの利用可能なポイントを交換することができるものとします。ただし、適格プログラム会員は、その資格終了日から 60 日の期間中に、履行オプションに足りる十分なポイント有することを条件とします。

7.収支報告書:

7.1 適格プログラム会員は、ポイントページで、自己のポイント収支報告書を確認することができます。これには、現時点のポイント残高が記載されており、会員のポイントアカウント上のすべての取引の収支報告が記載されています。会員の収支報告書は、会員アカウントの信用取引およびデビット取引を記録するものとします。

7.2 相違: 適格プログラム会員は、当該のポイントを獲得したとされる日から 6 カ月以内に、アカウントの相違をインテルに通知しなければなりません。通知しない場合、該当ポイントは喪失するものとします。プログラム上のポイント付与の請求は、適格プログラム会員がポイントページで指定されている手続きに従って提出しない限り、インテルからは認められないものとします。有効な請求は、ポイントページで指定されるポイント手続きに従ってインテルが裁定するものとします。インテルは、販売者が正規購入を正確に報告しなかったことに関して、またはインテルが受け取っていないかまたは損傷によって損なわれ、判読できず、もしくは不完全な特典の付与の報告または請求に対して如何なるものでも責任を負わないものとします。

7.3 インテルは、公表された手続きによりインテルに問題が報告された日から 6 カ月より前の購入については、調査または調整を行わないものとします。

8.税金:

管轄権を有する政府当局が付与されるポイントにまたはこれに関して課す、適用されるすべての国税、州税、および地方税 (消費税、使用税、付加価値税その他の税金を含むがこれに限定されない) については、適格プログラム会員が単独で責任を負います。

9.監査:

9.1 インテルは、特典プログラムの定期的な監査を行います。監査により過剰なポイント特典の獲得が発見された場合には、インテルは、合理的な詳細さで、過剰なポイント特典の獲得額、およびそれを回収するためにインテルが取る行動を明記して、影響を受けた適格プログラム会員に通知するものとします。インテルは、独自の裁量により、過剰な特典が完全に回復するまで、過剰な特典を将来発生するポイントに対して相殺する場合があります。過剰なポイント特典の獲得額の回復は、それが発見された日から 1 年遡った日に行われた販売取引までに限られるものとします。

9.2 適格プログラム会員は、ポイント特典およびインテル製品のすべての購入に関するすべての関係書類および会計書類の原本を 1 年間保管しなければならず、インテルの特典請求の確認または照合の目的で、インテルから要請があれば、そのコピーを提供するものとします。

10.管理:

インテルは、特典の管理を支援させるために第三者ベンダーを雇う権利を留保します。第三者ベンダーおよびその従業員は、インテルとの秘密保持契約に従い、プログラム特典を管理する以外の目的で会員の秘密情報を使用することは禁じられています。情報の守秘義務に関する質問または不明点については担当の Intel Support Team までご連絡ください。

11.限定的利用:

適格プログラム会員は、インテルが書面で明示的に承認または当該の販売者が承認していない限り、会員が販売者に負う未払いの請求金額または負債に、獲得ポイントを充当することはできません。

12.詐欺行為:

ポイントの発生または交換に関する詐欺行為および不正使用は、あらゆるインテルの特典の没収およびプログラム会員資格の終了、ならびに不正に発生 / 交換したポイントを回収するための法的措置につながる場合があります。

13.終了:

インテルは、何らかの理由によりまたは何の理由なく、随時、ポイント特典を終了する場合があります。そのような場合、ポイント獲得は、かかる終了の日から停止し、すでに獲得されたポイントは、終了の日から 60 日で有効期限が切れるものとします。インテルは、自己の裁量で、プログラムの要素を中止する場合があります。適格プログラム会員には、インテルへの通知により、随時、ポイント特典を受けない権利があります。