インテルの探索

中国の万里の長城は、数千年もの中国文化を象徴する遺跡です。しかし現在、箭扣区間のように大部分が浸食と倒壊の危機にさらされています。箭扣長城は山頂地帯の危険な絶壁に広がり、この遺跡の保全を困難にしています。ほとんど不可能に見えるこの難題に挑むため、インテルは中国文化遺産保護基金とともに、修復に向けて革新的な新しいアプローチを開始しました: AI とドローン。

ドローンを活用した 3D モデルの作成

インテル® Falcon™ 8+ ドローンの飛行能力、信頼性、高解像度画像撮影は、万里の長城の修復に理想的なツールとなります。ドローンは、箭扣長城の高精度な詳細画像を何千枚も撮影することができ、その画像をスティッチングした 3D モデルによって中国文化遺産保護基金はデータ主導の修復計画を進めることができます。

AI によって構造的損傷を検出

インテルのチームは、AI のアルゴリズムを使って箭扣長城の構造的な損傷を検出し、修復に必要な煉瓦の正確な数まで割り出すことができます。写真測量法スティッチングからトレーニング、推論、3D モデルの可視化まで、インテル® Xeon® プロセッサーが全行程で基盤となっています。これによって、中国文化遺産保護基金は箭扣長城の修復をより早く、正確かつ効率的に進めることができます。

AI の詳細情報

インテルの AI 技術とドローンの世界に関する詳細

さらなる高みへ

油田掘削調査から建設管理、環境研究まで、インテルのドローンは企業や組織が抱える最大の課題に新たなソリューションを提供します。

北極圏上空

北極調査隊が、気候変動や環境に適応しようともがく野生動物の研究に、どのようにインテル® Falcon™ 8+ ドローンを使用しているかご覧ください。

詳しくはこちら

舞台裏

クジラや海洋の健康状態と人間の生存との関連性について、外洋で行われる調査にインテルの人工知能がどのように活用されているかご覧ください。

詳しくはこちら

ビジネスの未来

AI をはじめとするテクノロジーが、さまざまな業界のビジネス課題をどのように解決しているかご覧ください。

詳しくはこちら