PC か Mac* かの大論争

2 種類のコンピューターの違いは以前よりわずかになり、ほとんど個人の好みの問題になっています。

現在コンピューターを購入する人には、標準的な選択肢として、Windows* と Mac* という 2 つの優れたソフトウェア・プラットフォームがありますが、ハードウェアの種類の間の境界線はあいまいになり、どちらも一般にインテルのプロセッサーが搭載されています。

コンピューティングに関わる人たちの間で、長い間「PC か Mac* か」は論争のテーマでした。どちらの支持者も非常に強い思いがあったので、猛烈な論争に乗り気でない限り、この話題は避けるのが賢明でした。Mac* にも PC にも依然として熱心な支持者がいますが、この 2 種類のコンピューターの違いは長年の間に劇的に減少しました。その結果、どちらに決定してもわずかな趣向の違いになります。どちらを選んでも、極端に失敗することはありません。これはハードウェアとソフトウェアの問題というより、スタイルや個人の趣味の違いになっています。

エコシステム: 少ない方がよいか、多い方がよいか

Mac* を買うと、コンピューター・テクノロジーだけでなく、1 つの価値観も買うことになります。1 つの会社でハードウェアとソフトウェアを生産し、コンピューターでも Apple 製の スマートフォンやタブレットと美的センスが共有されています。Mac* が提供するスタイルは 6 種類だけで、構成の選択肢が限られています。これは過剰な選択肢をかき分ける必要のない「選り抜きの方法」です。RAM、ディスク容量、その他のハードウェア・コンポーネントについて検討するのが好きでない場合、ほとんどの選択は Mac* が代わりにしてくれます。

PC に関しては、約 12 の主要メーカーがハードウェアを生産し、ほとんどが Windows* オペレーティング・システムを実行しています。スタイルと構成を合わせると選択肢が数百にもなり、長い時間をかけた慎重な検討が必要にはなりますが、まさに求めているものを見つけることができます。多い方がよいかどうかは、見る人次第です。

価格: 値札に表れない部分を検討する

Mac* は長い間、PC に比べて高額な価格設定と言われてきました。ただし、支持者の言い分によると、これは単に、より高いパフォーマンスと信頼性を提供するハイエンド・コンポーネントのコストとのことです。

PC と Mac* では一般に、プリインストールされているソフトウェアや、グラフィックス・カード、ポート、プロセッサーの速度などのコンポーネントが異なるので、価格に関する PC と Mac* の同一条件での比較は、以前から難しいことでした。標準モデルの Mac* は、メモリーとハードディスク・ドライブの容量が少ない傾向があるので、仕様を考慮に入れる必要があります。

PC は、コストが低いため、文書作成、ウェブサーフィンなど基本的なコンピューティング機能を必要とする人に適した選択肢であることが多かったのに対し、デザインやビデオ編集などのタスクを実行するクリエイティブのプロは、自慢のマシンに追加のお金を喜んで支払っていました。といっても、Apple のノウハウに対する割増金は 200 米ドル程度に減少し、価格は小さな検討事項になりました。

メンテナンス: トラブルシューティングできますか?

選択肢の数が少ないことからも分かるように、Mac* のシステムはそのままの状態で維持される傾向があります。一般に、ハードディスク・ドライブと RAM のみがアップグレード可能です。PC は、数多くのベンダーからさまざまなモデルが提供され、通常、中央演算処理装置 (CPU) からディスプレイまで、個々のハードウェア・コンポーネントをすべて交換できます。この点が重要かどうかは、コンピューターの用途、どれだけ長く使い続けるか、独自のメンテナンスに関して処理に精通しているかによって変わります。

Apple はハードウェアとソフトウェアの両方を生産しているので、問題がある場合、検討すべき主要な場所は 1 つで、通常素早く問題を解決できます。PC の場合、さまざまなベンダーがハードウェアとソフトウェアを製作しているため、問題の解決が複雑になることもあります。その理由もあって、Apple は常にカスタマーサービスで Mac* ユーザーから高い評価を受けています。

ソフトウェア: クラウドという新たな選択肢

かつては、必要なソフトウェアのタイプによって、Mac* か PC かの選択は難しくありませんでした。ビジネスでの生産性ツールは Windows* オペレーティング・システムの領域で、編集、写真などの創造性のアプリは明確に Mac* の得意分野でした。

PC が職場で優勢になる傾向があるものの、業務用途のソフトウェア・プログラムの多くは、Microsoft* Office や Adobe* Creative Suite も含め、両オペレーティング・システム向けのバージョンが出ています。また、ソフトウェアをコンピューター上にロードする代わりに、クラウド経由でアクセスできるサブスクリプション契約をするユーザーが多くなり、ソフトウェアに関する問題も少なくなっています。例えば YouTube* でビデオをストリーミングする場合、ブラウザーにとって、使用しているコンピューターやオペレーティング・システムのタイプは問題になりません。

ゲーム: これに関しては Windows* で決定

ゲーマーは常に PC に集まってきています。これはしばらくの間変わることはなさそうです。PC は現在 Xbox One* や PlayStation* 4 のゲームをストリーミングできます。PC で利用できるタイトルの数が Mac* の拡大を妨げてきました。このため、ゲームをすることが自宅での楽しみや単なるゲームにとどまらないなら、間違いなく PC の勝利です。

感覚的操作: PC は音声とタッチ操作を重視

Mac* 支持者の情熱に対抗して、コンピューターをもっと感覚的に操作できると PC 支持者は率直に言えるようになりました。最近の Windows* オペレーティング・システムのバージョンでは、音声コマンドで予定をスケジュールできる Windows* 10 の新機能 Cortana* など、タッチ操作や音声認識が採用されています。Apple は同社の音声認識ソフトウェア Siri* をデスクトップ・モデルに統合しましたが、タッチ操作機能をオペレーティング・システム OS X* に導入することには抵抗してきました。

従って、キーボードやマウスよりも、コンピューターに話しかけたり、タッチスクリーンで指を動かすほうを好む場合、明らかに PC に優位性があります。

セキュリティー: 今も Mac* が選択される

かつてPC はクラッシュが頻繁にあることで有名でしたが、Windows* オペレーティング・システムの信頼性は大幅に向上しました。Mac* のハードウェアとソフトウェアは安定性の印ですが、その差は縮まってきています。

ウイルスやマルウェアに感染する確率は、Mac* よりも PC のほうが高いままですが、これはテクノロジーよりも数の問題です。IDC によると、使用されているコンピューターのうち約 7.5% が Mac* なので、ハッカーは大多数を占める PC の攻撃のほうに時間と創造性を費やします。

ただし、わずかながら Mac* への攻撃も現れ始めました。例えば、昨年の Keyranger ランサムウェアは、OS* X オペレーティング・システムを攻撃し、ユーザーが恐喝に応じて身代金を支払うまで、ハードディスク・ドライブ上のすべてのファイルの暗号化を解きませんでした。適切なアンチウイルス・プログラムなどの安全策によって、どちらのシステムも安全に維持できますが、PC のほうがリスクは高くなります。

選択:

PC と Mac* には明確な違いがあります。その中でどれが最も重要かは、各ユーザーが自分で決定することです。価格や手に入りやすさのおかげで PC 優位の傾向にありますが、エリートやアンチ Windows* ユーザーには、Mac* が選択肢として残ります。どちらを選んでも、極端に失敗することはありません。まさにコンピューターの黄金時代なのです。

デスクトップ PC システム

最新のインテル® プロセッサー搭載デスクトップ PC を確認してください。

詳しくはこちら

ノートブック PC システム

最新のインテル® プロセッサー搭載ノートブック PC を確認してください。

詳しくはこちら

Mac* デスクトップ・システム

最新のインテル® プロセッサーを搭載した Apple のデスクトップ・システムを確認してください。

詳しくはこちら

Mac* ノートブック・システム

最新のインテル® プロセッサー搭載ノートブック PC を確認してください。

詳しくはこちら