新しい PC にファイルを転送する方法

音楽、ドキュメント、画像、その他のファイルを置き去りにすることなく、新しい PC を楽しめます。

PC 間のファイル転送は、プロセス中にデータが失われることなく、安全かつ迅速に行うことができます。

タスクを高速に完了したり、新しいアプリケーションを実行したり、驚異的な速度でゲームを楽しむことのできるパワフルな新しい PC を手に入れることほど素晴らしいことはありません。しかし、古い PC から新しい PC にすべての音楽、画像、ドキュメント、その他のファイルを移動する必要があると気づくと、気が遠くなります。

でも、友人に頼み込んで、この移動を 1 日かけて手伝ってもらう必要はありません。手間なく安全にファイルを共有する方法はいろいろあります。データを安全に維持しつつ、古い PC から新しい PC にプログラムを移動する方法もあります。

DIY アプローチ: 手動によるファイル転送
実践的な操作に慣れている人の場合、新しい PC にすべてのファイルを読み込む方法として最もシンプルな手段に、手動での移動があり、 いくつかのパターンに分けられます。

初心者の場合、古い PC に USB フラッシュドライブまたは外付けのハードディスク・ドライブを接続します。このタイプのドライブの価格は一般に 30 米ドルから数百米ドルで、ストレージ容量、速度、必要な機能によって異なります。ファイルを外付けドライブにコピーし、ストレージデバイスを取り出して、新しい PC に接続し、先程と逆のプロセスでファイルを新しい PC に読み込むだけです。ヒント: 一部の PC には、外付けのハードディスク・ドライブ接続専用に設計された eSATA ポートがあり、USB ポートよりもさらに高速にデータを移動できます。

外付けのハードディスク・ドライブを購入したくない場合は、Microsoft* OneDrive*、Google Drive*、Dropbox* などのインターネット・ベースのストレージサービスを利用して、ファイルをクラウドに移動し保管することもできます。その場合も、古い PC からクラウドサービスにファイルをドラッグ & ドロップしてから、新しい PC 上にファイルをドラッグ & ドロップするだけです。これらのサービスは、ほとんどの場合、少量のストレージについては無料で、ストレージの容量が増えると月額制で課金されます。

高速化: 転送ケーブルの使用
クラウドストレージの使用は時間がかかると分かった場合、またはクラウドサービスに対する毎月の利用料を回避したい場合は、別の選択肢として、ファイルを転送ケーブルで移動する方法があります。ケーブルは、新しい PC と古い PC の両方のポートに接続します。通常、古い Windows* 10、8.1、8、7、Vista、XP 搭載 PC から新しい PC にアップグレードする際のファイル転送を自動化するソフトウェアはケーブルに付属しています。転送ケーブルを使うと、仲介となる外付けドライブを排除して、古い PC が新しい PC に直接接続されるので、外付けのハードディスク・ドライブよりも動作が高速になります。

転送を開始する前に、本当にすべてのファイルが必要かどうかを検討してください。新しい PC のセットアップは、古いファイルをアーカイブして処分する絶好の機会です。ファイルやフォルダー構成を整理することができます。

ジル・ダフィー氏 (PC Magazine)

(PC) Mover の利用: 万能ソフトウェアの使用
旧バージョンの Windows* では、ユーザーが簡単に PC 間のファイルの移動できる、Easy Transfer というサービスが提供されていましたが、 残念ながら、このサービスは Windows* 10 で廃止されました。しかし、心配することはありません。Microsoft は Laplink と提携し、Easy Transfer で提供していた機能を PC Mover* で再現しました。Laplink の PCMover* Express は、Windows* XP で動いている PC から、Windows* 8.1 以降の PC にデータと設定を転送します。このサービスの価格は約 15 米ドルです。PC Mover* Professional は価格が高くなりますが、アプリケーションの移動も行うことができます。問題がある場合、どちらのサービスでも 24 時間年中無休のサポートを受けることができます。

この方法は有料になりますが、プロセスが自動化され、古い PC 上でなじみのない場所に置かれているファイルがあっても見落とさないようにガイドしてもらうことができます。

異種オペレーティング・システム: Mac* と PC の間のファイル転送
Mac* と PC の間のファイル転送は、PC 間の移動と同様に、外付けドライブ、クラウドサービス、ホーム・ネットワークを使用して手動で行うことができます。または、移動やファイル共有を行うパーソナル・アシスタントのジョブをマシンに実行させることもできます。Mac* OS X* Lion 以降のオペレーティング・システムなら、移行アシスタントと呼ばれる優れたツールを備えているため、連絡先、カレンダー、電子メールアカウントなどを PC から転送し、新しい Mac* 上の適切な場所に配置することができます。

完全消去: 古いデータが悪意の第三者に渡らないように対策
ファイルを移動した後、万一ファイルの見落としがあった場合に備えて、少なくとも 2 週間は古い PC を保管してください。ただし、古い PC を販売、廃棄、または譲渡する場合は、すべてのデータと個人情報を確実に削除してください。ファイルを転送するだけでは、削除されません。ファイルの削除やディスクの再フォーマットを行っても、エキスパートの手にかかれば、銀行情報や古い電子メールなど、ほかの人に渡したくない情報が取り出されてしまいます。幸い、Darik 's Boot And Nuke (DBAN) などの無料のデータ破壊プログラムを使用して、古い PC 上のすべてのデータを消去し、痕跡を全く残さないようにすることができます。

保護の維持: 新しいデータのバックアップ
古い PC からのファイルの移動に慣れたら、この機会に、新しい PC 上でファイルを再度復元する必要に迫られた場合に備えて、継続的なバックアップ・システムを確実に実施しましょう。Windows* 8 以降なら、ファイルを外付けのハードディスク・ドライブに自動で定期的にバックアップできる、File History と呼ばれる便利な機能があります。この機能によって、最悪の事態が発生した場合でも、確実にデータが失われないようにすることができます。

Mac* を所有している場合は、実行している OS X* のバージョンによって、iCloud* から Time Machine* などのプログラムまで、さまざまな選択肢やプラットフォームを使用して、データをバックアップできます。

データの移動や共有を簡単に行う方法は多数ありますが、移動できるのはアクセスできるデータのみです。PC の紛失または損傷があっても、ドキュメント、写真、その他の貴重なデータの保護が確実に維持されるようにしてください。自動的に実施するのは簡単です。確実に、次回の (PC の) 移行はさらにスムーズになります。

インテル搭載デバイスの利点を体験

2 in 1

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載の 2 in 1 は、ノートブック PC のパフォーマンスがスタイリッシュな超薄型の筐体に収められたデバイスです。インテル® プロセッサーを搭載した 2 in 1 はスマートでスタイリッシュなデザインと画面サイズが各種揃っているので、どんなライフスタイルにもぴったりマッチします。

詳細情報

一体型 PC

インテル® プロセッサー搭載の一体型 PC は、あらゆるデバイスのプラス面を 1 台の汎用コンピューティング・パワーハウスに統合。デスクトップ・システム全体が、洗練されたデザインのパワフルなデバイスにすっきりと収められています。

詳細情報

デスクトップ PC

ポケットサイズのデバイスから高性能のタワー型 PC まで、インテル搭載デスクトップ PC はあらゆるニーズに応える豊富なラインナップを用意しています。最新のデスクトップ PC が、貴重なコンテンツの格納、作成、共有を可能にします。

詳細情報

ノートブック PC

新しいインテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載ノートブック PC で、ポータブルの可能性を追求しましょう。かつてないパワーと応答性が、生産性、創造性、エンターテインメントを新たなレベルに引き上げます。

詳細情報