記事 ID: 000093251 コンテンツタイプ: エラッタ 最終改訂日: 2023/10/17

インテル® Quartus® Prime Pro Edition ソフトウェア・バージョン 22.3 で受信データを停止して再起動すると、F タイル・トランシーバー・ツールキットの FHT デザインの RX 準備完了ステータスが永久に「準備完了」に変わるのはなぜですか?

環境

  • インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    F タイル・トランシーバー・ツールキットの問題により、目の高さを測定し、そのチャネルでの着信データ転送が停止された場合、チャネルの RX 準備完了ステータスは「準備中」ステータスに変わります。データ転送を再開すると、RX レディステータスは永久に「Not Ready」のままです。
    この問題は、目の高さをメトリックとして含める場合の自動スイープ機能にも影響します。

    解決方法

    現在の回避策は、デバイスを再プログラムし、F タイル・トランシーバー・ツールキットを再起動することです。
    この問題は、インテル® Quartus® Prime Pro Edition ソフトウェアの今後のリリースで修正される予定です。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    インテル® Agilex™ 7 FPGA & SoC FPGA I シリーズ

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。