記事 ID: 000085284 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2012/09/11

MAX 7000AE および 3000A デバイスにおけるスルーレート制御の影響とは?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細 7000AE / 3000A デバイスMAX®、低速スルーレート機能を備えています。通常のスルーレートを選択して最速のパフォーマンスを実現するか、低速スルーレートを選択してボードレベルのシグナル・インテグリティーの問題を軽減することができます。

信号出力のスルーレートは、負荷条件によって大きく異なります。Alteraの入力 / 出力バッファー情報仕様 (IBIS) モデルは、ボードの伝送ラインの影響がスルーレートの低下を必要とする方法を決定するために必要な情報を提供します。

表 1 は、以下の条件下で立ち上がりエッジと立ち下がりエッジの両方で測定されたスルーレートを示しています。

    - シングル出力の移行
    - 出力電圧振幅の 10 ~ 90%
    - 35-pF 非終端読み込み時
    - 室温
    - 卉
          表 1。MAX 7000AE および 3000A スルーレート
          VCCIO (V)標準スルーレート (V/ns)低速スルーレート (V/ns)
          3.31.31.2
          2.510.9

           

          注: スイッチングする出力が増えると、スルーレート制御の影響がより大きくなります。そのため、スルーレート制御は、隣接するスイッチング信号のグラウンドバウンスおよび VCC のスキューブ効果を低減する上で大きな影響を与えます。

          低速スルーレート・ロジック合成オプションは、MAX PLUS® II ソフトウェアでグローバルにオン / オフを切り替えることができます。

          1. グローバル・プロジェクト・ロジック合成([割り当て] メニュー) を選択します。
          2. 合成スタイルの定義(グローバル・プロジェクト・ロジック合成ボックス) を選択します。
          3. 低速スルーレートのオン / オフを切り替える。
          4. [OK] を2 回選択します。

            関連製品

            本記事の適用対象: 1 製品

            MAX® 7000A CPLD

            このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。