記事 ID: 000085110 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2012/09/11

HardCopy® II HC210W デバイスのオンチップ終端 (OCT) の仕様は?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

HC210W デバイスの OCT 仕様は次のとおりです。

未キャリブレーション OCT の場合、HC210W の仕様は HC210 と同様です。
=> /-30% (3.3V、2.5V および 1.8V)、商用および産業用両方で
=> /-36% (1.5V で商用および産業用両方)

キャリブレーション済みの OCT の場合、HC210W はキャリブレーション・サイクル中のワイヤーボンド・ノイズが多いため、HC210 と比較して 5% 多くのばらつきを追加する必要があります。
=> /-10% (3.3V、2.5V および 1.8V コマーシャル) (HC210 で /-5% から)
=> /-15% (3.3V、2.5V および 1.8V 産業用) (HC210 で /-10% から)
1.5V コマーシャルで => /-13% (HC210 で /-8% から)
1.5V 産業用で => /-15% (HC210 で /-10% から)
キャリブレーションは、プログラミング中に静かな VCCIO/GNDIO で行われると仮定しています。

第 4 章の表 4-29: HardCopy II ハンドブックの DC & スイッチング仕様と動作条件は、近日更新予定です。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

HardCopy™ III ASIC デバイス

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。