記事 ID: 000085052 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2012/12/20

12.1 より前に作成されたデザインのデフォルトの PCIe HIP パラメーターの違い

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • PCI Express*
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    PCIe HIP パラメーターの中には、最適でない値または不正な値に設定されているものもあります。 プログラムされたファンクション・レベル・リセット (FLR)、原子演算、拡張フォーマット・ヘッダー・フィールドに関連する PCIe HIP の動作に、3 つの機能が再評価されます。 4 つ目のスメタは、HIP がデスクに使用する K シンボルに関連しています。 SKP 文字を使用してスキューを行うと、PCIe レーンのスキューに対する許容度が高くなります。

    解決方法

    PCIe Stratix® V は、MegaWizard™・プラグイン・マネージャーまたは Qsys システムフローから生成されたバリアントで、「pci Express* 向けStratix V ハード IP」ユーザー・インターフェイスに表示されないパラメーターを含みます。 これらの「非表示」パラメーターは、ハードウェア特性評価または ES からプロダクション・シリコンへの移行に基づいて最適なデフォルト値に設定されます。

    以下の値を使用することをお勧めします。
    MegaWizard プラグイン・マネージャーの値:
    取得情報:
    取得情報:
    取得情報:
    取得情報:

    Qsys の値:




    MegaWizard プラグイン・マネージャー・フローで生成された PCIe* Stratix V バリアントでこれらの値のいずれかを更新するには:
    1) テキスト・エディターを使用してバリアント (variant.v など) を編集する
    2) [ 取得情報 ] セクションで変更するパラメーターを見つけます。
    例えば、パラメーター ・deskew_comma_hwtclの値skp_eieos_deskwを設定するには

    取得情報:
    3) バリアント・ファイル (variant.v など) を保存します。
    4) qshell コメント・プロンプトを開き、次のコマンドを使用してバリアントを更新します。
    qmqmqmwiz -silent バリアント

    Qsys システムの PCIe* Stratix V コンポーネントでこれらの値のいずれかを更新するには:
    1) テキスト・エディターを使用してバリアント (variant.qsys など) を編集する
    2) パラメーターを参照します。
    例えば、パラメーターの値 skp_eieos_deskw を設定するには
    deskew_comma_hwtcl
    deskew_comma_hwtcl" value="skp_eieos_deskw" />
    3) qsys ファイルを保存します (バリアント.qsys など)
    4) qsys エディターで qsys ファイルを開き、合成および/ またはシミュレーション用にファイルを再生成します。

    これはインテル® Quartus®® II ソフトウェアの今後のリリースで修正される予定です。

    関連製品

    本記事の適用対象: 3 製品

    Stratix® V GT FPGA
    Stratix® V GX FPGA
    Stratix® V GS FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。