記事 ID: 000085028 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2015/01/01

IBIS モデルの低速コーナーに使用Altera電圧は?

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    Altera®デバイス IBIS モデルでは、出力ピンの低速コーナー向けに、各デバイス I/O タイミング測定手法で指定されている電圧を使用します。

    例えば、Stratix® IV デバイスでは、これは次の式を使用して計算されます。

    [(VCCIO - 5%) - 50mV]

    VCCIO - 5% は 、Stratix IV デバイス・データシート (PDF)で指定されているデバイス推奨の最小電圧です。 Stratix IV デバイスのすべての I/O 規格では、最悪のタイミングモデルで追加の 50mV IR ドロップが考慮されています。

    I/O タイミング測定手法については、Stratix IV デバイスの資料ページからダウンロードできる Stratix IV I/O タイミング・スプレッドシートに詳細が記載されています。

    出力ピンの I/O タイミング測定手法については、ハンドブック のデバイス DC およびスイッチング特性の章、または I/O タイミング・スプレッドシート で各デバイスファミリーについて説明しています。 この情報を見つけるには、各デバイスの資料ページを参照してください。 I/O タイミング・スプレッドシートは、Stratix IV、Cyclone® IV、およびArria® II GX デバイスファミリーから始まって利用できます。

    関連製品

    本記事の適用対象: 3 製品

    Stratix® IV GT FPGA
    Stratix® IV GX FPGA
    Stratix® IV E FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。