記事 ID: 000084669 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2011/09/27

RapidIO パラメーター・エディターで利用できるサポートされていない入力クロック周波数

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

    クリティカルな問題

    詳細

    RapidIO パラメーター・エディターは、以下のサポートされていない機能を提供します。 を対象とする RapidIO MegaCore ファンクションの入力クロック周波数 Cyclone IV GX デバイス:

    • データレート 1.250 Gbaud で 78.125MHz
    • データレート 2.500 Gbaud で 78.125MHz および 500MHz
    • 78.125 MHz、97.65625 MHz、195.3125 MHz、および 390.625MHz (at) データレート 3.125 Gbaud

    これらの入力クロック周波数のいずれかを選択すると、最も近い サポートされている入力クロック周波数は RapidIO MegaCore に実装されています。 機能のばらつき。

    この問題は、Cycloneを対象とするすべての RapidIO バリエーションに影響します。 IV GX デバイス。

    RapidIO バリエーションのトランシーバー・ブロックが構成されている 指定した周波数とは異なる入力クロック周波数で動作します。

    解決方法

    次に、サポートされていない入力クロック周波数を選択しないでください。 RapidIO パラメーター・エディター

    この問題は、RapidIO MegaCore のバージョン 10.0 SP1 で修正されています。 関数。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    Cyclone® IV FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。